272件中 91 - 100件表示
  • ラジオマイク

    ラジオマイクから見た盗聴盗聴

    オーディオアクセサリーのFMトランスミッター、ミニFM用トランスミッターなどのFM放送の周波数を使う機器や情報収集機器(盗聴器の婉曲的表現)は、電波法施行規則第6条第1項第1号の規定が適用される。ラジオマイク フレッシュアイペディアより)

  • はぴねす!

    はぴねす!から見た盗聴器盗聴

    愛用マジックワンドは杖と空中に浮く球がセットになったスフィアタム(sphere Tom)(声 - 成瀬未亜/同左/同左)、通称タマちゃん。球体部は関西弁を話し、威勢がよく、小雪を「姉さん」と呼ぶ。恐ろしく多機能で、爆発する(ちょっとしたことでよく自爆させられる。しかも誘爆する)意外にも弁当が作れる、露店の店番が出来る、盗聴器の代用になる、超音速アクロバット飛行可能、生活防水仕様等の能力を持つ。部室等にスペアらしき物(残機)が大量に保管されている(『りらっくす』小雪シナリオでは、画面上にタマちゃんの残機ゲージが表示されるシーンがある。ついでに爆音と共にゲージが減る)。粘土のような物体を丸くこねる事で作られているが、こねた人物の性格に似る事があるらしい。はぴねす! フレッシュアイペディアより)

  • 七人のおたく

    七人のおたくから見た盗聴盗聴

    ミリタリーおたく・星亨(南原清隆)の誘いに乗って集まった、格闘技おたく・近藤みのる(内村光良)、パソコンおたく・田川孝(江口洋介)、無線おたく・水上令子(浅野麻衣子)、アイドル&改造車おたく・国城春夫(武田真治)らは、田川の連れてきた美女・湯川りさ(山口智子)も加わった6人で井加江島へ向かった。星が彼らを仲間に入れたその「計画」とは、令子が盗聴した電話の会話をもとに、田川がパソコンの合成音で作ったニセの電話で島の網元・高松家の家人をおびき出し留守の隙をついて近藤と星が赤ん坊・喜一を奪うというものだったが、最後のところで国城が逃走用の船の改造に失敗して計画は失敗。彼らはそこに現れた高松(中尾彬)の元妻のティナから、夫の冷酷な仕打ちに耐えきれず息子の喜一とともに家出したが、跡取り欲しさに喜一を奪い去られ、それをティナの住むアパートの階下に住んでいた星が聞き今回の奪還計画に至ったことを知る。近藤以外の仲間は第2次作戦への参加を拒否していったん東京に帰ってしまった。だが星と近藤が2人で計画を練っていた時に、高松の部下で伝説のフィギュア(人形)おたく・丹波達夫(益岡徹)が新たに仲間に加わり、帰った連中も戻ってくる。こうして7人になった「おたく」たちは、再び喜一奪還作戦を実行。それぞれの得意ジャンルを駆使した計画で喜一を奪い戻し、母親ティナの元に送り届けるのだった。七人のおたく フレッシュアイペディアより)

  • ジョヴァンニ・ファルコーネ

    ジョヴァンニ・ファルコーネから見た盗聴盗聴

    1989年6月22日、ファルコーネを狙った爆弾テロ未遂が発生。彼の別荘間近の海岸に半径70メートルを吹き飛ばすほどの強力なプラスチック爆弾が仕掛けられ、遠隔操作で爆殺を狙っていたという。さらに彼の事務所では電話線も細工され盗聴が行われていた。ジョヴァンニ・ファルコーネ フレッシュアイペディアより)

  • SIGSALY

    SIGSALYから見た盗聴盗聴

    アメリカが第二次世界大戦中に参戦する前の1940年頃、イギリス首相との秘密会談など重要な音声通信には短波での無線通信が使われており、盗聴を避けるためベル研究所が開発した A-3 と呼ばれるアナログ方式のスクランブラーが使われていた。SIGSALY フレッシュアイペディアより)

  • 魯会燦

    魯会燦から見た盗聴盗聴

    2005年8月、国会法制司法委員会において「安全企画部Xファイル」(1997年大統領選挙を前に韓国最大の財閥である三星グループが政界工作のため主な大統領候補者や政治家、検察幹部に賄賂を渡すための謀議と実行する過程を国家情報院の前身である国家安全企画部が盗聴した録音記録を称する)関連報道資料として、三星グループから餅代(賄賂)を受け取った前・現職検事7名の実名を公開、インターネットにも掲載した。魯会燦 フレッシュアイペディアより)

  • ゴジラアイランド

    ゴジラアイランドから見た盗聴器盗聴

    ゴジラアイランドの片隅にある「ゴラス火山」。そしてその近くにあるモスラのどうくつでは、成虫モスラの死期が迫っていた。成虫モスラは幼虫モスラに遺言を伝えていた。「愛されるより愛すること」「困難から逃げないこと」。トレマはそんなモスラの姿を見て、自分の母親を思い出す。その時、突如としてゴジラアイランドに隕石が落下してくる。隕石は島の下水処理施設を破壊するが、近くにあった「化学プラント工場」は破壊を免れる。隕石を送り込んだのはザグレスではないかと疑うトレマ。更にザグレスは、出前持ちや占い師に変装し、基地に盗聴器を設置し、化学プラント工場を爆破する。工場から立ち上った有毒物質を謎の隕石が拡大させ、島中を化学物質が席巻。酸性雨や窒素酸化物の影響で怪獣たちがバタバタ倒れてしまう。しかしトレマはザグレスの裏をかき、中和剤を放射させる事に成功する。これにて有毒物質の浄化は成功するが、隕石からは公害怪獣ヘドラが誕生する。ザグレスの目的はヘドラを成長させる事だった。ゴジラ以下の怪獣たちは有毒物質で身動きがとれず、ヘドラは唯一残るモスラを狙った。モスラは接近したヘドラを迎え撃つが、逆にヘドラの光線に撃墜されてしまう。パンナトルテのビーム砲もヘドラには効かず、ゴジラが助けに入るが、有毒物質の影響で満足に戦えない。幼虫を守ろうとした成虫モスラは、ヘドラを火口へ放り込むべく、単身ヘドラを掴みゴラス火山まで空輸した。モスラはヘドラを放り込むと逃げ出そうとするが、その時火山が大爆発。成虫は爆発に巻き込まれてしまう。ゴジラアイランド フレッシュアイペディアより)

  • 乳

    から見た盗聴盗聴

    様々な意味のスラングでも用いられる。17世紀初頭には、精液や膣液の意味がつけられ、転じて自慰行為を指すようにもなった。19世紀には変性アルコールを水に混ぜて作られた安物の酒の名に使われた。他に、詐取する、騙す、他人に送られた電報を盗聴する、そして虚弱な者や腰抜けという意味もある。1930年代のオーストラリアでは、自動車の吸気ガスを指して使われもした。 フレッシュアイペディアより)

  • エルゲネコン

    エルゲネコンから見た盗聴盗聴

    拘留者とその後に続く裁判の数が増えるにつれ、人々は何が起きているか察しはじめた。当初は知識人たちが賛成していたエルゲネコン疑惑の捜査は、同じ年のうちに起訴手続きの管理や盗聴などによる不法な証拠の入手によって非難を浴びるようになった。一連の公判が、長期化したAKP政権への批判者や評論家を黙らせるための警告に使われているという主張がなされている。2014年には告発された人々の多くが無罪とされており、専門家によって告発の根拠となった文書の一部が偽物であると証明された。エルゲネコン フレッシュアイペディアより)

  • ICレコーダー

    ICレコーダーから見た盗聴盗聴

    また、道義的にいささか問題がある利用方法ではあるが、小型軽量で長時間駆動が可能な製品では、盗聴器の代替も果たす。なおそういった用途向けという訳でもなく本来は会議や談話ないし口述筆記といった用途向けと説明書に明記されていたりするが、物音を検出すると録音を開始する機能を持つ製品も見られる。ICレコーダー フレッシュアイペディアより)

272件中 91 - 100件表示

「盗聴」のニューストピックワード

  • ファーウェイ(華為技術)ってスパイ企業なんですか?

  • 日本のファーウェイ排除に強く反対…中日経済協力のためにならない

  • 万引き絶叫女