272件中 101 - 110件表示
  • Digest認証

    Digest認証から見た盗聴盗聴

    Digest認証(ダイジェストにんしょう)とは、HTTPの認証方法の一つ。ユーザ名とパスワードをMD5でハッシュ(ダイジェスト)化して送る。Basic認証では防げなかった盗聴や改竄を防ぐために考案された。Digest認証 フレッシュアイペディアより)

  • Outlook.com

    Outlook.comから見た盗聴盗聴

    しかし、エドワード・スノーデンによると、NSAに協力するため、密かにNSAが暗号を回避して盗聴できるようにしていたという。Outlook.com フレッシュアイペディアより)

  • トモちゃんはすごいブス

    トモちゃんはすごいブスから見た盗聴盗聴

    女性に水商売・風俗系の仕事を紹介するボランティアをしている青年。18歳の浪人生。酒に弱い。一見、真面目そうな印象だが盗聴・盗撮マニア。実家は「車谷電気」という電気店を営んでおり、祖父の所有しているビルの一角を、勉強部屋という名目で風俗斡旋事務所の拠点として使用している。生粋の大阪人にも関わらず「思考と言語が一致しない」という理由で標準語で話すが、これは幼少時のとある出来事が大きく影響しており、それまでは問題なく大阪弁で会話をしていた。トモちゃんはすごいブス フレッシュアイペディアより)

  • 汚職撲滅委員会

    汚職撲滅委員会から見た盗聴盗聴

    捜査にあたっては、盗聴、海外渡航禁止命令、財産情報の調査、口座凍結命令など強い権限を有する。汚職撲滅委員会 フレッシュアイペディアより)

  • ハイパーあんな

    ハイパーあんなから見た盗聴器盗聴

    霞の送迎用車両はメルセデス・ベンツCLK。リアシートのセンターアームレストに盗聴器の受信機が埋め込まれている。ハイパーあんな フレッシュアイペディアより)

  • 連邦情報局

    連邦情報局から見た盗聴盗聴

    2017年2月24日、ドイツのシュピーゲル誌は、連邦情報局がBBCやニューヨーク・タイムズ、ロイター通信など外国報道記者の電話などを盗聴していたと伝えた。連邦情報局 フレッシュアイペディアより)

  • BSI (ドイツ)

    BSI (ドイツ)から見た盗聴盗聴

    コンピュータアプリケーションのセキュリティ、重要インフラ(critical-infrastructure)の保護対策、インターネットセキュリティ、暗号、盗聴対策、セキュリティ製品の認証、およびセキュリティ評価機関(test lab)の認定を、専門分野および責任範囲としている。BSI (ドイツ) フレッシュアイペディアより)

  • AIVD

    AIVDから見た盗聴盗聴

    近年、王室と情報機関の関係する話題がマスコミを賑わせたことがある。そのひとつはオランダ王室の一員であるマルガリータ王女がオランダ政府を訴えたもので、王女が結婚の際に、王女の結婚相手がBVDの盗聴を含む継続的な監視下におかれていたとマスコミに告発した。この結婚は相手の素性がよろしくないということで王室から反対された経緯があり、結婚後も夫は陰湿な攻撃に晒されていたとまで王女は発言した。これについて時の首相は、王室メンバーの結婚相手の身辺調査は必要かつ正当なものだと反論したが、話が世間の注目を集めていく中で、情報機関を監督すべき当時の内務大臣が調査について承知していなかったことが明らかになって情報機関の統制が問題になり、また人権の観点からも王女に肩入れする論調が出た。結局、オランダ宮内庁を首相が直接統御するということにはなったが、一連の過程で王室の醜聞が王女の口からポンポン飛び出たり、首相の指導能力が疑われて支持率が急落したりした。AIVD フレッシュアイペディアより)

  • イスラエル総保安庁

    イスラエル総保安庁から見た盗聴盗聴

    創設時は地下活動を防ぐ一環としてシャバックは冷戦が全面戦争になればソ連を支持すると疑われたソ連寄りの野党も監視した。ダヴィド・ベン=グリオン率いる野党指導部は、自分達の活動を知らせるには出版物の配布が良いと確信したが、出版したのはUri AvneriによるHaolam Hazeh紙だけだった。論争が始まり、その時シャバックのエージェント2人が、Meir Yeariの事務所に盗聴器を仕掛けて捕まった(YeariはMapam(社会主義シオニストの政党)の代表だが、ソ連とヨシフ・スターリンの見直しには好意的だった)。イスラエル総保安庁 フレッシュアイペディアより)

  • アルバロ・ウリベ

    アルバロ・ウリベから見た通信傍受盗聴

    多くの人権団体から批判されている、軍の司法警察に令状なく通信傍受や一定の逮捕を許し、権限を与えている反テロ法は、2003年10月11日に可決されたが、他の法案の成立に向けた付加により、承認の手順における不正のため2004年8月に憲法裁判所の見解により停止された。1アナリストによれば2005年時点でウリベ政権が同様の法案を再提出する動きは今のところみられない。アルバロ・ウリベ フレッシュアイペディアより)

272件中 101 - 110件表示

「盗聴」のニューストピックワード

  • セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん

  • 手掛ける港運業者

  • 再来年には60周年を迎える伝統と歴史ある当クラブ。一生懸命に会長の職を務めていきたい