45件中 11 - 20件表示
  • 小出義夫

    小出義夫から見た益川敏英益川敏英

    静岡県立大学退官後は大阪大学に招かれ、2007年より同大学の大学教育実践センターにて招聘教授を務めた。2009年には同大学の大学院理学研究科に移り、引き続き招聘教授として勤務した。2011年より理学研究科の招聘研究員となり、同研究科の教授である細谷裕や久野良孝らとともに研究を行った。また、益川敏英のノーベル物理学賞受賞をきっかけに、2009年に京都産業大学が益川の業績を記念する「益川塾」を発足させると、翌年からその指導教授を務めることとなった。小出義夫 フレッシュアイペディアより)

  • 京都大学基礎物理学研究所

    京都大学基礎物理学研究所から見た益川敏英益川敏英

    中間子を予測した湯川秀樹を初め、ニュートリノ振動を予測した牧二郎、一般相対性理論における冨松佐藤解を導いた佐藤文隆、中野西島・ゲルマン則の西島和彦、長岡強磁性の長岡洋介、小林・益川理論の益川敏英、ゲージ場における九後小嶋閉じ込め条件の九後太一などが、所長を務めた。京都大学基礎物理学研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋市立向陽高等学校

    名古屋市立向陽高等学校から見た益川敏英益川敏英

    益川敏英 - 物理学者、2008年度ノーベル物理学賞受賞名古屋市立向陽高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 粒子発見の年表

    粒子発見の年表から見た益川敏英益川敏英

    1973年:小林誠・益川敏英がウプシロン粒子存在の予測をした。粒子発見の年表 フレッシュアイペディアより)

  • Progress of Theoretical Physics

    Progress of Theoretical Physicsから見た益川敏英益川敏英

    かつて出版費用の約50%は日本学術振興会からの補助金で賄われたが、次第に削減され、2008年時点では約27%までと少なくなっている。2008年度のノーベル物理学賞を南部陽一郎、小林誠と共同受賞した益川敏英は受賞決定後の記者会見で、「研究成果が海外で客観的な評価を受けるため、日本人が主となって運営し、世界に通用する学術誌を持つことは非常に重要だ」と述べ、安定した助成制度の必要性も訴えた。Progress of Theoretical Physics フレッシュアイペディアより)

  • 日本の科学技術

    日本の科学技術から見た益川敏英益川敏英

    日本はこれまで複数名のノーベル賞科学部門の受賞者を輩出している。当時京都大学教授だった湯川秀樹は1949年にノーベル物理学賞を受賞した。1965年に朝永振一郎が続いた。東京大学で教鞭をとっていた半導体研究者の江崎玲於奈も1973年にノーベル物理学賞を受賞した。京都大学の福井謙一が1981年にノーベル化学賞を共同受賞し、同じく京都大学で教鞭を執っていた利根川進が1987年に日本初のノーベル生理学・医学賞を受賞した。日本の化学者は2000年、2001年と立て続けにノーベル化学賞を受賞する。2000年に東京工業大学の白川英樹が、2001年に京都大学の野依良治が受賞した。2002年には東京大学の小柴昌俊がノーベル物理学賞を、東北大学出身の田中耕一がノーベル化学賞を受賞してそれに続いた。 小林誠、益川敏英、そして現在はアメリカ合衆国国籍の南部陽一郎が2008年にノーベル物理学賞を共同受賞し、同年に下村脩がノーベル化学賞を受賞した。以降も2010年に鈴木章と根岸英一がノーベル化学賞を受賞し、2012年には山中伸弥が日本人2人目のノーベル生理学・医学賞受賞者となった。日本の科学技術 フレッシュアイペディアより)

  • こだわり人物伝

    こだわり人物伝から見た益川敏英益川敏英

    2011年3月度「湯川秀樹?物理の荒野のドリーマー?」(語り手・益川敏英(物理学者))こだわり人物伝 フレッシュアイペディアより)

  • CKM行列

    CKM行列から見た益川敏英益川敏英

    CKM行列はクォークが自由に伝播する場合と弱い相互作用を起こす場合の量子状態の不整合を示しており、CP対称性の破れを説明するために必要不可欠である。この行列は元々ニコラ・カビボが2世代の行列理論として公表していたものを、小林誠と益川敏英が3世代の行列にして完成したものである。CKM行列 フレッシュアイペディアより)

  • 国別のノーベル賞受賞者

    国別のノーベル賞受賞者から見た益川敏英益川敏英

    益川敏英、物理学賞、2008年国別のノーベル賞受賞者 フレッシュアイペディアより)

  • 坂田昌一

    坂田昌一から見た益川敏英益川敏英

    坂田学派と呼ばれる多数の弟子を育てたことでも知られる。彼の流れを汲む研究者としては小川修三、山田英二、牧二郎、大槻昭一郎、大貫義郎、梅沢博臣、高橋康やノーベル物理学賞(2008年度)を受賞した小林誠、益川敏英らが有名である。坂田昌一 フレッシュアイペディアより)

45件中 11 - 20件表示

「益川敏英」のニューストピックワード