272件中 51 - 60件表示
  • サロン・キティ

    サロン・キティから見た盗聴盗聴

    シェレンベルクはキティ・シュミットに面会し、サロン・キティをSDに使わせてナチ党の諜報活動に協力するか、SDへの協力を拒否して強制収容所へ送られるかの二者択一を迫った。SDはサロン・キティを「改装」の名目で一時閉店し、その間に大量の盗聴用マイクロフォンを全館に仕掛けた。マイクからの送信線は地下室に引き込まれ、そこから顧客たちの話の傍受・監視を行うテーブルや録音用機器などが備えられた部屋へと続いていた。サロン・キティ フレッシュアイペディアより)

  • NMT

    NMTから見た盗聴盗聴

    初期の規格では音声の暗号化方式が定められていなかった。そのため、受信機の受信周波数から電気通信役務に使用している周波数を削除する法規制が行われた。しかし、削除されていない受信機の入手が容易であり、傍聴を防ぐ有効な対策ではなかった。後に、音声の暗号化方式として可聴周波数2分割反転方式が標準として定められ、対応した端末間で使用できるようになった。NMT フレッシュアイペディアより)

  • ゲオルク・レーバー

    ゲオルク・レーバーから見た盗聴盗聴

    1978年、連邦軍の防諜課が彼の女性秘書を東ドイツ国家保安省の協力者と疑い、その自宅を許可なく盗聴していたことが発覚。レーバー自身は関与していなかったが、シュミット首相の反対にもかかわらず2月16日に責任を取って国防相を辞任した。のちにこの秘書は無実であると判明した。この事件は雑誌による暴露で発覚したもので、同時に西ドイツ共産主義者連盟に対する盗聴も報じられたが、これについては彼は沈黙した(関与していなかったとも、また合法と思っていたともいう)。のちにこれは違法であると判断されている。なおレーバーは1969年に自分の選挙区の選対事務局長ギュンター・ギヨームを首相府スタッフに推薦し、ギヨームはのちにブラント首相の個人秘書になるが、実は東ドイツの送り込んだスパイであることが判明し、ブラントが辞任する事件に発展している(ギヨーム事件)。この事件はそうした世相の中で起こったものであった。ゲオルク・レーバー フレッシュアイペディアより)

  • キングII作戦

    キングII作戦から見た通信傍受盗聴

    ニミッツは太平洋艦隊司令部と同じ敷地にある情報部門のウルトラや通信傍受の解析結果から毎日日本軍の動向について報告を受け、それを元に前線の第3艦隊などに指示を出していた。この情報は本作戦でも、有用な結果をもたらすこともあれば、誤った方向に推測を導く事もあった。キングII作戦 フレッシュアイペディアより)

  • 防犯装備

    防犯装備から見た盗聴盗聴

    この他にも犯罪を未然に防ぐ防犯と言う意味で、犯罪行為に使われかねない危険な物品の有無を探査する金属探知機やミリ波パッシブ撮像装置や後方散乱X線検査装置、盗聴探知機(→盗聴・フォックスハンティング参照)などの器具もあり、護身術(セルフディフェンス)の範疇では米国などでは銃などの積極的な攻撃用の武器が、日本では実質的な武器は過剰防衛にもみなされることから非殺傷性で犯罪者から逃れるのを助ける道具が利用されるが、より広義には警備用などで用いられる各種機器が「防犯装備」の範疇に含まれる。防犯装備 フレッシュアイペディアより)

  • テイタン

    テイタンから見た盗聴盗聴

    所在調査・行方調査・素行調査・結婚調査・不倫調査・浮気調査・裁判資料、証拠、その他各種情報収集・損保・債権管理等に係わる実態調査サポート・行動、所在等の確認調査・新規取引・人事・採用・市場調査・盗聴、盗撮機発見調査・ストーカー対策・その他調査全般。テイタン フレッシュアイペディアより)

  • 中間者攻撃

    中間者攻撃から見た盗聴盗聴

    暗号理論において、中間者攻撃 (ちゅうかんしゃこうげき、man-in-the-middle attack、MITM と略記されることもある) またはバケツリレー攻撃(バケツリレーこうげき、bucket-brigade attack)は、能動的な盗聴の方法である。中間者攻撃では、攻撃者が犠牲者と独立した通信経路を確立し、犠牲者間のメッセージを中継し、実際には全ての会話が攻撃者によって制御されているときに、犠牲者にはプライベートな接続で直接対話していると思わせる。攻撃者は2人の犠牲者の間で交わされている全てのメッセージを横取りし、間に別のメッセージを差し挟む。これは多くの状況で容易なものである。(例えば、公開された無線アクセスポイントの所有者は、ユーザへの中間者攻撃を実行することが、本質的に可能である。)中間者攻撃 フレッシュアイペディアより)

  • KH-9

    KH-9から見た通信傍受盗聴

    打ち上げ番号1203、1207、1208、1209、及び、1212 から 1219 にかけてのミッションでは、フェレットという電子諜報用のサブ衛星を伴って打ち上げられていた。これらのピギーバック衛星として打ち上げられた小型衛星は、より高高度を飛ぶ軌道に投入され、ソビエト連邦の防空網を構成するレーダーサイトをカタログに起こすこと、音声を通信傍受すること、ミサイルと衛星のテレメトリをテープに記録することを目的としていた。打ち上げ番号1210 から 1212までのミッションでも、他と同様に科学調査目的のサブ衛星も一緒に打ち上げられた。KH-9 フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・ホア

    ショーン・ホアから見た盗聴盗聴

    2010年、同紙の元編集長アンディ・コールソンから留守番電話の盗聴を命令されたとニューヨーク・タイムズに暴露した。ショーン・ホア フレッシュアイペディアより)

  • 専用線

    専用線から見た盗聴盗聴

    公衆網と比較して、情報漏洩・盗聴・改竄の可能性が低い。専用線 フレッシュアイペディアより)

272件中 51 - 60件表示

「盗聴」のニューストピックワード