25件中 11 - 20件表示
  • アジア経済文化振興会

    アジア経済文化振興会から見た直嶋正行直嶋正行

    この開幕式及び開会式には,日本側より,直嶋正行参議院議員(元経済産業大臣)が総理特使として出席するとともに,米倉弘昌(日本経団連会長)「日中国民交流友好年」実行委員会委員長、丹羽宇一郎駐中国日本国特命全権大使が出席し、中国側からは、劉延東国務委員、蔡武文化部長、楽玉成外交部部長助理が出席。アジア経済文化振興会 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の政策

    鳩山由紀夫内閣の政策から見た直嶋正行直嶋正行

    2009年11月16日、直嶋正行経済産業相が内閣府の発表30分前にGDPの伸び率を漏らしていたことが発覚。GDPは株価や為替の動きに重大な影響を与える可能性があり、平野博文官房長官は報道陣からの「インサイダー取引も誘発しかねない」との指摘に同意し、「政権の危機管理も問われる」と語っている。鳩山由紀夫内閣の政策 フレッシュアイペディアより)

  • 上関原子力発電所

    上関原子力発電所から見た直嶋正行直嶋正行

    2009年12月18日、中国電力は、上関原発1号機について、原子炉設置許可を直嶋正行経済産業大臣に申請したことを発表した。上関原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 松本剛明

    松本剛明から見た直嶋正行直嶋正行

    2005年の第44回衆議院議員総選挙では兵庫11区で戸井田に敗れたが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、3選。この総選挙で民主党は惨敗を喫し、岡田克也は代表を辞任。岡田の辞任に伴う民主党代表選挙では前原誠司を支持し、前原執行部では政策調査会長に抜擢された。あわせて、前原新代表による次の内閣ではNC内閣官房長官(規制改革担当)に就任。同年、総選挙公示前に事前運動を行った疑いで、兵庫県の松本の地元事務所が家宅捜索を受け、秘書らが警察の事情聴取を受けた。2006年4月、偽メール問題で前原が代表を辞任。後任の小沢一郎の下でも政調会長に留任した。2007年8月の党役員人事により、政調会長を退任(後任は直嶋正行)。松本剛明 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井充

    桜井充から見た直嶋正行直嶋正行

    2011年(平成23年)9月、野田佳彦代表の下で再び民主党政策調査会長代理、参議院民主党政策審議会長に就任。2012年(平成24年)10月、野田第3次改造内閣で厚生労働副大臣に任命された。同年12月、海江田万里代表の下、民主党政策調査会長に就任。なお同党で参院議員が政策調査会長を務めるのは、直嶋正行に次いで2人目である。桜井充 フレッシュアイペディアより)

  • 吉井英勝

    吉井英勝から見た直嶋正行直嶋正行

    吉井は2010年4月9日にも衆議院経済産業委員会で、「老朽化原発に巨大地震が重なったときに、(中略)大変な事態になる」と訴えたが、当時の経済産業大臣の直嶋正行(民主党)は、「安全第一の上でこれは推進をするというのが基本方針」と答弁した。吉井英勝 フレッシュアイペディアより)

  • 濱口誠

    濱口誠から見た直嶋正行直嶋正行

    2016年、引退を表明した直嶋正行の後継候補として参議院比例区に民進党公認で出馬し、党内順位2位で当選(個人得票266,623票)。濱口誠 フレッシュアイペディアより)

  • 七奉行の会

    七奉行の会から見た直嶋正行直嶋正行

    そして、2012年の民主党代表選で親小沢・反小沢の垣根を越え七奉行全員が野田を支持し、赤松広隆、原口一博、鹿野の3人を破り三選を果たす。その後の内閣改造で岡田・枝野・玄葉は再任、樽床は総務大臣として初入閣(同時に七人の侍としての仲間である三井弁雄は厚生労働大臣として初入閣)、前原は国家戦略担当大臣として1年7ヶ月ぶりの入閣を果たし、7人中6人が閣僚となり、残った仙谷は現職の北澤俊美、直嶋正行、石井一の3人と樽床の前任者である川端達夫、野田の対立候補として代表戦に出馬した赤松と鹿野と共に党の副代表に就任した。七奉行の会 フレッシュアイペディアより)

  • 参議院議員団

    参議院議員団から見た直嶋正行直嶋正行

    自民党政権時代と同様、民主党政権にあっても、党参議院議員には3 - 4名程度の閣僚ポストが配分された。鳩山由紀夫内閣では、旧自民党系(北澤俊美)、旧社会党系(千葉景子)、旧民社党系(直嶋正行)が入閣しており、出身勢力や年功に配慮した人事とみられた。参議院議員団 フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (日本 1998-2016)

    民主党 (日本 1998-2016)から見た直嶋正行直嶋正行

    2008年10月、長島昭久が衆議院のテロ防止特別委員会でソマリア沖の海賊対策として海上自衛隊艦艇による民間商船の護衛を麻生太郎首相に提案。麻生首相が賛意を示す一方で、直嶋正行政調会長からは自衛隊の海外派遣につながるとして「どういうことなんだ」と詰め寄られた。民主党 (日本 1998-2016) フレッシュアイペディアより)

25件中 11 - 20件表示