189件中 11 - 20件表示
  • 電波探知機

    電波探知機から見た盗聴盗聴

    盗聴器の発する電波を探知し発見する機器のこと。盗聴を参照のこと。電波探知機 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・フェイ

    チャールズ・フェイから見た盗聴盗聴

    1941年11月、フェイはフランクリン・ルーズベルト大統領からアメリカ合衆国訟務長官に任命された。フェイは訟務長官である間も労働者の権利確保のための活動を継続し、また盗聴の合憲性やアメリカ共産党員の市民権に関する訴訟に関与した。フェイは1945年まで訟務長官として貢献し、最高裁判所で70を超える事件を扱った。第二次世界大戦後はドワイト・アイゼンハワー将軍から占領地帯の軍政評議会で法律部門の監督を依頼され、ドイツへ赴いた。フェイは1946年にドイツから帰国し、国務省で法律顧問に就任した。フェイはまた、1946年にニューヨーク市内で開催された国際連合総会の法律委員会に、合衆国代表として参加した。チャールズ・フェイ フレッシュアイペディアより)

  • キャサリン・ガン事件

    キャサリン・ガン事件から見た盗聴盗聴

    キャサリン・ガン事件 とは、イギリスGCHQの職員であるキャサリン・ガン(w:Katharine Gun)が、NSAからGCHQに送られたメールをリークした事件である。この事件によって、国際連合安全保障理事会理事国代表に対する通信傍受によってアメリカとイギリスがイラク戦争開戦を有利に進めようとしたことが明らかになって政治問題となった。キャサリン・ガン事件 フレッシュアイペディアより)

  • ローザンヌの標的

    ローザンヌの標的から見た盗聴盗聴

    今回はモントルーに近いヴェヴェイにて待機。フランス語がわかるので、国境警備の巡視艇の盗聴および予備の脱出路の確保を担当。ローザンヌの標的 フレッシュアイペディアより)

  • トレイシー (軍事施設)

    トレイシー (軍事施設)から見た盗聴盗聴

    1942年12月より1945年7月までの間、カリフォルニア州サンフランシスコ北東部に約100キロにあるバイロン・ホットスプリングという廃れた保養地に設けられていた。アメリカ本土に抑留された日本兵の捕虜の内、約2341人の日本人捕虜がここに虜囚として送られた。ここでは捕虜に対しての「盗聴」というイギリスから得た手法が初めて導入され、その後の極東国際軍事裁判で捕られていた戦犯に対しても利用された。ここで得た昭和天皇などに関する情報は、戦後の日本占領政策に大いに活かされた。ジュネーブ条約に違法する行為であったために、近年までこの存在が秘匿とされていた。。トレイシー (軍事施設) フレッシュアイペディアより)

  • ワイホパイ基地

    ワイホパイ基地から見た盗聴盗聴

    GCSBワイホパイ基地は、ニュージーランドの情報機関であるGCSBの基地である。南島マールバラのワイホパイにある。衛星通信の傍受するために設けられた。いわゆるエシュロンの一翼を担う基地である。ワイホパイ基地 フレッシュアイペディアより)

  • 日本共産党第10回大会

    日本共産党第10回大会から見た盗聴器盗聴

    大会期間中の3日目と5日目に盗聴器が仕掛けられているのが発見されたが犯人はわからずじまいだった。日本共産党第10回大会 フレッシュアイペディアより)

  • 密会

    密会から見た盗聴器盗聴

    ある夏、救急車が家に押しかけ、妻をさらっていった。男は妻を捜し、やがて奇妙なシステムの閉鎖的な病院へ辿り着く。病院内を捜索するが、妻の消息を一向に掴めず盗聴器によって監視される男は、足が4本ある医者や溶骨症の少女など奇妙な人物達と関わり合いながら、この病院の一大イベントである医者や看護婦から患者まで参加した宴に遭遇する。密会 フレッシュアイペディアより)

  • 保安器

    保安器から見た盗聴器盗聴

    かねてより、保安器に電話盗聴用の無線発信式盗聴器を装着される事件が発生しているとされる。3号・4号保安器では内部のヒューズを同じ外観をした盗聴器に交換する手法が多用される。保安器 フレッシュアイペディアより)

  • 通信傍受の互助代行

    通信傍受の互助代行から見た盗聴盗聴

    通信傍受の互助代行(つうしんぼうじゅのごじょだいこう)とは、情報機関が行いたい通信傍受を、他国の情報機関に依頼することである。通信傍受の互助代行 フレッシュアイペディアより)

189件中 11 - 20件表示

「盗聴」のニューストピックワード