前へ 1 2 3 4 5 6
53件中 1 - 10件表示
  • 小林誠 (物理学者)

    小林誠 (物理学者)から見た益川敏英益川敏英

    愛知県名古屋市出身。愛知県立明和高等学校卒業。幼くして父を亡くしたため、母方の伯父に当たる海部家に身を寄せ、従兄の海部俊樹らと共に暮らす。名古屋大学にて坂田昌一らの指導を受ける。学位は理学博士(名古屋大学・1972年)。論文の題は 「軽粒子ハドロン散乱と流れ代数和則」。 卒業後は京都大学や高エネルギー物理学研究所(現・高エネルギー加速器研究機構)で理論物理学の研究を続けた。その業績により2001年に文化功労者に選ばれ、2008年には益川敏英、南部陽一郎と共にノーベル物理学賞を受賞した。小林誠 (物理学者) フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た益川敏英益川敏英

    2008年(平成20年)に小林誠・益川敏英が、小林・益川理論とCP対称性の破れの起源の発見による素粒子物理学への貢献でノーベル物理学賞を受賞する。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 九後汰一郎

    九後汰一郎から見た益川敏英益川敏英

    これは、益川敏英、中島日出雄による先行研究を発展させたものである。九後汰一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋市立向陽高等学校

    名古屋市立向陽高等学校から見た益川敏英益川敏英

    2010年(平成22年)12月、益川敏英氏ノーベル賞受賞記念碑が建立された。名古屋市立向陽高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋大学

    名古屋大学から見た益川敏英益川敏英

    関係者に6名のノーベル賞受賞者がいる。そのうち、名古屋大学を主たる研究教育の場として授与された者が3名(野依良治、赤崎勇、天野浩)、名古屋大学より学士号が授与された卒業生は3名(小林誠、益川敏英、天野浩)名古屋大学より博士号が授与され、後年ノーベル賞を受賞した者は5名(下村脩、小林誠、益川敏英、赤崎勇、天野浩)である。名古屋大学 フレッシュアイペディアより)

  • 粒子反粒子振動

    粒子反粒子振動から見た益川敏英益川敏英

    Bs中間子の振動は、小林誠および益川敏英が1973年に発表した「小林・益川理論」で予想されていた。その後、米国立フェルミ加速器研究所の巨大加速器「テバトロン」を使う国際グループ実験がなされた。2006年4月12日には、同グループの日本側代表が実験で観測したことを発表した。それによると、Bs中間子の粒子反粒子振動の振動数は1秒間に約2兆8000億回である。粒子反粒子振動 フレッシュアイペディアより)

  • Bファクトリー

    Bファクトリーから見た益川敏英益川敏英

    これらの実験結果は、CP対称性についての小林・益川理論の正しさを証明し、小林誠と益川敏英は2008年のノーベル物理学賞を授与された。Bファクトリー フレッシュアイペディアより)

  • 岡田安弘 (物理学者)

    岡田安弘 (物理学者)から見た益川敏英益川敏英

    小林誠と益川敏英のノーベル賞受賞を後押しした日本の実験チームの研究者であり、授賞式の際にはストックホルムへ駆けつけた。岡田安弘 (物理学者) フレッシュアイペディアより)

  • トップクォーク

    トップクォークから見た益川敏英益川敏英

    1973年、小林誠と益川敏英によって、K中間子のCP対称性の破れを説明するために、第三世代の素粒子の存在が仮定された。1977年、フェルミ研究所のE288実験によって、初めて第三世代に属するクォークであるボトムクォークが発見された。そこで、ボトムクォークと対になる同じ世代のクォークの存在が予測され、観測が期待された。そして、質量が非常に大きいため、存在が確実視されながらも観測できない状態が約20年が続いたのち、1995年に、トップクォークがフェルミ研究所のCDF実験およびD0実験で発見された。この成果を受けて、小林誠と益川敏英は2008年にノーベル物理学賞を受賞した。トップクォーク フレッシュアイペディアより)

  • ボトムクォーク

    ボトムクォークから見た益川敏英益川敏英

    第三世代の素粒子の存在は、1973年、小林誠と益川敏英によって、K中間子のCP対称性の破れを説明するために仮定された。1977年、レオン・レーダーマン率いるフェルミ研究所のE288実験によって、初めて第三世代に属するクォークであるボトムクォークが発見された。このとき、ボトムクォークとその反粒子である反ボトムクォークからなるウプシロン中間子の形で発見された。この発見により、ボトムクォークと対になる同じ世代のクォークの存在が予測され、観測が期待された。質量が非常に大きいため、存在が確実視されながらも観測できない状態が約20年が続いたのち、1995年に、トップクォークがフェルミ研究所のCDF実験およびD0実験で発見された。この成果を受けて、小林誠と益川敏英は2008年にノーベル物理学賞を受賞した。ボトムクォーク フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
53件中 1 - 10件表示

「益川敏英」のニューストピックワード