53件中 41 - 50件表示
  • 弱アイソスピン

    弱アイソスピンから見た益川敏英益川敏英

    この考えをさらに推し進めた小林誠と益川敏英は、混合する粒子が三世代あった場合には弱い相互作用においてCP対称性の破れが起こりうる事を示した。(小林・益川理論)弱アイソスピン フレッシュアイペディアより)

  • 京都大学基礎物理学研究所

    京都大学基礎物理学研究所から見た益川敏英益川敏英

    中間子を予測した湯川秀樹をはじめ、ニュートリノ振動を予測した牧二郎、一般相対性理論における冨松佐藤解を導いた佐藤文隆、中野西島・ゲルマン則の西島和彦、長岡強磁性の長岡洋介、小林・益川理論の益川敏英、ゲージ場における九後小嶋閉じ込め条件の九後太一などが、所長を務めた。京都大学基礎物理学研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 国道41号

    国道41号から見た益川敏英益川敏英

    白川英樹(ノーベル化学賞受賞)が青年期まで過ごした高山市と在住中の名古屋市、小柴昌俊(ノーベル物理学賞)が研究生活をしていたスーパーカミオカンデのある吉城郡神岡町(現・飛騨市)、利根川進(ノーベル生理学医学賞受賞)が幼少時に住んでいた上新川郡大沢野町(現・富山市)、田中耕一(ノーベル化学賞受賞)の出身地である富山市を通ることから、岐阜県と富山県が共同で「ノーベル街道」という呼び名を広めようとしている。また、野依良治・現理化学研究所理事長も長らく名古屋大学で教鞭を執っている。さらに2008年、名古屋市出身で名古屋大学卒・大学院修了の小林誠、益川敏英がノーベル物理学賞、名古屋大学で研究生・助教授として5年余りを過ごした下村脩がノーベル化学賞を受賞し、併せて報道されている。2014年には、青色発光ダイオードの発明でノーベル物理学賞を受賞した天野浩、赤崎勇両氏が、やはり国道41号線の起点である名古屋市にある名古屋大学、名城大学で研究を行っていた。2015年のニュートリノ研究で物理学賞の梶田隆章も1995年に富山市大沢野(旧大沢野町)に引っ越した。関東平野に育ったために山間地よりも平野の広がっている町を選んだという。国道41号 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の科学技術

    日本の科学技術から見た益川敏英益川敏英

    日本はこれまで複数名のノーベル賞科学部門の受賞者を輩出している。当時京都大学教授だった湯川秀樹は1949年にノーベル物理学賞を受賞した。1965年に朝永振一郎が続いた。東京大学で教鞭をとっていた半導体研究者の江崎玲於奈も1973年にノーベル物理学賞を受賞した。京都大学の福井謙一が1981年にノーベル化学賞を共同受賞し、同じく京都大学で教鞭を執っていた利根川進が1987年に日本初のノーベル生理学・医学賞を受賞した。日本の化学者は2000年、2001年と立て続けにノーベル化学賞を受賞する。2000年に東京工業大学の白川英樹が、2001年に京都大学の野依良治が受賞した。2002年には東京大学の小柴昌俊がノーベル物理学賞を、東北大学出身の田中耕一がノーベル化学賞を受賞してそれに続いた。 小林誠、益川敏英、そして現在はアメリカ合衆国国籍の南部陽一郎が2008年にノーベル物理学賞を共同受賞し、同年に下村脩がノーベル化学賞を受賞した。以降も2010年に鈴木章と根岸英一がノーベル化学賞を受賞し、2012年には山中伸弥が日本人2人目のノーベル生理学・医学賞受賞者となった。日本の科学技術 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た益川敏英益川敏英

    2008年(平成20年)に小林誠・益川敏英が、小林・益川理論とCP対称性の破れの起源の発見による素粒子物理学への貢献でノーベル物理学賞を受賞する。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 京都大学吉田寮

    京都大学吉田寮から見た益川敏英益川敏英

    「在寮期限」を経て、吉田寮自治会は現棟の老朽化問題を解決するため試行錯誤を重ねた。まず模索したのは現棟の新寮への「建て替え」だった。1996年5月16日、吉田寮自治会は益川敏英学生部長と「新寮の運営についても寮生の自治とする」等の確約を結んだ。1999年6月には「新寮を現在の場所に建てる」「水光熱費の負担区分の値上げをしない」等の進展した確約を副学長と交わした。しかしながら吉田寮自治会の要求する自治寮と文部省の学寮方針のすれ違いもあり、建て替えの計画は中々具体化しなかった。京都大学吉田寮 フレッシュアイペディアより)

  • 私の履歴書

    私の履歴書から見た益川敏英益川敏英

    益川敏英(京都大学名誉教授)私の履歴書 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本

    2008年の日本から見た益川敏英益川敏英

    小林誠(高エネルギー加速器研究機構名誉教授)、益川敏英(京都大学名誉教授)、南部陽一郎(シカゴ大学名誉教授)3名のノーベル物理学賞受賞が決定。日本生まれの人物3人が同年にノーベル賞を受賞するのは史上初。2008年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 坂田昌一

    坂田昌一から見た益川敏英益川敏英

    坂田学派と呼ばれる多数の弟子を育てたことでも知られる。彼の流れを汲む研究者としては小川修三、山田英二、牧二郎、大槻昭一郎、大貫義郎、梅沢博臣、高橋康、崎田文二やノーベル物理学賞(2008年度)を受賞した小林誠、益川敏英らが有名である。坂田昌一 フレッシュアイペディアより)

  • 大貫義郎

    大貫義郎から見た益川敏英益川敏英

    大貫 義郎(おおぬき よしお、1928年 - )は、日本の物理学者。理学博士(名古屋大学)。名古屋大学名誉教授。専門は、素粒子論で、坂田学派と呼ばれる坂田昌一博士の弟子の一人。また、ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英博士、小林誠博士が名古屋大学の大学院生であった時の指導教官で後にノーベル賞をもらった問題をあたえたのも、大貫である。大貫義郎 フレッシュアイペディアより)

53件中 41 - 50件表示

「益川敏英」のニューストピックワード