189件中 71 - 80件表示
  • リベラシオン

    リベラシオンから見た盗聴盗聴

    リベラシオンは革新的な編集路線を明確に自認し、通常は、人種差別反対主義、フェミニズム、労働者の権利を支持している。どの政党にも属してはいないが、その理論的根源が1968年にフランスで起きた五月革命にあるため、左翼的傾向にある。共同創設者であり元編集長でもあるセルジュ・ジュリーによれば、リベラシオンは活動家の新聞ではあるが、いかなる特定政党をも支持せず、反権力の動きをとり、一般に右翼政権とも左翼政権とも関係は良くないという。リベラシオンの社説ページ(rebonds)は、多方面からの政治的見解を展開する。リベラシオンのうたう独立性、反権力傾向の例を挙げると、1993年にリベラシオンは、社会党の元大統領フランソワ・ミッテランの違法な盗聴計画をリークしている。リベラシオン フレッシュアイペディアより)

  • イラク憲法

    イラク憲法から見た盗聴盗聴

    通信、信書、電信、電子メール、電話やその他の通信手段の自由は、保障される。そして、これらの通信は司法による決定によるものを除いて傍受されないし、盗聴されないし、無断で開示されたりしない。イラク憲法 フレッシュアイペディアより)

  • 田尾健二郎

    田尾健二郎から見た盗聴盗聴

    1997年当時、通信傍受法案(盗聴法案)が与党内で協議中であった。同年10月2日付『朝日新聞』読者欄に、寺西和史判事補(当時、旭川地方裁判所)の投書「信頼できない盗聴令状審査」が掲載された。内容は、裁判官による令状審査は「ほとんど、検察官、警察官の言いなりに発付されているというのが現実」であり、令状審査は盗聴の乱用の歯止めにはならないというものだった。田尾健二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 悪魔の契約にサイン

    悪魔の契約にサインから見た盗聴器盗聴

    ヨネスケの突撃!隣の盗聴器、発見できなければノーギャラ。悪魔の契約にサイン フレッシュアイペディアより)

  • 捜査官ジーナ

    捜査官ジーナから見た盗聴盗聴

    事件現場に男がいたという目撃証言が得られ、その男の似顔絵を世間に公表したところ、昔行方不明になった息子と仲良くしていた男にそっくりだと名乗る夫妻が現れた。男の名はカイル・ティムラー。証拠を掴む為、ジーナは自身に盗聴器を仕掛け、おとり捜査を開始する。彼女の演技も功を奏し、カイルは徐々に心を開き事件の真相を打ち明け始めるが、同時に彼女もまた自身の暗い過去をさらけ出してしまう。捜査官ジーナ フレッシュアイペディアより)

  • クリストファー・コーク

    クリストファー・コークから見た盗聴盗聴

    2009年9月、アメリカ合衆国連邦政府(米政府)は合衆国内でのコークの麻薬取引容疑と武器取引容疑でジャマイカ政府に身柄引渡しを要求した。しかし、JLP党首でもあるブルース・ゴールディング首相は捜査段階におけるアメリカ国家安全保障局 (NSA) の違法盗聴を理由にこれを拒否したため、両国間の緊張が高まった。クリストファー・コーク フレッシュアイペディアより)

  • ダブルスピーク

    ダブルスピークから見た盗聴盗聴

    政府機関や官僚によるダブルスピークは、ネガティブな事象を表現したりネガティブな側面のある政策を実施する際に特に多い。人々の反発を回避するために、負担増を招く政策や法律は負担増を意識させない名前がつけられる。戦争を行う場合も多くのダブルスピークが使われる。アメリカのアフガニスタン侵攻作戦には「無限の正義」「不朽の自由」という名がつけられて戦争目的の崇高化が図られ、テロを口実に国民に対する強大な捜査権限を認めさせた「テロリズムを摘発し阻止するため適切な手段を提供し、アメリカを団結させ強化する法律」を「愛国者法」と呼び、アメリカ・イギリスによる中東や南米でのさまざまな軍事作戦や出費や犠牲は、「テロとの戦い(対テロ戦争)」「麻薬との戦い」「抑圧からの解放」(これはグリーンベレーの標語でもある)などの名で国民や世界に是認されようと意図されている。日本でも盗聴許可法が「通信傍受法」として通用している、日本経団連がホワイトカラーエグゼンプションを「家庭団らん法」と呼ぼうとしているなどの例がある。ダブルスピーク フレッシュアイペディアより)

  • 不法無線局

    不法無線局から見た盗聴盗聴

    無線式盗聴器(用途を問わず、大出力の物は電波法に抵触する可能性が高い。)、不法無線局 フレッシュアイペディアより)

  • テレスクリーン

    テレスクリーンから見た盗聴盗聴

    登場人物の一人で党内局員のオブライエンは、テレスクリーンを消す特権を持っていると主人公で党外局員のウィンストン・スミスに語り、実際に消して見せた。しかしこれは嘘である可能性もある。物語後半でウィンストンとジュリアが「愛情省」へ連行された時に、テレスクリーンを消していたはずの時間に交わした会話が再生されたことから、スクリーンから映像と音声が消えた後も盗聴装置として機能していた可能性もある。テレスクリーン フレッシュアイペディアより)

  • Focus (映画)

    Focus (映画)から見た盗聴器盗聴

    テレビのディレクター岩井は、盗聴マニアの青年、金村の取材を開始する。彼らは盗聴器を搭載した金村の車に乗り、街を走っていたが、たまたま暴力団の拳銃の受け渡しの電話の声をとらえてしまう。Focus (映画) フレッシュアイペディアより)

189件中 71 - 80件表示

「盗聴」のニューストピックワード