238件中 71 - 80件表示
  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た魁輝薫秀

    場所終了後の3月29日、日本相撲協会は大阪市内で番付編成会議を開き、白鵬の大関昇進を満場一致で決め、理事会で承認された。正使として友綱理事(元関脇・魁輝)、副使に春日山審判委員(元幕内・春日富士)が、大阪府堺市の西本願寺堺別院に派遣された。師匠の宮城野(元十両・金親)夫妻とともに紋付き袴姿で出迎え、「謹んでお受け致します。大関の地位を汚さぬように、全身全霊をかけて努力します。本日は誠にありがとうございます。」と昇進口上を述べた。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た小錦八十吉 (6代)小錦 八十吉

    2012年5月場所、モンゴル出身の先輩にあたる旭天鵬(友綱部屋所属・当時西前頭7枚目)が平幕優勝を果たした際にパレードで旗手を務めた。現役横綱が下位力士の優勝パレードで旗手を務めるのはかなり異例であったが、これは白鵬自身が希望したために実現した(過去には1992年7月場所、当時西前頭筆頭の水戸泉が平幕優勝時のパレードの際、同高砂部屋所属で当時大関の小錦が自ら旗手を務めたケースがあった)。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た大至伸行

    2011年6月8日に本人公認のオフィシャル応援歌として、元・幕内力士で現在は歌手の大至の歌による『天運』(エイフォース・エンタテイメント、2011年)というシングルCDが発表された。CDの発売に際しては白鵬が推薦文を寄せているほか、CDの売り上げ金から大相撲を志す未来の力士などを両国国技館に「白鵬シート」として招待する計画を予定していて、その第1弾として2011年9月場所7日目(2011年9月17日)に東日本大震災の被害で福島県双葉町から埼玉県内に避難している被災者23名を両国国技館の「白鵬シート」に招待した。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た栃木山

    2013年1月場所現在、横綱在位33場所で441勝54敗(勝率8割9分1厘)。この勝率は昭和以降の横綱では双葉山(勝率8割8分2厘)を上回り、現在史上1位である。なお白鵬は横綱18場所目の2010年5月場所で、横綱勝率が9割に到達。以降、横綱28場所目の2012年3月場所まで約2年にわたって横綱勝率9割以上を維持した。(これまでは貴乃花が横綱7場所目から13場所目(全休1場所を含む)までが横綱勝率9割超)。年2場所制時代の横綱勝率9割以上の最長記録は、明治時代の大横綱の常陸山がおよそ9年間、20場所(全休5場所を含む)に渡って9割超を維持していた。特に白鵬は、2009年3月場所から2010年9月場所までの10場所は144勝6敗、勝率9割6分という驚異的な成績を残している。なお第27代横綱栃木山の引退(1925年)以降、最終的な横綱勝率が9割を超えた横綱は未だ出ていない。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た木村庄之助 (34代)

    7月場所は横綱として初の土俵。16連勝の中で初日を迎え、白星を重ねていったが、10日目に琴光喜に敗れて連勝は25でストップ。12日目の魁皇戦では、土俵際で魁皇が突き落としたが行司・木村庄之助の軍配は白鵬に上がった。これに物言いが付き協議の結果取り直しとなった。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た金親和憲

    場所終了後の3月29日、日本相撲協会は大阪市内で番付編成会議を開き、白鵬の大関昇進を満場一致で決め、理事会で承認された。正使として友綱理事(元関脇・魁輝)、副使に春日山審判委員(元幕内・春日富士)が、大阪府堺市の西本願寺堺別院に派遣された。師匠の宮城野(元十両・金親)夫妻とともに紋付き袴姿で出迎え、「謹んでお受け致します。大関の地位を汚さぬように、全身全霊をかけて努力します。本日は誠にありがとうございます。」と昇進口上を述べた。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た旭鷲山昇

    大相撲で活躍していた同じモンゴル出身の旭鷲山をつてに、2000年10月25日に6人のモンゴル人と共に来日。大阪府内の摂津倉庫で相撲を習っていた(この会社からは以前、前頭にも上がった大飛翔を輩出)。共に来日した猛虎浪(立浪部屋)、千昇(式秀部屋)、大河(式秀部屋)らの入門が決まるなか、小柄だった白鵬を受け入れてくれる部屋は最後までなかった。少年白鵬は当時日本語が分からなかった為か英語で"I don't want to go back..."と言って泣いたという。その失意の帰国前日12月24日、彼を哀れんだ旭鷲山が自らの師匠の大島(元大関・旭國)と会食中に相談し、大島は友人であった宮城野(元幕内・竹葉山)に受け入れを申し入れた。当時の宮城野部屋は文字通り弱小部屋(ただし、関取を多くを擁した時代もあった。)だった為に厳しいしきたりも少なく、育ちの良い白鵬には伸び伸びとやれる環境で結果的に良かったのだとされる。こうした経緯から宮城野が元十両の金親に代替わりしたのちも、熊ヶ谷を襲名して宮城野部屋付きとなった先代宮城野の指導を内弟子として受けた(後に熊ヶ谷は再度宮城野を襲名して白鵬の師匠に復帰する)。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見たジグジドゥ・ムンフバト

    ジグジドゥ・ムンフバトはブフ(モンゴル相撲)で、5年連続6度の優勝をした元アヴァルガ(大相撲の横綱に相当)で、メキシコ五輪のレスリング重量級銀メダリスト(モンゴル初の五輪メダリスト)となったモンゴル国の国民的英雄である。母は元外科医である。来日前にブフは10 - 12歳の時に遊びでやっていた程度で経験らしい経験はなく、バスケットボールに熱心に取り組んでいた。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た羽黒山政司

    7月場所、6日目から朝青龍の途中休場により1人横綱となったが、13日目に魁皇を下し7回目の優勝、千秋楽には琴欧洲も降し横綱昇進後初となる通算2度目の全勝を果たした。これで各場所すべて優勝(全6場所制覇)を成し遂げたことになる(歴代10人目、不知火型の横綱では初)。ちなみに歴代の不知火型の横綱で年6場所制になってからは、玉の海の優勝6回を上回り最多となり、昭和以降では年6場所制以前の羽黒山と並んだ。優勝制度が始まって以降の当時の最多記録は太刀山の9回だった。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た松鳳山

    締め込みの色は、新十両から入幕直後は小豆色、横綱昇進直後までは貴乃花と同じ浅葱色だったが、関取では珍しくえび茶色である。本場所以外の花相撲においては黄金色を使用する事が多い。(本場所では朝青龍が一時期使用し、その後は松鳳山が2013年1月場所から使用している。)白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

238件中 71 - 80件表示

「白鵬翔」のニューストピックワード