盗聴 ニュース&Wiki etc.

盗聴(とうちょう)とは、会話や通信などを、当人らに知られないようにそれらが発する音や声をひそかに聴取・録音する行為である。聴取した音声から様々な情報を収集し、関係者等の動向を探る目的で用いられることもある。 (出典:Wikipedia)

「盗聴」Q&A

  • Q&A

    腕時計に盗聴器を付けることは可能ですか? 先日、誕生日プレゼントに男性から腕時計を…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年12月8日 09:18

  • Q&A

    パニック障害、強迫性神経症もちの高1女子です。 ストーカーされてるのではないか、殺さ…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年12月6日 00:22

  • Q&A

    世間の皆さんへ 個人の歴史改ざんや衛星からの脳照射による洗脳行為や脳内思考盗聴により…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年12月5日 13:54

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「盗聴」のつながり調べ

  • 近衛上奏文

    近衛上奏文から見た盗聴

    上奏の前、近衛は書き上げた「近衛上奏文」を持って吉田茂邸を訪れた。吉田もこれに共感し、牧野伸顕にも見せるために写しをとったが、吉田邸の女中とその親類を名乗る書生はスパイであり、写しが憲兵側に漏れたために吉田は拘引され、その他近衛周辺の人物も次々と、近衛を取り締まる布石も兼ねて取調べを受けることとなる。2人のスパイは、吉田拘引後は近衛邸の床下に入り盗聴を行っていたという。(近衛上奏文 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤新平

    後藤新平から見た盗聴

    昭和3年(1928年)、後藤はソ連を訪問しスターリンと会見、国賓待遇を受ける。少年団日本連盟会長として渡航。その際、少年達1人が1粒を送った米による握り飯を泣きながら食べ渡航したという。当時の情勢的に日中露の結合関係の重要性は後藤が暗殺直前の伊藤博文にも熱く語った信念であり、田中義一内閣が拓務省設置構想の背後で構想した満洲委任統治構想、もしくは満洲における緩衝国家設立を打診せんとしたものとも指摘されるが、詳細は未だに不明である。後の満鉄総裁・松岡洋右が日ソ中立条約締結に訪ソした際「後藤新平の精神を受け継ぐものは自分である」と、ソ連側から盗聴されていることを知りつつわざと大声で叫んだとされる。(後藤新平 フレッシュアイペディアより)

「盗聴」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「盗聴」のニューストピックワード