189件中 41 - 50件表示
  • ハリバット (原子力潜水艦)

    ハリバット (原子力潜水艦)から見た盗聴盗聴

    カムチャツカ半島からオホーツク海を経てソ連本国へつながる通信回線の盗聴(オペレーション・アイヴィー・ベル)。ハリバット (原子力潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • シーウルフ (SSN-575)

    シーウルフ (SSN-575)から見た盗聴盗聴

    1981年、オホーツク海の海底ケーブル盗聴任務遂行中に、荒天のため船体と機関に損傷を被り、1983年に修理を完了するがもはや高リスク任務には堪えないものとして、特殊任務に投入されることはなかった。シーウルフ (SSN-575) フレッシュアイペディアより)

  • リアル・フィクション

    リアル・フィクションから見た盗聴盗聴

    <私>(チュ・ジンモ)は、マロニエ公園で、近くの電話ボックスを盗聴しながら肖像画を描いている。描いた絵を下手だとののしられても、その絵を破られても、チンピラに売上げを横取りされて殴られても、感情を抑え込んで、文句ひとつ言わずに静かにそこに座っている画家である。ある日、「私」の前に現れた少女(キム・ジナ)に連れられて雑居ビルの一室に入って行くと、そこには舞台があり、激しい感情を吐露する<もう一人の私>である俳優(ソン・ミンソク)が立っており、<私>を殴りつけ、<私>にピストルを持たせて、「撃て」と言い始めた。リアル・フィクション フレッシュアイペディアより)

  • イェディオト・アハロノト

    イェディオト・アハロノトから見た盗聴盗聴

    1948年、当時この新聞の主筆だったアズリエル・カルレバッハが多数のジャーナリストや編集者を率いて『マアリヴ』紙を創刊した。カルレバッハの後任はヘルツル・ローゼンブルームだった。以来、『イェディオト・アハロノト』と『マアリヴ』は売上や社会的評価を未だに競い合っている。1990年代には、双方の新聞社が相手方の会社に盗聴器を仕掛けていたことまで露見した。イェディオト・アハロノト フレッシュアイペディアより)

  • ゲオルク・レーバー

    ゲオルク・レーバーから見た盗聴盗聴

    1978年、連邦軍の防諜課が彼の女性秘書を東ドイツ国家保安省の協力者と疑い、その自宅を許可なく盗聴していたことが発覚。レーバー自身は関与していなかったが、シュミット首相の反対にもかかわらず2月16日に責任を取って国防相を辞任した。のちにこの秘書は無実であると判明した。この事件は雑誌による暴露で発覚したもので、同時に西ドイツ共産主義者連盟に対する盗聴も報じられたが、これについては彼は沈黙した(関与していなかったとも、また合法と思っていたともいう)。のちにこれは違法であると判断されている。なおレーバーは1969年に自分の選挙区の選対事務局長ギュンター・ギヨームを首相府スタッフに推薦し、ギヨームはのちにブラント首相の個人秘書になるが、実は東ドイツの送り込んだスパイであることが判明し、ブラントが辞任する事件に発展している(ギヨーム事件)。この事件はそうした世相の中で起こったものであった。ゲオルク・レーバー フレッシュアイペディアより)

  • 1997年ヨーロッパグランプリ

    1997年ヨーロッパグランプリから見た盗聴盗聴

    この談合疑惑は「ヘレスゲート」と呼ばれることになる。当時のピット無線は原則非公開であり、何者かに盗聴されていたものとみられる。世界モータースポーツ評議会はシューマッハの裁定と同日にこの議題を討議した結果、「ヨーロッパGPの結果を操作するような合意がなかったことを証明した」として両チームを不問にした。1997年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 防犯装備

    防犯装備から見た盗聴盗聴

    この他にも犯罪を未然に防ぐ防犯と言う意味で、犯罪行為に使われかねない危険な物品の有無を探査する金属探知機や、盗聴探知機(→盗聴・フォックスハンティング参照)などの器具もあり、護身術(セルフディフェンス)の範疇では米国などでは銃などの積極的な攻撃用の武器が、日本では実質的な武器は過剰防衛にもみなされることから非殺傷性で犯罪者から逃れるのを助ける道具が利用されるが、より広義には警備用などで用いられる各種機器が「防犯装備」の範疇に含まれる。防犯装備 フレッシュアイペディアより)

  • イーディ・ブリット

    イーディ・ブリットから見た盗聴器盗聴

    しかしカールはスーザンへの気持ちから、スーザンと関係したうえ勝手に離別。スーザンが原因と知らず、落ち込むイーディはスーザンに励まされ彼女に感謝する。しかしスーザンの送る気のなかった懺悔と告白の手紙が、手違いで届き、憤激したイーディはスーザンの家を燃やしてしまう。イーディの仕業と知ったスーザンは証拠を入手しようと盗聴器で発言を取るが、これに気付いたイーディは盗聴器を奪おうとしてもみ合いになり、蜂の巣に当たって蜂の集中攻撃を浴び入院。見舞いにきたスーザンに怒りをあらわにし、退院したら破滅させてやると宣告する。イーディ・ブリット フレッシュアイペディアより)

  • 宮本顕治宅盗聴事件

    宮本顕治宅盗聴事件から見た盗聴盗聴

    宮本顕治宅盗聴事件(みやもとけんじたくとうちょうじけん)とは、日本共産党委員長であった宮本顕治宅の電話が盗聴されていた事件。宮本顕治宅盗聴事件 フレッシュアイペディアより)

  • 法定損害賠償

    法定損害賠償から見た盗聴盗聴

    (Electronic Communications Privacy Act, 「電気通信プライバシー保護法」とも)では、各種の盗聴の罪が認められた場合、侵害発生日数に対し1日あたり100ドル、ただし10,000ドルを超えない額の法定損害賠償を規定している。法定損害賠償 フレッシュアイペディアより)

189件中 41 - 50件表示