盗聴 ニュース&Wiki etc.

盗聴(とうちょう)とは、会話や通信などを、当人らに知られないようにそれらが発する音や声をひそかに聴取・録音する行為である。聴取した音声から様々な情報を収集し、関係者等の動向を探る目的で用いられることもある。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「盗聴」のつながり調べ

  • マット・ブレイズ

    マット・ブレイズから見た盗聴

    1993年、ブレイズは、ジョン・イオアニダス(John Ioannidis)と共に、IPsecの1つの先駆けとなる("swIPe")プロトコルについての論文を書いている。1994年、クリッパーチップの盗聴メカニズムを回避する手法を発見し、米国政府が率先して支援したこのクリッパーチップ構想を死に追いやった。2003年、彼は独自に、鍵破り(locksmiths)における公然の秘密であった、物理的ロックの「マスターキー」("master key")に関するセキュリティ上の深刻な脆弱性を再発見したが、それを包み隠さず情報公開するという決断が物議をかもすこととなった。(マット・ブレイズ フレッシュアイペディアより)

  • レフ・テルミン

    レフ・テルミンから見た盗聴

    1938年にソ連に戻るが、当時はどのような状況で帰国したかが謎であり、ホームシックからの帰国とする説と、ソ連政府による誘拐とする説の両方が唱えられた。ラヴィニア夫人は後者の説を信じており、後年になって実際にテルミンがKGBのスパイによって拉致され、祖国に送還されていたとの事実が明るみに出た。(テルミン本人は「戦争間近だった祖国に戻り、自らの科学技術で役に立ちたいと訴えており、1938年にその願いがかなって密かにソ連船でニューヨークを離れた。妻のラヴィニアも同行させたかったが、妻は数週間後に来るといい含められ、一人で故国へ向かった」と1989年に発言している)ソ連に着いてしばらくはレニングラード内では自由に行動できたが、1938年3月、滞在中のホテルで「反革命組織への参加」の罪で逮捕された。ブトイルカ収容所(en)に投獄され、その後シベリアの金山コルイーマで強制労働に就いていた。西側ではテルミン処刑のうわさが広く出回ったにもかかわらず、実は数ヶ月で強制労働の免除の後、科学者や技術者が研究開発に使役される特殊収容所内でアンドレーイ・トゥーポレフやセルゲイ・コロリョフらの科学者や技師とともに、数々の研究開発(爆撃機や盗聴装置の開発)を命ぜられていたのである。(レフ・テルミン フレッシュアイペディアより)

「盗聴」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「盗聴」のニューストピックワード

  • セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん

  • 手掛ける港運業者

  • 再来年には60周年を迎える伝統と歴史ある当クラブ。一生懸命に会長の職を務めていきたい