96件中 41 - 50件表示
  • 栗林駅

    栗林駅から見た百十四銀行百十四銀行

    百十四銀行 田町支店 桜町出張所栗林駅 フレッシュアイペディアより)

  • 高松相互銀行

    高松相互銀行から見た百十四銀行百十四銀行

    設立にあたっては木下が準備に尽力し、商号を「日本相互殖産株式会社」に決定、設立総会も終えた。しかし当時北九州には殖産会社が300社以上が乱立し不良会社・非健全会社・悪徳会社が蔓延し社会問題化していたため、法務局は殖産会社の新規設立を一切認めなかった。窮余した木下はかねての知り合いから「金融業を事業目的とする既存会社の事業目的を変更して殖産金融を行う」というヒントを得て、直ちに百十四銀行志度支店支店長の広瀬寿夫を訪ねた。そこで木下の熱意が通じ、広瀬の協力で当時休眠会社であった「志度商事株式会社」(大正9年3月10日設立)を探し出す。この休眠会社は数ある事業目的の一つに金融貸付営業が掲げられており、商号もそれまでの構想にあった日本相互殖産ではなく広瀬寿夫の一文字をとった寿殖産興業として、1949年(昭和24年)4月20日改組登記がなされ、当行の前身である寿殖産興業株式会社が開業した。高松相互銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 高松市道丸亀町栗林線

    高松市道丸亀町栗林線から見た百十四銀行百十四銀行

    百十四銀行高松支店(旧本店)高松市道丸亀町栗林線 フレッシュアイペディアより)

  • 弦打

    弦打から見た百十四銀行百十四銀行

    百十四銀行香西支店鶴市出張所弦打 フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐造船鉄工所

    讃岐造船鉄工所から見た百十四銀行百十四銀行

    その後、新造船の受注が好調となり、2008年11月期には民事再生前のピーク時を上回る年商64億5,936万円を計上したが、2009年6月に粉飾決算が発覚、メインバンクの百十四銀行から支援が打ち切られた。2009年7月29日、高松地方裁判所観音寺支部に再び民事再生手続の開始を申し立てたものの受理されず、7月31日に破産手続開始を申し立てた。8月12日に破産手続開始決定となり倒産した。負債総額は約94億円であった。この倒産により佐文が社長を務めていた佐文工業、万達工業、進工業の各社も連鎖倒産している。讃岐造船鉄工所 フレッシュアイペディアより)

  • 阿波銀行

    阿波銀行から見た百十四銀行百十四銀行

    2008年(平成20年)11月 - 同行と、百十四銀行・伊予銀行・四国銀行とのATM相互出金無料提携を開始。阿波銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 端岡駅

    端岡駅から見た百十四銀行百十四銀行

    百十四銀行 国分寺支店端岡出張所端岡駅 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼無駅

    鬼無駅から見た百十四銀行百十四銀行

    百十四銀行香西支店鬼無出張所鬼無駅 フレッシュアイペディアより)

  • 徳島文理大学短期大学部

    徳島文理大学短期大学部から見た百十四銀行百十四銀行

    経営情報科:旭食品・ジャスコ・ジェイティービー・加ト吉・全日空ホテルズ・三菱化成・セシール・天満屋・三越・四国ガス・日本電信電話・四国旅客鉄道・日本通運・日本食研・伊藤忠商事・日亜化学・大王製紙・サムソン・帝国製薬・西松建設・ミサワホーム・百十四銀行などの一般企業ほか四国四県の官公庁などへの就職者もいた。徳島文理大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌田勝太郎

    鎌田勝太郎から見た第百十四国立銀行百十四銀行

    塩業界の富豪としては、宇多津塩田株式会社を資本金三万円で設立し、岡山の野崎武吉郎とも並んで称され、坂出塩産合資会社では、地主による会社として塩・石炭の販売を行い、清への貿易を早い段階で始めた。銀行家としては、第百十四国立銀行の大株主でもある鎌田は、銀行経営に深い関心を寄せ、朝鮮実業銀行社長となり製塩業を対象とする銀行経営に乗り出した。また、塩消費税問題に対処するため大日本塩業同志会を設立。鎌田勝太郎 フレッシュアイペディアより)

96件中 41 - 50件表示

「百十四銀行」のニューストピックワード