1 2 3 4 次へ
39件中 31 - 39件表示
  • 皆川賢太郎

    皆川賢太郎から見たチームアルビレックス新潟

    2008/09シーズンまでチームアルビレックス新潟所属。2009/10シーズンは竹村総合設備スキークラブ所属となった。皆川賢太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 皆川賢太郎

    皆川賢太郎から見たマネジメント

    皆川 賢太郎(みながわ けんたろう、1977年5月17日 - )は、日本のアルペンスキー選手。主に回転で活躍している。新潟県関根学園高校から北海道北照高校二年次編入後卒業、日本体育大学体育学部体育学科出身。日体大2年次に長野オリンピックに初出場、ソルトレイクシティオリンピック、トリノオリンピック、2010年バンクーバーオリンピック4大会連続日本代表。マネジメント契約先はスポーツビズ。皆川賢太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 皆川賢太郎

    皆川賢太郎から見たアルペンスキー世界選手権

    2000年、セストリエール大会で6位、2001年キッツビュール大会で8位、シュラドミング大会で10位、そしてサンクト・アントンでの世界選手権で10位と立て続けに好成績を残し、第1シード入りを果たす。日本人としては4人目の第1シード選手となった。皆川賢太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 皆川賢太郎

    皆川賢太郎から見たコルティナダンペッツォオリンピック

    2006年のトリノオリンピック・男子回転では1本目トップと0.07秒差の3位につけた。メダルを狙ってスタートした2本目、スタート直後にバックルが外れるというアクシデントがあったが、最後まで攻め続け、3位と0.03秒差の4位。僅かの差で銅メダル獲得を逃したものの、7位の湯浅直樹とともに1956年コルティナダンペッツォオリンピックの猪谷千春以来50年ぶりの日本人選手の入賞となった。この4位入賞により第1シードに復帰した。皆川賢太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 皆川賢太郎

    皆川賢太郎から見たフィンランド

    2006年、11月12日、ワールドカップ開幕戦のフィンランド・レヴィ大会で13位入賞。11月29日、アメリカで行なわれたワールドカップの1ランク下の大会、コンチネンタルカップ・北米カップで優勝した。皆川賢太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 皆川賢太郎

    皆川賢太郎から見た平昌郡

    2000年2月、ワールドカップ・スラローム、オーストリア・キッツビュール大会で、ゼッケン60番から6位に入賞し、世界のトップスラローマーの仲間入りを果たした。同年3月、韓国・平昌郡龍平面大会でも6位に入賞している。皆川賢太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 皆川賢太郎

    皆川賢太郎から見たセンチメートル

    身長173cmと、アルペンスキーの選手の中では小柄な選手である。身体の大きさがタイムに直結する現在のスラローム競技において、時代の流れを読み取る能力、そして彼独自の分析とアイデアで編み出した独創的なテクニックを武器にして世界に挑んでいる。皆川賢太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 皆川賢太郎

    皆川賢太郎から見たクランスカ・ゴーラ

    2005年?2006年シーズンのアルペンワールドカップシリーズのスロベニア・クラニスカゴラ大会で7位に入り、再び上昇の兆しを見せていた。皆川賢太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 皆川賢太郎

    皆川賢太郎から見た長野県

    同年11月に足首を捻挫。その怪我を押して出場した、シュラドミング大会の2本目にベストタイムを獲得。日本人としては3人目のベストタイム獲得者となったものの、同シーズンの2002年3月、長野県・野沢温泉での大会中に左膝前十字靭帯断裂の大怪我を負う。皆川賢太郎 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
39件中 31 - 39件表示

「皆川賢太郎」のニューストピックワード