189件中 101 - 110件表示
  • 日本共産党幹部宅盗聴事件

    日本共産党幹部宅盗聴事件から見た盗聴器盗聴

    手口や警察組織の特徴から、警察庁警備局を中心とした組織的犯行が強く疑われた。国会で参考人質問が行なわれ、補聴器メーカーの技師が“依頼を受けて盗聴器の試作品製作に携わった”とまで証言した。また、検察も組織的犯行と断定している。それにも拘らず、警察は現在まで組織的な関与を強く否定している。日本共産党幹部宅盗聴事件 フレッシュアイペディアより)

  • はぴねす!

    はぴねす!から見た盗聴器盗聴

    愛用マジックワンドは杖と空中に浮く球がセットになったスフィアタム(sphere Tom)(声 - 成瀬未亜/同左/同左)、通称タマちゃん。球体部は関西弁を話し、威勢がよく、小雪を「姉さん」と呼ぶ。恐ろしく多機能で、爆発する(ちょっとしたことでよく自爆させられる。しかも誘爆する)意外にも弁当が作れる、露店の店番が出来る、盗聴器の代用になる、超音速アクロバット飛行可能、生活防水仕様等の能力を持つ。部室等にスペアらしき物(残機)が大量に保管されている(『りらっくす』小雪シナリオでは、画面上にタマちゃんの残機ゲージが表示されるシーンがある。ついでに爆音と共にゲージが減る)。粘土のような物体を丸くこねる事で作られているが、こねた人物の性格に似る事があるらしい。はぴねす! フレッシュアイペディアより)

  • 岩畔豪雄

    岩畔豪雄から見た盗聴盗聴

    軍人による経済面への強権発動の訓練を満州で積んだ岩畔は1934年(昭和9年)東京に呼びもどされ再度、整備局の課員になる。1936年(昭和11年)8月、二・二六事件の勃発により陸軍省兵務局課員へ異動、事件終息後の軍法会議を担当した。また外国大使館の盗聴や郵便検閲、偽札製造の研究など諜報活動に従事。同年「諜報、謀略の科学化」という意見書を参謀本部に提出。日本陸軍は情報に対する関心を著しく強くし、初めて秘密戦業務推進が命ぜられた。岩畔豪雄 フレッシュアイペディアより)

  • 前田勲男

    前田勲男から見た盗聴盗聴

    村山内閣で法務大臣(1994年6月30日 - 1995年8月8日)に就任し、初入閣。法相在任中に地下鉄サリン事件が発生し、オウム真理教事件の捜査や起訴が進む中で盗聴、おとり捜査や司法取引を前向きに検討する考えを示す。約13ヶ月の在任中、5人の死刑囚の死刑執行を命令した。前田勲男 フレッシュアイペディアより)

  • ゴジラアイランド

    ゴジラアイランドから見た盗聴器盗聴

    ゴジラアイランドの片隅にある「ゴラス火山」。そしてその近くにあるモスラのどうくつでは、成虫モスラの死期が迫っていた。成虫モスラは幼虫モスラに遺言を伝えていた。「愛されるより愛すること」「困難から逃げないこと」・・・。トレマはそんなモスラの姿を見て、自分の母親を思い出す。その時、突如としてゴジラアイランドに隕石が落下してくる。隕石は島の下水処理施設を破壊するが、近くにあった「化学プラント工場」は破壊を免れる。隕石を送り込んだのはザグレスではないかと疑うトレマ。更にザグレスは、出前持ちや占い師に変装し、基地に盗聴器を設置し、化学プラント工場を爆破する。工場から立ち上った有毒物質を謎の隕石が拡大させ、島中を化学物質が席巻。酸性雨や窒素酸化物の影響で怪獣たちがバタバタ倒れてしまう。しかしトレマはザグレスの裏をかき、中和剤を放射させる事に成功する。これにて有毒物質の浄化は成功するが、隕石からは公害怪獣ヘドラが誕生する。ザグレスの目的はヘドラを成長させる事だったのだ。ゴジラ以下の怪獣たちは有毒物質で身動きがとれず、ヘドラは唯一残るモスラを狙った。モスラは接近したヘドラを迎え撃つが、逆にヘドラの光線に撃墜されてしまう。パンナトルテのビーム砲もヘドラには効かず、ゴジラが助けに入るが、有毒物質の影響で満足に戦えない。幼虫を守ろうとした成虫モスラは、単身ヘドラを掴みゴラス火山まで空輸した。ヘドラを火口へ放り込む気なのだ。モスラはヘドラを放り込むと逃げ出そうとするが、その時火山が大爆発。成虫は爆発に巻き込まれてしまう・・・・・・。ゴジラアイランド フレッシュアイペディアより)

  • バニラスパイダー

    バニラスパイダーから見た盗聴器盗聴

    ツツジが水野さんの安全確保の目的で盗聴器を買うためにアルバイトをしていた「ふれあい動物ランド」で飼育されていたキツネ。動物好きの水野さんのお気に入りでもある。油揚げが好物。バニラスパイダー フレッシュアイペディアより)

  • エネミー・オブ・アメリカ

    エネミー・オブ・アメリカから見た盗聴盗聴

    ディーンは、一連の事件のきっかけはブリルが提供した情報にあると考え、ブリルに直接接触することを試みる。ディーンに会った元NSA技官のブリルは、盗聴器や発信器が多数ディーンの衣服に仕掛けられていることを見抜き、政府組織に追われているディーンを避けようとする。しかし元同僚で亡き親友の娘であったレイチェルが殺されたことをきっかけに、ブリルはディーンを自身の隠れ家に連れていき、そこでテープの中身を見ることで二人はハマースリーの死の真相をはじめて知る。ディーンが隠れ家へ向かう途中にかけた電話をもとに、レイノルズの工作員はこの隠れ家を発見し突入する。ブリルは隠れ家を爆破し、二人とブリルの飼い猫はかろうじて脱出、逃走するが、その際に証拠のテープが破損してしまう。エネミー・オブ・アメリカ フレッシュアイペディアより)

  • 13歳のハローワーク (テレビドラマ)

    13歳のハローワーク (テレビドラマ)から見た盗聴盗聴

    1990年:翔子を好きになり、部屋に盗聴器を仕掛けるなどストーカー行為をはたらく。13歳のハローワーク (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 羊角島国際ホテル

    羊角島国際ホテルから見た盗聴盗聴

    なお、5階は一般使用されておらずエレベータには「5階」のボタンがない。5階は非常に天井が低く、各種宣伝画が掲げられた通路に部屋のドアが並んでいる。その一つの部屋には事務机などがあることが旅行者撮影の動画・静止画でわかる。一部で「盗聴」説も出ているが、他の部屋のドアは開かず推測の域を出ない。羊角島国際ホテル フレッシュアイペディアより)

  • レフ・テルミン

    レフ・テルミンから見た盗聴盗聴

    1938年にソ連に戻るが、当時はどのような状況で帰国したかが謎であり、ホームシックからの帰国とする説と、ソ連政府による誘拐とする説の両方が唱えられた。ラヴィニア夫人は後者の説を信じており、後年になって実際にテルミンがKGBのスパイによって拉致され、祖国に送還されていたとの事実が明るみに出た。(テルミン本人は「戦争間近だった祖国に戻り、自らの科学技術で役に立ちたいと訴えており、1938年にその願いがかなって密かにソ連船でニューヨークを離れた。妻のラヴィーナも同行させたかったが、妻は数週間後に来るといい含められ、一人で故国へ向かった」と1989年に発言している)ソ連に着いてしばらくはレニングラード内では自由に行動できたが、1938年3月、滞在中のホテルで「反革命組織への参加」の罪で逮捕された。ブトイルカの収容所に投獄され、その後シベリアの金山コルイーマで強制労働に就いていた。西側ではテルミン処刑のうわさが広く出回ったにもかかわらず、実は数ヶ月で強制労働の免除の後、科学者や技術者が研究開発に使役される特殊収容所内でアンドレーイ・トゥーポレフやセルゲイ・コロリョフらの科学者や技師とともに、数々の研究開発(爆撃機や盗聴装置の開発)を命ぜられていたのである。レフ・テルミン フレッシュアイペディアより)

189件中 101 - 110件表示

「盗聴」のニューストピックワード