189件中 51 - 60件表示
  • パンツを脱いだサル

    パンツを脱いだサルから見た盗聴盗聴

    911事件直前に欧州各国が英米の盗聴を非難していたことが、第三章に書かれる。パンツを脱いだサル フレッシュアイペディアより)

  • ももえん。

    ももえん。から見た盗聴盗聴

    男性。校医。10前に幼い凛を見てからのストーカー。盗撮や盗聴は、やり飽きているのでやらないらしい。ももえん。 フレッシュアイペディアより)

  • 犯罪捜査のための通信傍受に関する法律

    犯罪捜査のための通信傍受に関する法律から見た盗聴盗聴

    なお、電気通信によらない口頭での会話の傍受は、通信の秘密を侵さないので傍受自体に違法性はない。ただし、盗聴器等の設置手段等が犯罪となることもある。犯罪捜査のための通信傍受に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川清

    長谷川清から見た盗聴盗聴

    大正6年から15年まで途中1年間帰国した以外は、アメリカでの出張在勤が続く。この間アメリカの対日感情は漸次悪化しつつあり、黄禍論も高まりを見せた。海軍武官府では盗聴を危惧する声も存在したが、長谷川は海軍駐在武官府庁舎内での日本語使用を一切禁じ、英語のみで会話するよう海軍スタッフに命じ、自ら何ら後ろ暗さが無い事を表明した。因みに、長谷川の後任として海軍駐米武官となったのが山本五十六であり、任務引継ぎを機に山本と親交を深める事になり、対米重視の立場を鮮明化させた。長谷川清 フレッシュアイペディアより)

  • FTPS

    FTPSから見た盗聴盗聴

    FTPの認証で送信されるユーザ名とパスワードの電文は、暗号化されていない状態(クリアテキスト)であるため、第三者に盗聴・侵入される危険性がある。FTPSはその危険性を回避するために制定された。FTPS フレッシュアイペディアより)

  • 陰謀

    陰謀から見た盗聴盗聴

    また、現代では多くの国家がそれぞれ情報機関を抱えており、相当の予算が組まれ数千人?数万人規模の職員がおり、そこでは日夜 職務として、一般には公開しない計画(とても公開できないような計画。盗聴や買収による情報入手、破壊工作、市民の拉致や要人の誘拐、暗殺まで含む)を練り、それを実行に移しているが、一般に人々は自分が属さない国(外国)の諜報機関が練っている計画や行動に関しては、好ましくないものと感じているので、それらの計画や行動は「陰謀」と呼ばれることがある。例えば、アメリカ合衆国の市民から見れば、ロシア対外情報庁(かつてならばKGB)の職員による計画・戦略などは「陰謀」と見なされることがあるわけであるし、反対にロシアの市民や中華人民共和国の市民から見れば、アメリカ合衆国のCIAの職員による計画・戦略などは「陰謀」と見なされることがある。陰謀 フレッシュアイペディアより)

  • ケルベロス認証

    ケルベロス認証から見た盗聴盗聴

    1980年代のマサチューセッツ工科大学 (MIT) にて研究プロジェクトとして始まった。MITのAthenaプロジェクトでは開始当初からクライアントサーバモデルを想定して設計されており、そのネットワーク認証のためにKerberosプロトコルが開発された。この認証システムは、経路上での盗聴を防ぐために、認証サーバとその他のコンピュータとの間の認証のやりとりを暗号化している。ケルベロス認証 フレッシュアイペディアより)

  • キングII作戦

    キングII作戦から見た通信傍受盗聴

    ニミッツは太平洋艦隊司令部と同じ敷地にある情報部門のウルトラや通信傍受の解析結果から毎日日本軍の動向について報告を受け、それを元に前線の第3艦隊などに指示を出していた。この情報は本作戦でも、有用な結果をもたらすこともあれば、誤った方向に推測を導く事もあった。キングII作戦 フレッシュアイペディアより)

  • ニューズ・インターナショナル電話盗聴スキャンダル

    ニューズ・インターナショナル電話盗聴スキャンダルから見た盗聴盗聴

    ニューズ・インターナショナル電話盗聴スキャンダル(ニューズ・インターナショナルでんわとうちょうスキャンダル、News International phone hacking scandal)は、ニューズ・コーポレーションの子会社であるイギリスのニューズ・インターナショナルによる盗聴行為、またそれに関連する一連の不祥事である。ニューズ・インターナショナル電話盗聴スキャンダル フレッシュアイペディアより)

  • 平文

    平文から見た盗聴盗聴

    パスワードやクレジットカード番号、個人情報などの秘匿することが重要な情報をインターネットなどのネットワーク経由で送信する場合、スニファといったツールによる盗聴のおそれがあるため、秘匿が必要なデータは平文のままで送信してはいけない。これはコンピュータセキュリティの基本である。平文 フレッシュアイペディアより)

189件中 51 - 60件表示

「盗聴」のニューストピックワード