189件中 21 - 30件表示
  • ハリー・コーン

    ハリー・コーンから見た盗聴器盗聴

    コーンは独裁的かつ威嚇的なやり方で有名だった。従業員からは「ハリウッド始まって以来の完全な暴君」と呼ばれ、スタジオを「私的警察国家のように」牛耳っていると評された。「スタジオのあらゆる音声機器には盗聴器が仕掛けてあって、誰かに悪口を言われようものなら、すぐさま拡声器で怒鳴りつける」との評判だった。従業員のやる気を最大限に引き出すため、あるいは単にスタジオでの支配力を増大させるために、暴君としての評判が壊れないよう細心の注意を重ねていたという説もある。彼は1933年にイタリアでムッソリーニに会い、サイン入りの肖像写真を貰って、第二次世界大戦が始まるまで机の上に飾っていた。マフィアのジョン・ロセッリは旧友であり、ユダヤ系ギャングのアブナー・ツヴィルマンからは、ブラントから会社の株を買い占めるときに資金を借りた。出演契約をエサにして女優にセックスを要求したという話もあるが、この種の要求自体は、当時のハリウッドのプロデューサーとしては別に珍しくもなかった。ハリー・コーン フレッシュアイペディアより)

  • ジャーナリスト宅盗聴事件

    ジャーナリスト宅盗聴事件から見た盗聴盗聴

    ジャーナリスト宅盗聴事件(―たくとうちょうじけん)は、ジャーナリスト山岡俊介の自宅に、2000年12月頃から翌年2月頃にかけて盗聴器が仕掛けられた事件。ジャーナリスト宅盗聴事件 フレッシュアイペディアより)

  • 24のひとみ

    24のひとみから見た盗聴盗聴

    主人公。石川先生の代理として2年5組にやってきた、美人だが嘘つきの女教師。嘘と悪口が大好きで何を考えているかよくわからないが、身持ちは堅い。親は服役中(嘘である可能性が高いが)。趣味は少年院で習った日曜大工(これも嘘である可能性がある)。何故か他人の家庭環境や経済状況や人生の諸問題を知り尽くしている(本人は盗聴と盗撮が趣味だと言っている)。24のひとみ フレッシュアイペディアより)

  • コインランドリーの女

    コインランドリーの女から見た盗聴盗聴

    高校時代の先輩だった横井(と言うよりも彼の眼鏡)に対して異常な恋愛感情を抱いており、完全なストーカーと化している。彼の自宅に不法侵入し、眼鏡を窃盗(その罪を真魚子に擦り付けている)挙句の果てには盗聴・盗撮し、自分の部屋でそれを視聴しながらデートを行う等、犯罪行為を繰り返している。コインランドリーの女 フレッシュアイペディアより)

  • A-3 (秘話装置)

    A-3 (秘話装置)から見た盗聴盗聴

    1930年代、アメリカとの大西洋や太平洋をまたぐ音声通信には短波の無線通信が使われていた。無線通信は受信機さえあれば誰でも盗聴できる問題があるため、1920年代にスクランブラーと呼ばれる秘話装置が発明された。この方式では音声を周波数の異なったいくつかのサブバンドに分割し、サブバンドの配置換えや個々のサブバンド内での周波数の反転を行うことで元の音声の内容を理解できないようにする。A-3 (秘話装置) フレッシュアイペディアより)

  • ヘレン・スズマン

    ヘレン・スズマンから見た盗聴盗聴

    アパルトヘイト反対によって、彼女は警察の監視対象となった。彼女の家はしばしば警察によって盗聴された。盗聴対策に口笛を吹いて対抗した。ヘレン・スズマン フレッシュアイペディアより)

  • ニュージーランド保安情報局

    ニュージーランド保安情報局から見た盗聴盗聴

    SISはニュージーランドの公安を担う情報機関である。職員総勢200人、実際戦力150人前後と見られており、その規模は小さい。SISは逮捕権は無いが、通信傍受と家宅捜索の権限を有する。ニュージーランド保安情報局 フレッシュアイペディアより)

  • 強制処分

    強制処分から見た通信傍受盗聴

    かつての有力な学説は、強制処分は、直接的な有形力の行使を伴う捜査手段、または、制裁を予告して命令の実行を義務付ける捜査手段をいい、それ以外の処分を任意処分としていた。しかし、任意捜査(職務質問など)においても一定の場合には有形力の行使を認める現実の必要がある。また、逆に有形力の行使を伴わずとも重大な人権侵害を伴う捜査手段(たとえば通信傍受、プライバシー領域の秘密撮影)があり、これらは強制処分と扱うべきである、などと指摘された。強制処分 フレッシュアイペディアより)

  • 政府通信保安局

    政府通信保安局から見た盗聴盗聴

    GCSBはSIGINT、なかんずく通信傍受を行う組織である。UKUSAの一員としてNSAやGCHQと連携して活動する。また、政府の通信の保護とサイバー・プロテクションはGCSBの責任である。関連技術の研究も行う。政府通信保安局 フレッシュアイペディアより)

  • マット・ブレイズ

    マット・ブレイズから見た盗聴盗聴

    1993年、ブレイズは、ジョン・イオアニダス(John Ioannidis)と共に、IPsecの1つの先駆けとなる("swIPe")プロトコルについての論文を書いている。1994年、クリッパーチップの盗聴メカニズムを回避する手法を発見し、米国政府が率先して支援したこのクリッパーチップ構想を死に追いやった。2003年、彼は独自に、鍵破り(locksmiths)における公然の秘密であった、物理的ロックの「マスターキー」("master key")に関するセキュリティ上の深刻な脆弱性を再発見したが、それをフルディスクロージャするという決断が物議をかもすこととなった。マット・ブレイズ フレッシュアイペディアより)

189件中 21 - 30件表示

「盗聴」のニューストピックワード