45件中 21 - 30件表示
  • 朝日賞

    朝日賞から見た益川敏英益川敏英

    朝永振一郎 (1946年) - 中原和郎 (1946年) - 増山元三郎 (1947年) - 坂田昌一 (1948年) - 今井功 (1950年) - 野副鉄男、吉田富三 (1951年) - 岡潔 (1953年) - 江崎玲於奈、梅沢浜夫 (1959年) - 加藤敏夫 (1960年) - 熊本大学医学部水俣病研究班 (1966年) - 広中平祐 (1967年) - 江橋節郎 (1968年) - 東北大学金属材料研究所付属材料試験炉利用施設研究グループ (1975年) - 伊藤清 (1977年) - 金関丈夫 (1978年) - B型肝炎研究グループ (1979年) - 「はくちょう」衛星観測チーム (1980年) - 利根川進 (1981年) - 多田富雄 (1981年) - 花房秀三郎 (1983年) - 西澤潤一 (1984年) - 富澤純一 (1986年) - 神岡観測グループ (1987年) - 岸本忠三 (1988年) - 豊島久真男 (1990年) -山本雅 (1990年) - 志村五郎 (1991年) - 真崎知生 (1991年) - 野依良治 (1992年) - 竹市雅俊 (1993年) - 小林誠・益川敏英 (1994年) - 丸山工作 (1994年) - 真鍋淑郎 (1995年) - 荒木不二洋 (1996年) - 伊賀健一 (1997年) - スーパーカミオカンデ観測グループ (1998年) - 柳田敏雄 (1998年) - 小川誠二 (1999年) - 赤﨑勇 (2000年) - 中村修二 (2000年) - 柳田充弘 (2000年) - 十倉好紀 (2001年) - 加藤和也 (2002年) - 板倉文忠 (2004年) - 蔵本由紀 (2005年) - 審良静男 (2005年) - 川人光男 (2006年) - 近藤孝男 (2006年) - 下村脩 (2006年) - 山中伸弥 (2007年) - 宮崎照宣・湯浅新治(2007年) - 福山幸夫・戸田達史・遠藤玉夫 (2007年) - 大隅良典 (2008年) - 深谷賢治 (2009年) - 豊島近 (2009年) - 諏訪元 (2009年) - 香取秀俊 (2011年) - 坂口志文 (2011年) - 松波弘之 (2012年) - 神谷信夫 (2012年) - 沈建仁 (2012年)朝日賞 フレッシュアイペディアより)

  • 関ファイト

    関ファイトから見た益川敏英益川敏英

    こころの遺伝子(2010年、NHK)益川敏英(幼少)役関ファイト フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の科学

    2008年の科学から見た益川敏英益川敏英

    10月7日 - ノーベル物理学賞に、南部陽一郎、小林誠、益川敏英が選ばれる。日本出身者3名が、同年にノーベル賞を受賞するのは史上初めて 。2008年の科学 フレッシュアイペディアより)

  • トップクォーク

    トップクォークから見た益川敏英益川敏英

    1973年、小林誠と益川敏英によって、K中間子のCP対称性の破れを説明するために、第三世代の素粒子の存在が仮定された。1977年、フェルミ研究所のE288実験によって、初めて第三世代に属するクォークであるボトムクォークが発見された。そこで、ボトムクォークと対になる同じ世代のクォークの存在が予測され、観測が期待された。そして、質量が非常に大きいため、存在が確実視されながらも観測できない状態が約20年が続いたのち、1995年に、トップクォークがフェルミ研究所のCDF実験およびD0実験で発見された。この成果を受けて、小林誠と益川敏英は2008年にノーベル物理学賞を受賞した。トップクォーク フレッシュアイペディアより)

  • 小林・益川理論

    小林・益川理論から見た益川敏英益川敏英

    小林・益川理論(こばやし・ますかわりろん)は、小林誠(高エネルギー加速器研究機構原子核研究所元所長)と益川敏英(京都産業大学理学部教授、元京都大学基礎物理学研究所所長)によって1973年に発表された理論の事である。小林・益川理論 フレッシュアイペディアより)

  • Bファクトリー

    Bファクトリーから見た益川敏英益川敏英

    これらの実験結果は、CP対称性についての小林・益川理論の正しさを証明し、小林誠と益川敏英は2008年のノーベル物理学賞を授与された。Bファクトリー フレッシュアイペディアより)

  • J・J・サクライ賞

    J・J・サクライ賞から見た益川敏英益川敏英

    1985年: 益川敏英(2008年ノーベル物理学賞)、小林誠(2008年ノーベル物理学賞)J・J・サクライ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 丹生潔

    丹生潔から見た益川敏英益川敏英

    しかしこのことが、小林誠や益川敏英に4つめのクォークの存在を確信させ、両者が小林・益川理論(クォーク6個の理論)を生み出す契機となった。小林誠は、ノーベル物理学賞の受賞記念演説において、丹生の業績を紹介している。丹生潔 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本

    2008年の日本から見た益川敏英益川敏英

    小林誠(高エネルギー加速器研究機構名誉教授)、益川敏英(京都大学名誉教授)、南部陽一郎(シカゴ大学名誉教授)3名のノーベル物理学賞受賞が決定。日本生まれの人物3人が同年にノーベル賞を受賞するのは史上初。2008年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 九条の会

    九条の会から見た益川敏英益川敏英

    益川敏英(ノーベル物理学賞受賞者、「九条科学者の会」呼びかけ人)九条の会 フレッシュアイペディアより)

45件中 21 - 30件表示

「益川敏英」のニューストピックワード