79件中 11 - 20件表示
  • 百十四銀行

    百十四銀行から見た流政之

    現在の本店が主要テナントとして入居する百十四ビルは、日本橋不動産(百十四銀行100%子会社)が所有し、鉄骨鉄筋コンクリート造、地上16階・地下2階・塔屋3階、軒高54m(尖端部64m)、延床面積17,485m2、緑青仕上げブロンズ板貼の外装で、設計は日建設計、施工は竹中工務店である。1964年(昭和39年)12月の着工以来、2年の工期を経て1966年(昭和41年)11月15日に竣工し、11月21日に旧本店(現・高松支店)より本店機能が移転した。建物はいずれも中央通りに面する高層棟(本館)と低層棟(別館)の2棟からなり、2棟を隔てる路地の上は3階部分から連絡通路で結ばれている。緑色の外壁は「蔦壁」と呼ばれ、1965年のビル竣工直前に「緑が失われていく街に、安息と四季の彩りを」の趣旨で流政之によってデザインされた。1968年には国内の優秀な建築作品に表彰される第9回BCS賞を受賞している。また、DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築の一つにも選ばれている。この百十四ビルは建設当時、西日本一高いビルで、1996年にコトデン瓦町ビル(73.0m)が完成するまで30年間、高松で最も高い建物であり、市中心部の象徴的存在であった。屋上にはNHK高松放送局の情報カメラが設置されている。百十四銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 百十四銀行

    百十四銀行から見た業務改善命令

    2009年2月24日付各報道機関より、大阪市内にある同行九条支店が、2007年から2008年にかけて回収の見込みのない不動産会社に約10億円を融資し、同行に損害を与えた疑いがあるとして、大阪府警が会社法の特別背任容疑でこの不動産会社など関係先二十数カ所を一斉に家宅捜索した。この事件を受け四国財務局は、同行に対し業務改善命令を発動した。百十四銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 百十四銀行

    百十四銀行から見た徳島市

    2008年11月12日に、百十四銀行と阿波銀行(徳島県徳島市)・伊予銀行(愛媛県松山市)・四国銀行(高知県高知市)とのATM相互出金無料提携を開始した。これにより、4行の顧客が該当各行のATMを利用する場合、平日日中の時間帯による出金については手数料が徴収されない。百十四銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 百十四銀行

    百十四銀行から見た松山市

    2008年11月12日に、百十四銀行と阿波銀行(徳島県徳島市)・伊予銀行(愛媛県松山市)・四国銀行(高知県高知市)とのATM相互出金無料提携を開始した。これにより、4行の顧客が該当各行のATMを利用する場合、平日日中の時間帯による出金については手数料が徴収されない。百十四銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 百十四銀行

    百十四銀行から見た阪神・淡路大震災

    1995年(平成7年)1月17日 - 阪神・淡路大震災により神戸支店、湊川支店、芦屋社宅が被災し、2人が犠牲になる。百十四銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 百十四銀行

    百十四銀行から見た大阪市

    2009年2月24日付各報道機関より、大阪市内にある同行九条支店が、2007年から2008年にかけて回収の見込みのない不動産会社に約10億円を融資し、同行に損害を与えた疑いがあるとして、大阪府警が会社法の特別背任容疑でこの不動産会社など関係先二十数カ所を一斉に家宅捜索した。この事件を受け四国財務局は、同行に対し業務改善命令を発動した。百十四銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 百十四銀行

    百十四銀行から見た高知市

    2008年11月12日に、百十四銀行と阿波銀行(徳島県徳島市)・伊予銀行(愛媛県松山市)・四国銀行(高知県高知市)とのATM相互出金無料提携を開始した。これにより、4行の顧客が該当各行のATMを利用する場合、平日日中の時間帯による出金については手数料が徴収されない。百十四銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 百十四銀行

    百十四銀行から見た東京駅

    地方銀行には珍しく、自社ビルを所有している。1960年11月に竣工され、1995年3月にはリニューアルが完了した。鉄骨鉄筋コンクリート造、地上9階・地下3階である。東京メトロ日本橋駅徒歩1分、JR東京駅徒歩5分、日本橋高島屋の隣に立地している。百十四銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 百十四銀行

    百十四銀行から見た現金自動支払い機

    12月26日 - 現金自動支払い機(CD)の第1号機を本店に導入。百十四銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 百十四銀行

    百十四銀行から見た西日本

    現在の本店が主要テナントとして入居する百十四ビルは、日本橋不動産(百十四銀行100%子会社)が所有し、鉄骨鉄筋コンクリート造、地上16階・地下2階・塔屋3階、軒高54m(尖端部64m)、延床面積17,485m2、緑青仕上げブロンズ板貼の外装で、設計は日建設計、施工は竹中工務店である。1964年(昭和39年)12月の着工以来、2年の工期を経て1966年(昭和41年)11月15日に竣工し、11月21日に旧本店(現・高松支店)より本店機能が移転した。建物はいずれも中央通りに面する高層棟(本館)と低層棟(別館)の2棟からなり、2棟を隔てる路地の上は3階部分から連絡通路で結ばれている。緑色の外壁は「蔦壁」と呼ばれ、1965年のビル竣工直前に「緑が失われていく街に、安息と四季の彩りを」の趣旨で流政之によってデザインされた。1968年には国内の優秀な建築作品に表彰される第9回BCS賞を受賞している。また、DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築の一つにも選ばれている。この百十四ビルは建設当時、西日本一高いビルで、1996年にコトデン瓦町ビル(73.0m)が完成するまで30年間、高松で最も高い建物であり、市中心部の象徴的存在であった。屋上にはNHK高松放送局の情報カメラが設置されている。百十四銀行 フレッシュアイペディアより)

79件中 11 - 20件表示

「百十四銀行」のニューストピックワード