272件中 81 - 90件表示
  • エリオット・ネス

    エリオット・ネスから見た盗聴盗聴

    シカゴ役人ならではの綱紀の緩みのなかで、ネスは酒類取締局の全職員の記録を調べ、信頼に足るチームを作った。当初は50名あったものが、のちに15名、最後には11名に選りすぐられた。違法な蒸留酒製造所や醸造所への手入れが直ちに開始された。6ヶ月のうちに、価値にして100万ドル相当の醸造所を摘発したとネスは主張した。手入れにあたり、主に情報源となったのは広範囲にわたる電話盗聴だった。ネスの部下を買収しようとしたカポネの試みは、ネスに阻まれたうえ公にされ、メディアは彼らに「アンタッチャブル」(手出し出来ない奴ら)という渾名をつけるに至った。ネスは何度か命を狙われ、彼の親友が一人命を落としている。なおカポネとの戦いについては、あくまで彼の自伝にもとづくもので、裏付けがある訳ではない。エリオット・ネス フレッシュアイペディアより)

  • ラジオライフDX

    ラジオライフDXから見た盗聴盗聴

    1980年4月に創刊した『ラジオライフ』は、警察無線の受信や偽造テレカ、盗聴に至るまで、決して他では知ることのできない情報を紹介し続け、電波系マニアはもちろんのこと、電波系=機械いじりが好きで好奇心旺盛な読者が多いということから、ハード系マニアにも支持され続けてきた。しかし昨今の『ラジオライフ』は電波系の記事も少なく、当時の読者から「誰もが読んだ!!懐かしのラジオライフ復活」を望む声を多くなり、2011年12月19日に、受信、無線という「電波」関係に特化した『ラジオライフDX』を季刊誌として創刊した。ラジオライフDX フレッシュアイペディアより)

  • レフ・テルミン

    レフ・テルミンから見た盗聴盗聴

    1938年にソ連に戻るが、当時はどのような状況で帰国したかが謎であり、ホームシックからの帰国とする説と、ソ連政府による誘拐とする説の両方が唱えられた。ラヴィニア夫人は後者の説を信じており、後年になって実際にテルミンがKGBのスパイによって拉致され、祖国に送還されていたとの事実が明るみに出た。(テルミン本人は「戦争間近だった祖国に戻り、自らの科学技術で役に立ちたいと訴えており、1938年にその願いがかなって密かにソ連船でニューヨークを離れた。妻のラヴィニアも同行させたかったが、妻は数週間後に来るといい含められ、一人で故国へ向かった」と1989年に発言している)ソ連に着いてしばらくはレニングラード内では自由に行動できたが、1938年3月、滞在中のホテルで「反革命組織への参加」の罪で逮捕された。ブトイルカ収容所(en)に投獄され、その後シベリアの金山コルイーマで強制労働に就いていた。西側ではテルミン処刑のうわさが広く出回ったにもかかわらず、実は数ヶ月で強制労働の免除の後、科学者や技術者が研究開発に使役される特殊収容所内でアンドレーイ・トゥーポレフやセルゲイ・コロリョフらの科学者や技師とともに、数々の研究開発(爆撃機や盗聴装置の開発)を命ぜられていたのである。レフ・テルミン フレッシュアイペディアより)

  • のぞき屋

    のぞき屋から見た盗聴盗聴

    主人公。幾多の事件を、その眼で覗いてきた「のぞき」のプロ。盗聴やピッキングなど、裏社会のあらゆる技術にも精通している。左眼はブ厚いコンタクトレンズで濁っており、その眼で「心の奥」まで覗き込む。のぞき屋 フレッシュアイペディアより)

  • さんま・福澤のホンマでっか!?ニュース

    さんま・福澤のホンマでっか!?ニュースから見た盗聴盗聴

    携帯電話の通話の盗聴は国家単位のテロ対策?さんま・福澤のホンマでっか!?ニュース フレッシュアイペディアより)

  • 光通信

    光通信から見た盗聴盗聴

    傍聴されにくく、通信の秘密保持が容易である。光通信 フレッシュアイペディアより)

  • 通信傍受

    通信傍受から見た盗聴盗聴

    通信傍受 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川清

    長谷川清から見た盗聴盗聴

    大正6年から15年まで途中1年間帰国した以外は、アメリカでの出張在勤が続く。この間アメリカの対日感情は漸次悪化しつつあり、黄禍論も高まりを見せた。海軍武官府では盗聴を危惧する声も存在したが、長谷川は海軍駐在武官府庁舎内での日本語使用を一切禁じ、英語のみで会話するよう海軍スタッフに命じ、自ら何ら後ろ暗さが無い事を表明した。ちなみに、長谷川の後任として海軍駐米武官となったのが山本五十六であり、任務引継ぎを機に山本と親交を深める事になり、対米重視の立場を鮮明化させた。長谷川清 フレッシュアイペディアより)

  • E.B.E (X-ファイルのエピソード)

    E.B.E (X-ファイルのエピソード)から見た盗聴器盗聴

    ワシントンD.C.に戻った2人は政府の陰謀を暴くために活動しているローン・ガンメンの3人に会いに行く。3人はモルダーの協力者でもあった。その後、2人はFBIに戻った。しばらくして、スカリーは精算所で貸したペンが盗聴器付きのペンにすり替えられていたことに気が付く。これを受けて、モルダーはディープ・スロートに会いに行った。ディープ・スロートはモルダーにイラク空軍の通信の傍受記録を手渡す。そこには、UFO撃墜時の状況が書かれていた。その頃、スカリーはランハイムの一件の調査を続け、ランハイムのトラックの重量が通常より2000ポンドも重かったことと、ランハイムの本名がフランク・ドルースであることを知った。E.B.E (X-ファイルのエピソード) フレッシュアイペディアより)

  • サント・トラフィカンテ

    サント・トラフィカンテから見た盗聴器盗聴

    トラフィカンテはマフィアのボスの中でも最も用心深い人物だった。ニューオーリンズでカルロス・マルセロの会議室に行った時も、マルセロは安心して良いと言ったが、用心してお互いの耳元でささやきながら話を進めたという。実際その会議室にはFBIの盗聴器が仕掛けられていたという。サント・トラフィカンテ フレッシュアイペディアより)

272件中 81 - 90件表示

「盗聴」のニューストピックワード

  • セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん

  • 手掛ける港運業者

  • 再来年には60周年を迎える伝統と歴史ある当クラブ。一生懸命に会長の職を務めていきたい