96件中 31 - 40件表示
  • 丸亀町 (高松市)

    丸亀町 (高松市)から見た百十四銀行百十四銀行

    1875年(明治8年)、奈良屋当主十河権三郎は、伏石屋鈴木伝五郎、川崎屋川崎舎竹郎、三倉屋富山甚三郎、木屋中野滝次郎、大和屋佐々木清三などの有力商店主とともに博文社を兵庫町に設立している。1878年(明治11年)には、後に県内最大手となる第百十四国立銀行(現・百十四銀行)が町内に設立されたが、当時は出資者のほとんどを士族が占める士族銀行であった。教育に関しては1882年(明治15年)に竹堂林賢(通称・滝三郎)が葆真学舎を町内に開設(異説に古馬場町)し、当初の漢学に加えて後に英語・数学なども教えていたが、その後新通町に移転した。1890年(明治23年)2月15日にはそれまで城下町各町の集合体であった高松の区域を以って市制を施行して高松市が成立し、丸亀町はその一部となった。文明開化を迎え、1895年(明治28年)4月の高松電灯設立に伴い、同年11月には四国初の電灯が当町と兵庫町に灯る。需要家数は294戸であった。また町内には百十四銀行に次ぐ銀行として、1895年(明治28年)12月27日に高松貯蓄銀行が設立されたが、1900年(明治33年)7月1日には高松百十四銀行(現・百十四銀行)に吸収合併された。丸亀町 (高松市) フレッシュアイペディアより)

  • インストアブランチ

    インストアブランチから見た百十四銀行百十四銀行

    一方、百十四銀行ゆめタウン高松出張所のように「インストアブランチ」と称していても、実態はフルバンキング店舗というケースもある。インストアブランチ フレッシュアイペディアより)

  • ベルシティ

    ベルシティから見た百十四銀行百十四銀行

    百十四銀行・高松信用金庫・香川銀行・JAバンクのATMが設置されている。ベルシティ フレッシュアイペディアより)

  • 高松三越

    高松三越から見た百十四銀行百十四銀行

    1945年7月4日の高松空襲では、近くの百十四銀行本店(現・高松支店)とともに焼け残った。しかし、内部が大きく損傷してしまったため、1967年に建て替えのため一旦閉店、1968年に再オープンした。高松三越 フレッシュアイペディアより)

  • 文部科学審議官

    文部科学審議官から見た百十四銀行百十四銀行

    金森越哉 2010年7月30日 - 2012年1月6日(一般財団法人教職員生涯福祉財団専務理事、学校法人東京歯科大学理事。2014年6月から百十四銀行取締役)文部科学審議官 フレッシュアイペディアより)

  • 東新町商店街 (徳島市)

    東新町商店街 (徳島市)から見た百十四銀行百十四銀行

    百十四銀行徳島支店 - 2011年(平成23年)、国道55号沿いのかちどき橋に移転。東新町商店街 (徳島市) フレッシュアイペディアより)

  • 塩江町

    塩江町から見た百十四銀行百十四銀行

    町内の民間金融機関は香川県農業協同組合(JA香川県)のみ。このうちATMがあるのは塩江支店のみで、町役場の店舗外ATMと併せて2つしかATMがない。町全体が奥地であるためか、香川県最大の地方銀行である百十四銀行もATMすら置いておらず、合併までは香川県で唯一同行のATMが存在しない自治体であった。ただし同行の場合、過去に遡れば塩江村時代の1930年(昭和5年)1月4日に南新町支店所属の塩江出張所が大字安原上東字徐ケ96番地1に開設されているが、2年足らずした1931年(昭和6年)12月28日に廃止されている。塩江町 フレッシュアイペディアより)

  • 四国ドック

    四国ドックから見た百十四銀行百十四銀行

    1964年(昭和39年) - 三井造船?、?百十四銀行及び三井海上火災保険?(現三井住友海上火災保険?)資本参加、三井造船?と業務・技術提携。四国ドック フレッシュアイペディアより)

  • 番町 (高松市)

    番町 (高松市)から見た百十四銀行百十四銀行

    百十四銀行高松市役所支店番町 (高松市) フレッシュアイペディアより)

  • 香川町

    香川町から見た百十四銀行百十四銀行

    かつては香川県立高松南高等学校香南分校があったが、香川中央高校開校に伴い1989年に閉校した。場所は現在の百十四銀行空港口支店。香川町 フレッシュアイペディアより)

96件中 31 - 40件表示

「百十四銀行」のニューストピックワード