1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
97件中 91 - 97件表示
  • 益川敏英

    益川敏英から見た基礎科学

    2009年には「麻生内閣メールマガジン」に寄稿し、日本人ノーベル賞受賞者の増加について「近年受賞者が多数出ているからといって、現在の日本の科学の現状が万万歳ということにはならない」と述べ、現状の研究成果は数十年ほど経過して初めて評価されると指摘している。また、日本の基礎科学への研究費配分が不十分との懸念を示しており、「限られた資源のなかで、役に立つ科学・分かりやすい科学・大学の外で市場原理のもとで成り立つ科学などが研究費の餌場として雪崩れ込んでいる」と指摘し「大学の基礎科学が危ない」と警鐘を鳴らしている。益川敏英 フレッシュアイペディアより)

  • 益川敏英

    益川敏英から見たラッセル・アインシュタイン宣言

    60年安保やベトナム反戦の運動に参加。また湯川のラッセル・アインシュタイン宣言署名は反核に根差すと語り、「自分はより身近に、一人一人の今の生活を守りたい。戦争はプラスかと問いたい。殺されても戦争は嫌だ。もっと嫌なのは自分が殺す側に回る事」と話す。益川敏英 フレッシュアイペディアより)

  • 益川敏英

    益川敏英から見たオープンコースウェア

    (ノーベル賞受賞後、京都大学で行われた講演の様子。益川は動画の12分ごろから登場する。京都大学オープンコースウェアより。)益川敏英 フレッシュアイペディアより)

  • 益川敏英

    益川敏英から見た博士(理学)

    名古屋大学で坂田昌一研究室に所属し理学博士号を取得。博士論文のタイトルは「粒子と共鳴準位の混合効果について」(名古屋大学、1967年)。益川敏英 フレッシュアイペディアより)

  • 益川敏英

    益川敏英から見た岩波ジュニア新書

    『素粒子はおもしろい』岩波ジュニア新書 2012年 ISBN 9784005006977益川敏英 フレッシュアイペディアより)

  • 益川敏英

    益川敏英から見た麻生内閣メールマガジン

    2009年には「麻生内閣メールマガジン」に寄稿し、日本人ノーベル賞受賞者の増加について「近年受賞者が多数出ているからといって、現在の日本の科学の現状が万万歳ということにはならない」と述べ、現状の研究成果は数十年ほど経過して初めて評価されると指摘している。また、日本の基礎科学への研究費配分が不十分との懸念を示しており、「限られた資源のなかで、役に立つ科学・分かりやすい科学・大学の外で市場原理のもとで成り立つ科学などが研究費の餌場として雪崩れ込んでいる」と指摘し「大学の基礎科学が危ない」と警鐘を鳴らしている。益川敏英 フレッシュアイペディアより)

  • 益川敏英

    益川敏英から見た化石燃料

    2011年10月5日名古屋市内で行われたラジオの公開収録で「だましだまし使うより仕方ない。安全に使うため、実験炉を建設し研究活動は続けなければならない」「自動車は危険だが、非常に便利だからデメリットを覚悟して乗る。安全性とはメリット、デメリットの取引。原発もどれだけのメリットがあるか考え、使うべきかどうかが決まる。」「三百年後には化石燃料はなくなる。風力発電は騒音が大きく、風が吹かない時のために同じ発電量の代替設備が必要」「われわれの環境に、それほどの選択肢はない」「原発をしばらく凍結するのはいい。しかし化石燃料がなくなることを考えたら、エネルギー問題はそれほど単純ではない。原発を安全に使う準備のために研究活動は当面続けなければならない。『もうやめた』と言うことはできない」と話した。(2011年10月6日の中日新聞(朝刊)の記事)益川敏英 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
97件中 91 - 97件表示

「益川敏英」のニューストピックワード