前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示
  • 小森純

    小森純から見た益若つばさ益若つばさ

    2010年にポップティーン誌の姉妹誌『PopSister〔ポップシスター〕』が創刊すると、益若つばさ、星野加奈、菅野結以、樋口智子、青木英李、および孫暐とともに専属モデルとしてこれに登場。この年にはエッジスタイル誌の創刊もあり、板橋瑠美、今泉宏美、椿姫彩菜、きんきら☆きん、桃華絵里、Lie、早川沙世、および藤田志穂などの面々とともにさっそくその創刊号に登場。同誌の専属モデルとなった。ポップシスター誌へは休刊に至る2011年11月号まで登場し続けた。小森純 フレッシュアイペディアより)

  • 梅田直樹

    梅田直樹から見た益若つばさ益若つばさ

    人気モデルとして、また同じく人気モデルである益若つばさの夫として、妻を支え家事育児を担うイクメンとして、メディアに紹介されたり、バラエティ番組への出演や俳優活動などもつづけてきたが、2013年1月14日付けの公式ブログにて、芸能活動から引退することを発表した。梅田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 飯沼ももこ

    飯沼ももこから見た益若つばさ益若つばさ

    益若つばさの大ファンで益若の出演するTV番組や雑誌は殆ど見ている。飯沼ももこ フレッシュアイペディアより)

  • CJプライムショッピング

    CJプライムショッピングから見た益若つばさ益若つばさ

    TSUYAGLA(ツヤグラ)ヘアアイロン(舟山久美子、小森純、益若つばさなど)※◎CJプライムショッピング フレッシュアイペディアより)

  • 小林 佳果

    小林佳果から見た益若つばさ益若つばさ

    益若つばさトークショー司会小林佳果 フレッシュアイペディアより)

  • Popteen

    Popteenから見た益若つばさ益若つばさ

    1996年(平成8年)頃から多数の芸能人を表紙に起用しており、表紙に登場した事のある人物は神田うの、SPEED、吉川ひなの、梅宮アンナ、安室奈美恵、浜崎あゆみ、ブリトニー・スピアーズ、Avril Lavigne、中島美嘉、小池栄子、上戸彩、松浦亜弥、hitomi、市原隼人、BoA、大塚愛、倖田來未、リア・ディゾン、ゴリエ、若槻千夏、西野カナなど。その中でも浜崎あゆみは表紙に19回登場し、舟山久美子と並びカバークイーンとなっている。在籍モデル(当時)の益若つばさと梅田直樹の結婚式の模様を2008年2月号で紹介したところ、過去最大の売上を記録した。Popteen フレッシュアイペディアより)

  • 中学生日記

    中学生日記から見た益若つばさ益若つばさ

    2011年5月5日に「誰もが中学生だった〜中学生日記クロニクル」を放送開始50周年を記念して放送。司会は加藤晴彦と杉浦友紀。ゲストとして尾木直樹、江川達也、渡辺美奈代、河相我聞、益若つばさ、工藤綾乃。中学生日記 フレッシュアイペディアより)

  • 読者モデル

    読者モデルから見た益若つばさ益若つばさ

    2000年代後半になると、「100億円の経済効果を生み出す」と称された『Popteen』出身の益若つばさ、と読者モデルからマルチタレントに成り上がった小森純の様なモデルが注目された。彼女らの特記すべき点は、あらゆるメディアに出演し、人気が出ても読者モデルの地位を守り続けていることである。2000年代に入って読者モデルがトレンドになった背景に加えて、彼女ら自身が自分を生かす場所を理解しているためである。『iza』は、読者モデルが音楽業界で活躍するケースが目立っている事例を紹介した際に、「ネットがなければ、彼女達がこれほど脚光を浴びることはなかったろう」と評している。読者モデル フレッシュアイペディアより)

  • 浜田ブリトニー

    浜田ブリトニーから見た益若つばさ益若つばさ

    2008年3月には、『ビッグコミックスピリッツ』18号で藤子不二雄Ⓐ・ちばてつやとの鼎談を行ったり、モデルの益若つばさのグラビアページに参加するなどした。浜田ブリトニー フレッシュアイペディアより)

  • 植田結衣

    植田結衣から見た益若つばさ益若つばさ

    好きな芸能人は益若つばさ・前田希美。植田結衣 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示

「益若つばさ」のニューストピックワード