272件中 31 - 40件表示
  • クリストファー・コーク

    クリストファー・コークから見た盗聴盗聴

    2009年9月、アメリカ合衆国連邦政府(米政府)は合衆国内でのコークの麻薬取引容疑と武器取引容疑でジャマイカ政府に身柄引渡しを要求した。しかし、JLP党首でもあるブルース・ゴールディング首相は捜査段階におけるアメリカ国家安全保障局 (NSA) の違法盗聴を理由にこれを拒否したため、両国間の緊張が高まった。クリストファー・コーク フレッシュアイペディアより)

  • マット・ブレイズ

    マット・ブレイズから見た盗聴盗聴

    1993年、ブレイズは、ジョン・イオアニダス(John Ioannidis)と共に、IPsecの1つの先駆けとなる("swIPe")プロトコルについての論文を書いている。1994年、クリッパーチップの盗聴メカニズムを回避する手法を発見し、米国政府が率先して支援したこのクリッパーチップ構想を死に追いやった。2003年、彼は独自に、鍵破り(locksmiths)における公然の秘密であった、物理的ロックの「マスターキー」("master key")に関するセキュリティ上の深刻な脆弱性を再発見したが、それを包み隠さず情報公開するという決断が物議をかもすこととなった。マット・ブレイズ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ヘンリー・ヴァンダービルト3世

    ウィリアム・ヘンリー・ヴァンダービルト3世から見た盗聴盗聴

    彼は共和党員であった。1928年、共和党全国大会のロードアイランド州代表となり、同年州議会議員に選出され、1929年から1935年の6年間就任し、その後は病気の妻アン・ゴードン・コルビーのため休職。彼女の体調の好転後、1938年ロードアイランド州知事に立候補し当選。1939年1月から1941年1月までの1期を務めた。しかし共和党の後援を拒否したことと、彼が選挙違反の調査のため雇った私立探偵による盗聴スキャンダルにより1940年の再選を逃した。ウィリアム・ヘンリー・ヴァンダービルト3世 フレッシュアイペディアより)

  • シーウルフ (SSN-575)

    シーウルフ (SSN-575)から見た盗聴盗聴

    1981年、オホーツク海の海底ケーブル盗聴任務遂行中に、荒天のため船体と機関に損傷を被り、1983年に修理を完了するがもはや高リスク任務には堪えないものとして、特殊任務に投入されることはなかった。シーウルフ (SSN-575) フレッシュアイペディアより)

  • ただいま勉強中

    ただいま勉強中から見た盗聴盗聴

    理事長室に盗聴器を仕込んだり、試験の結果をトトカルチョのネタにするなど問題の多い教師が多い。ただいま勉強中 フレッシュアイペディアより)

  • International Mobile Subscriber Identity

    International Mobile Subscriber Identityから見た盗聴盗聴

    International Mobile Subscriber Identity(IMSI、「イムズィ」と発音)は、GSMおよびW-CDMAの全ての携帯電話ユーザーに割り当てられている一意な識別番号。携帯電話内のSIMカードに格納されており、その電話からネットワークに送信される。Home Location Register (HLR) やそのローカルなコピーである Visitor Location Register (VLR) から、その携帯電話に関する詳細を引き出すのにも使われる。盗聴者が電波から誰の通話かを特定できないようにするため、IMSIは滅多に送信されることはなく、その代わりにランダムに生成されるが送信される。International Mobile Subscriber Identity フレッシュアイペディアより)

  • 戦線スパイクヒルズ

    戦線スパイクヒルズから見た盗聴盗聴

    ラブホテル「ニューちさと」を運営している、スリも盗聴も超一流のすごいお婆さん。ひょんとな事からノブオと知り合う。計画のことを知り、ノブオ達に協力する。子供の時に両親を戦災で亡くし、預けられた親族からは冷遇された事もあったため、離縁した後に、スリ、売春や賭博行為などをしていた。暗い過去を持つ。戦線スパイクヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • イラク憲法

    イラク憲法から見た盗聴盗聴

    通信、信書、電信、電子メール、電話やその他の通信手段の自由は、保障される。そして、これらの通信は司法による決定によるものを除いて傍受されないし、盗聴されないし、無断で開示されたりしない。イラク憲法 フレッシュアイペディアより)

  • イノセント (小説)

    イノセント (小説)から見た盗聴盗聴

    東西冷戦による緊迫感が増してきた1955年、まだ恋も知らないうぶな25歳の青年である、イギリス逓信省の技官レナード・マーナムは、ベルリン勤務を命じられた。西側から東側にトンネルを掘ってソ連基地の通信を盗聴する「黄金作戦」に参加するためである。イノセント (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 密会 (安部公房)

    密会 (安部公房)から見た盗聴盗聴

    『密会』は、『箱男』から約4年半後に発表された長編であるが、その前作の複雑な作品構造や小説空間と比較されて論究される面があり、『箱男』が「覗き屋の小説」であるなら、『密会』が「盗聴者の小説」であるとみなされることもある。密会 (安部公房) フレッシュアイペディアより)

272件中 31 - 40件表示

「盗聴」のニューストピックワード

  • ファーウェイ(華為技術)ってスパイ企業なんですか?

  • 日本のファーウェイ排除に強く反対…中日経済協力のためにならない

  • 万引き絶叫女