前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示
  • 京都産業大学

    京都産業大学から見た益川敏英益川敏英

    2008年 - 益川敏英理学部教授がノーベル物理学賞受賞。コンピュータ理工学部(コンピュータサイエンス学科、ネットワークメディア学科、インテリジェントシステム学科)、外国語学部国際関係学科開設。京都産業大学 フレッシュアイペディアより)

  • 小林誠 (物理学者)

    小林誠 (物理学者)から見た益川敏英益川敏英

    愛知県名古屋市出身。幼くして父を亡くしたため、母方の伯父にあたる海部家に身を寄せ、従兄の海部俊樹らとともに暮らす。名古屋大学にて坂田昌一らの指導を受ける。学位は理学博士(名古屋大学・1972年)。論文の題は 「軽粒子ハドロン散乱と流れ代数和則」。 卒業後は京都大学や高エネルギー物理学研究所(現・高エネルギー加速器研究機構)で理論物理学の研究を続けた。その業績により2001年に文化功労者に選ばれ、2008年には益川敏英、南部陽一郎と共にノーベル物理学賞を受賞した。小林誠 (物理学者) フレッシュアイペディアより)

  • 日本科学者会議

    日本科学者会議から見た益川敏英益川敏英

    また、近年、同会議の機関誌にノーベル物理学賞を受賞した益川敏英が憲法九条擁護や科学振興政策などの点で同会議のスタンスに近いことから、度々登場し、そうした記事を集めた単行本が発刊された。他に、同会議が編纂した出版物が多数ある。日本科学者会議 フレッシュアイペディアより)

  • こころの遺伝子 〜あなたがいたから〜

    こころの遺伝子 〜あなたがいたから〜から見た益川敏英益川敏英

    2010年4月19日 益川敏英(京都大学名誉教授)こころの遺伝子 〜あなたがいたから〜 フレッシュアイペディアより)

  • 粒子反粒子振動

    粒子反粒子振動から見た益川敏英益川敏英

    Bs中間子の振動は、小林誠および益川敏英が1973年に発表した「小林・益川理論」で予想されていた。その後、米国立フェルミ加速器研究所の巨大加速器「テバトロン」を使う国際グループ実験がなされた。2006年4月12日には、同グループの日本側代表が実験で観測したことを発表した。それによると、Bs中間子の粒子反粒子振動の振動数は1秒間に約2兆8000億回である。粒子反粒子振動 フレッシュアイペディアより)

  • 標準模型の歴史

    標準模型の歴史から見た益川敏英益川敏英

    小林誠および益川敏英は、もしクォークが3世代(6種類)以上存在し、クォークの質量項として世代間の混合を許すもっとも一般的なものを考えるならば、既にK中間子の崩壊の観測で確認されていたCP対称性の破れを理論的に説明できることを示した。標準模型の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・カビボ

    ニコラ・カビボから見た益川敏英益川敏英

    ローマ大学で学んだ。1963年ウィーク・ボゾンとクォークの弱い相互作用に関する新しい概念を導入した。1973年に3行3列の行列を導入した小林誠と益川敏英(ともに2008年ノーベル物理学賞受賞)と並んでカビボ‐小林‐益川行列と呼ばれる。1969年からローマ大学の教授になった。1983年から INFN(Instituto Nazionale di Fisica Nucleare:イタリア国立核物理学研究所)の所長、1993年からローマ教皇庁科学アカデミー (Pontifical Academy of Sciences) の会長になった。ニコラ・カビボ フレッシュアイペディアより)

  • 中日文化賞

    中日文化賞から見た益川敏英益川敏英

    1995年:加藤釥、川北良造、外山淳治、永井美之、益川敏英、小林誠中日文化賞 フレッシュアイペディアより)

  • サタデープログラム

    サタデープログラムから見た益川敏英益川敏英

    益川敏英(名古屋大学素粒子宇宙起源研究機構長・ノーベル物理学賞受賞者)サタデープログラム フレッシュアイペディアより)

  • ボトムクォーク

    ボトムクォークから見た益川敏英益川敏英

    第三世代の素粒子の存在は、1973年、小林誠と益川敏英によって、K中間子のCP対称性の破れを説明するために仮定された。1977年、レオン・レーダーマン率いるフェルミ研究所のE288実験によって、初めて第三世代に属するクォークであるボトムクォークが発見された。このとき、ボトムクォークとその反粒子である反ボトムクォークからなるウプシロン中間子の形で発見された。この発見により、ボトムクォークと対になる同じ世代のクォークの存在が予測され、観測が期待された。質量が非常に大きいため、存在が確実視されながらも観測できない状態が約20年が続いたのち、1995年に、トップクォークがフェルミ研究所のCDF実験およびD0実験で発見された。この成果を受けて、小林誠と益川敏英は2008年にノーベル物理学賞を受賞した。ボトムクォーク フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示

「益川敏英」のニューストピックワード