75件中 21 - 30件表示
  • 益川敏英

    益川敏英から見た労働組合

    大学では労働組合の活動に熱心に参加し、ノーベル物理学賞受賞理由となった小林・益川理論の研究をしていたときも、京都大学職員組合の書記長として多忙な組合業務をこなしていた。朝の通勤途上の喫茶店で思索をした後、昼は組合業務を行い、その合間を縫って小林誠と議論をしながら研究をしていたという。益川敏英 フレッシュアイペディアより)

  • 益川敏英

    益川敏英から見た新日本出版社

    『学問、楽しくなくちゃ』 新日本出版社 2009年10月 ISBN 9784406052818益川敏英 フレッシュアイペディアより)

  • 益川敏英

    益川敏英から見たTBSテレビ

    日立 世界・ふしぎ発見!(TBS、2010年1月30日) - ゲスト回答者として益川敏英 フレッシュアイペディアより)

  • 益川敏英

    益川敏英から見た扶桑社

    『益川流「のりしろ」思考』 扶桑社 2009年9月29日 ISBN 9784594060602益川敏英 フレッシュアイペディアより)

  • 益川敏英

    益川敏英から見た名誉教授

    益川 敏英(ますかわ としひで、1940年2月7日 - )は、日本の理論物理学者。専門は素粒子理論。名古屋大学素粒子宇宙起源研究機構長・特別教授、京都大学名誉教授、京都産業大学益川塾塾頭。益川敏英 フレッシュアイペディアより)

  • 益川敏英

    益川敏英から見た大学院

    外国語は大の苦手で、大学院入試ではドイツ語は完全白紙。英語も散々な成績だったため(ただし数学、物理学は満点)、入試委員会で合格を認めるかどうか問題となったという。外国の学会への招待は多いが、英語を使うのが嫌なためにすべて断ってきており、もっぱら共同研究者の小林が海外での学会出席や講演を担当していた。論文については英語で書かざるを得ない場合があるが、それについても非常にスペルミスが多いという。なお、英語で論文を発表する際は、名前をローマ字(ラテン文字)転写しなければならないが、訓令式或いはヘボン式の「Masukawa」ではなく、「Maskawa」という署名を好んで用い、国際的にも「Toshihide Maskawa」の名で知られている。益川敏英 フレッシュアイペディアより)

  • 益川敏英

    益川敏英から見た小林・益川理論

    2008年、「小林・益川理論」による物理学への貢献でノーベル物理学賞を受賞。益川敏英 フレッシュアイペディアより)

  • 益川敏英

    益川敏英から見たノーベル物理学賞

    2008年、「小林・益川理論」による物理学への貢献でノーベル物理学賞を受賞。益川敏英 フレッシュアイペディアより)

  • 益川敏英

    益川敏英から見たクォーク

    京都大学理学部の助手であった1973年に、名古屋大学・坂田研究室の後輩である小林誠と共にウィーク・ボゾンとクォークの弱い相互作用に関するカビボ・小林・益川行列を導入した。この論文は、日本人物理学者の手による論文としては歴代でもっとも被引用回数の多い論文である。益川敏英 フレッシュアイペディアより)

  • 益川敏英

    益川敏英から見たローマ字

    外国語は大の苦手で、大学院入試ではドイツ語は完全白紙。英語も散々な成績だったため(ただし数学、物理学は満点)、入試委員会で合格を認めるかどうか問題となったという。外国の学会への招待は多いが、英語を使うのが嫌なためにすべて断ってきており、もっぱら共同研究者の小林が海外での学会出席や講演を担当していた。論文については英語で書かざるを得ない場合があるが、それについても非常にスペルミスが多いという。なお、英語で論文を発表する際は、名前をローマ字(ラテン文字)転写しなければならないが、訓令式或いはヘボン式の「Masukawa」ではなく、「Maskawa」という署名を好んで用い、国際的にも「Toshihide Maskawa」の名で知られている。益川敏英 フレッシュアイペディアより)

75件中 21 - 30件表示

「益川敏英」のニューストピックワード