189件中 131 - 140件表示
  • 公安警察

    公安警察から見た盗聴盗聴

    捜査の段階で電話盗聴、盗撮を行う場合もあるとされ、人権侵害として訴えられる場合も多く、日本共産党幹部宅盗聴事件のように違法とされることもあった。1999年(平成11年)に通信傍受法が制定されるまではこの捜査方法の法的位置づけが曖昧だった。公安警察 フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータセキュリティ

    コンピュータセキュリティから見た盗聴盗聴

    20世紀末に始まったインターネットの発展と普及に伴い、コンピュータセキュリティは非常に重要な課題になった。一般に、インターネットの通信は暗号化されておらず、その中継点にいる人間なら誰でも盗聴できてしまうという欠点をもつ。またこれ以外にも、コンピュータが外部と接続されたことによって悪意のある人間が故意にコンピュータを破壊したり、データを改竄したりすることが可能になってしまった。コンピュータセキュリティとは、このような行為を防いで保守安全を維持することをいう。コンピュータセキュリティ フレッシュアイペディアより)

  • Secure Shell

    Secure Shellから見た盗聴盗聴

    Secure Shell は、そもそもTelnetやrsh、rloginなどといった、リモートホストのシェルを利用するための既存のプロトコルを代用する手段として考えられていた。TelnetやFTPは、ネットワーク上に平文でパスワードを送信してしまうため、パスワードをネットワーク経路上でのぞき見されてしまう(これを盗聴と呼ぶ)危険性が高く、商業的なインターネット空間では問題が大きかった。Telnet同様に、リモートホスト間でのファイルコピー用のコマンドrcpを代用するscpや、FTPを代用するためのsftpも用意されている。Secure Shell フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ同時多発テロ事件

    アメリカ同時多発テロ事件から見た盗聴盗聴

    さらに、「アメリカ合衆国がアメリカ合衆国であり続ける為に必要」として、「愛国者法(反テロ法)」を制定、2005年7月には暫定法であった同法を恒久化。市民のプライバシーを大幅に制限、公安活動の用に供するとして、また12月には、国家安全保障局の行なう不法な盗聴を大統領権限で事実上黙認していた事、2006年5月には、“テロリスト関係者、またはそれらと少しでも接触のあった外国人”をアメリカ合衆国入国の際に令状抜きで不法に連行・収監(=拉致)、自白を取る為の拷問がCIAとFBIによって行なわれていた事が明らかになるなど、全体主義化傾向が国内のリベラリスト・市民団体から批判されている。アメリカ同時多発テロ事件 フレッシュアイペディアより)

  • アイルトン・セナ

    アイルトン・セナから見た盗聴盗聴

    1984年のデビュー以来、母国ブラジルで未勝利であったセナが、8度目の挑戦で初めて母国優勝を収めたレース。雨の中、ギアボックスにトラブルを抱え6速ギアしか使えないマシンで、ゴールまで走りきるという離れ業を演じ、尚且つトップでチェッカーを受けた。シートベルトが体を締め付けるなどのトラブルもあり、レース終了後には車から降りられないほど疲労していた。ウイニングラップ時のセナ本人の感動の嗚咽を、国際中継担当の地元のテレビ局が無線傍受し放送電波に乗せて全世界に配信した。マクラーレンが傍受されにくいケンウッド製無線システムを前倒し導入したのは、この一件が原因である。アイルトン・セナ フレッシュアイペディアより)

  • 中央情報局

    中央情報局から見た盗聴盗聴

    猫を使った盗聴作戦。専用に生体改造された盗聴用の猫を盗聴先の現場へ送り込むというものであったが、失敗に終わった。中央情報局 フレッシュアイペディアより)

  • シギント

    シギントから見た盗聴盗聴

    コミント(COMINT:Communication―):通信傍受、暗号解読(本文が分らなくとも交信(トラフィック)解析だけで手がかりになり得る)シギント フレッシュアイペディアより)

  • 乳

    から見た盗聴盗聴

    様々な意味のスラングでも用いられる。17世紀初頭には、精液や膣液の意味がつけられ、転じて自慰行為を指すようにもなった。19世紀には変性アルコールを水に混ぜて作られた安物の酒の名に使われた。他に、詐取する、騙す、他人に送られた電報を盗聴する、そして虚弱な者や腰抜けという意味もある。1930年代のオーストラリアでは、自動車の吸気ガスを指して使われもした。 フレッシュアイペディアより)

  • 刑事訴訟法

    刑事訴訟法から見た盗聴盗聴

    個人の利益を侵害するような処分(強制処分)は、法律に定めがない限りできないとする原則(197条1項)。かつて、通信傍受法ができるまでは、捜査機関が有線通信の傍受(いわゆる盗聴)をできるかについてこの原則との関係で問題となった。刑事訴訟法 フレッシュアイペディアより)

  • 赤外線

    赤外線から見た盗聴盗聴

    近距離赤外線通信規格IrDAの携帯電話への普及により、赤外線通信が一般に認知され、使用されるようになった。電波で通信する方式に比べて、信号が空間的に広がりにくく(回折を起こさず)、障害物があると通信できない欠点はあるものの、それは第三者に傍受されにくいというセキュリティ上の大きな長所でもある。赤外線 フレッシュアイペディアより)

189件中 131 - 140件表示

「盗聴」のニューストピックワード