1 2 3 次へ
25件中 21 - 25件表示
  • 田嶋要

    田嶋要から見た直嶋正行直嶋正行

    エネルギー政策を活動の軸の一つとしており、2012年には党エネルギー・環境調査会(前原誠司会長)において副会長を務めた。ここでは民主党政権における「2030年代に原発稼働ゼロを可能とするよう、あらゆる政策資源を投入する」とした「革新的エネルギー・環境戦略」の下敷きとなる提言の立案に携わった。2014年現在は党エネルギー総合調査会(直嶋正行会長)において事務局長を務め、2030年代原発稼働ゼロという民主党政権時代の目標をベースに、(1)徹底的な省エネルギー(2)熱の徹底利用(3)再生可能エネルギー導入拡大(4)火力発電所の高効率化等を進めることを目指して関連法制度の抜本改正を行うとする中間報告をとりまとめた。田嶋要 フレッシュアイペディアより)

  • 1945年

    1945年から見た直嶋正行直嶋正行

    10月23日 - 直嶋正行、政治家1945年 フレッシュアイペディアより)

  • 日韓議員連盟

    日韓議員連盟から見た直嶋正行直嶋正行

    直嶋正行(民進党・副幹事長)日韓議員連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 井上義久

    井上義久から見た直嶋正行直嶋正行

    【民主党】赤松広隆元衆議院副議長・民主党最高顧問、藤田幸久民主党国際局長、江田五月民主党最高顧問、直嶋正行民主党副代表、白眞勲参議院副幹事長、鈴木克昌民主党副幹事長井上義久 フレッシュアイペディアより)

  • 福島第一原子力発電所事故

    福島第一原子力発電所事故から見た直嶋正行直嶋正行

    2006年10月27日、吉井英勝(京都大学原子核工学科卒業、日本共産党)は、国会質問で当時の原子力安全委員会委員長の鈴木篤之に対して、福島第一原子力発電所を含む43基の原子力発電所は、地震によって送電線が倒壊したり、内部電源が故障したりすることで引き起こされる電源喪失状態、または大津波に伴う引き波によって冷却水の取水が不可能になると言った理由で炉心溶融にいたるのではないか、そうなった時どう想定しているのかと質問した。これに対し鈴木篤之は、電源喪失状態となり燃料溶融に至る事故は非常に低い確率論としては存在すると答え、吉井に対して、電力会社には、さらに激しい地震の影響を想定させると約束した。 吉井は同年12月13日にも、「巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問主意書」を内閣に提出し、原発の最悪の事故を念頭に、津波の引き潮により冷却水が喪失する可能性の指摘や、非常用ディーゼル発電機の事故によりバックアップが機能停止した過去事例の提示要求などを行ったが、当時の内閣総理大臣安倍晋三は、「我が国において、非常用ディーゼル発電機のトラブルにより原子炉が停止した事例はなく、また、必要な電源が確保できずに冷却機能が失われた事例はない」と回答した。また、吉井は2010年4月9日にも衆議院経済産業委員会で同じ問題を取り上げたが、当時の経済産業大臣の直嶋正行(民主党)は、「多重防護でしっかり事故を防いでいく、メルトダウンというようなことを起こさせない、このための様々な仕組みをつくっている」と説明した。福島第一原子力発電所事故 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
25件中 21 - 25件表示