1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
89件中 81 - 89件表示
  • 盗聴

    盗聴から見たサイエンス・フィクション

    電話交換機は電話回線局の構内にあって警備されているため、こういった操作を行える者は逆に限られてしまう。日本では戦前の二・二六事件の前後に、事件関係者(当時の陸軍皇道派につながるとされた者)に対して、東京憲兵隊や陸軍省軍務局、事件発生後は戒厳司令部が当時の逓信省の協力を得て電話局で電話の傍受・盗聴をおこなっていたことが戦後明らかになっている。この行為は戦前においても憲法に定められた「信書の秘密の不可侵」を破るものであった。戦後の日本ではこういった盗聴事件の報告はない。しかし現在では携帯電話のローミングサービスなど電話回線の一部がインターネットと同じ通信インフラに依存していることなどを加味すると、この通信経路のハードウェアに細工するなどして、通信に分岐を設けることは不可能ではない。サイエンス・フィクションの分野ではあるが、そういった通信経路に於ける傍聴といったアイデアもしばしば登場している。盗聴 フレッシュアイペディアより)

  • 盗聴

    盗聴から見たストーカー規制法

    盗聴の対象に対する付きまとい行為を行った場合(ストーカー規制法違反)盗聴 フレッシュアイペディアより)

  • 盗聴

    盗聴から見たなぞなぞ

    こういった実際とはちがうダミー情報の流布は、盗聴側に対する牽制や無駄な動きを強いることにも繋がり、盗聴を逆に利用した「攻撃」だということもできる。また通信自体を雑情報に紛れ込ませることで、情報価値を損なわせることも出来る。例えば子供のなぞなぞ遊びにある「たぬき」はその好例である。「たぬき:あたす、じゅたうよたじにえたきまえ」と言う文では、そのまま聞いたら意味不明だが、「た」を抜く(た抜き)することで「明日、14時に駅前」となるのである。諜報合戦では、しばしばこれに似た騙しあいのケースが存在した。盗聴 フレッシュアイペディアより)

  • 盗聴

    盗聴から見た戦略

    盗聴は、盗聴されている側が気付かずに重要な話を盗み聞かれた場合には、非常な痛手となるが、逆に盗聴を被っている側が盗聴されていることに気づいている場合には、「意図して偽情報を盗聴させる」ことで欺くことも可能である。この「偽情報」は第二次世界大戦の頃より通信が戦術や戦略の上で重要な役割を果たすようになると、意図してダミー情報を流布させる場合もあった。盗聴 フレッシュアイペディアより)

  • 盗聴

    盗聴から見た有線通信

    有線通信は一般的に有線が一部または全部に使用されており、合理的一般人の見地からは会話の内容が他者に聞かれないとする主観的期待が生ずる。また有線通信の内容は電気通信事業者により管理され、傍受をするには特別な技術を要するし、有線通信は通常日常的にプライベートな会話を行うものであるので、一般的にプライバシーの客観的期待も及ぶ。この場合プライバシーの主観的・客観的期待を満たすことができるので、原則として有線電話はプライバシー権の保護の範囲内とされ、傍受は一般的意義での盗聴となりえる(違法かどうかは別に判断を要する)。盗聴 フレッシュアイペディアより)

  • 盗聴

    盗聴から見たプライバシー

    家庭内の不義調査から企業内の動向調査・国家間の諜報合戦に到るまで多岐に及ぶ(ソ連時代、在モスクワの外国公館全てに盗聴器が仕掛けられていると考えられていた)が、往々にしてプライバシー侵害に基づく人権蹂躙、または国家規模の諜報合戦においては国家の威信に関わる重大事に発展する事もある。反面、事件究明におけるこれら盗聴では、組織・団体に対する内偵手法として用いられ、疑獄の真相にたどり着く事もある。盗聴 フレッシュアイペディアより)

  • 盗聴

    盗聴から見たエンコード

    この他、可逆圧縮など符号化による暗号を用いた通信も有効である。平壌放送の乱数放送も、読解用の乱数表が無ければ文字の組み合わせが膨大でもあるため、傍聴は短波ラジオさえあれば誰にでも可能だが、その内容解読が困難に成る。(→暗号史)盗聴 フレッシュアイペディアより)

  • 盗聴

    盗聴から見たソビエト連邦

    家庭内の不義調査から企業内の動向調査・国家間の諜報合戦に到るまで多岐に及ぶ(ソ連時代、在モスクワの外国公館全てに盗聴器が仕掛けられていると考えられていた)が、往々にしてプライバシー侵害に基づく人権蹂躙、または国家規模の諜報合戦においては国家の威信に関わる重大事に発展する事もある。反面、事件究明におけるこれら盗聴では、組織・団体に対する内偵手法として用いられ、疑獄の真相にたどり着く事もある。盗聴 フレッシュアイペディアより)

  • 盗聴

    盗聴から見た人権

    家庭内の不義調査から企業内の動向調査・国家間の諜報合戦に到るまで多岐に及ぶ(ソ連時代、在モスクワの外国公館全てに盗聴器が仕掛けられていると考えられていた)が、往々にしてプライバシー侵害に基づく人権蹂躙、または国家規模の諜報合戦においては国家の威信に関わる重大事に発展する事もある。反面、事件究明におけるこれら盗聴では、組織・団体に対する内偵手法として用いられ、疑獄の真相にたどり着く事もある。盗聴 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
89件中 81 - 89件表示

「盗聴」のニューストピックワード