前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示
  • 直嶋正行

    直嶋正行から見た小沢一郎

    2005年、前原誠司代表の下、党政策調査会長代理及び民主党次の内閣官房副長官(政策調査会長は松本剛明)に就任。2007年、小沢一郎代表で党政策調査会長に就任した。参議院議員で民主党政策調査会長に就任したのは直嶋が初めてである。2008年、戦時性的強制被害者問題解決促進法案を参議院に提出。2009年5月、鳩山由紀夫代表の下でも政調会長に再任された。2009年の第45回衆議院議員総選挙のマニフェスト作成の中心的役割を担った。直嶋正行 フレッシュアイペディアより)

  • 直嶋正行

    直嶋正行から見た森喜朗

    参議院国会対策委員長時代の2001年3月14日、森喜朗首相の問責決議案の趣旨説明を参議院本会議で行い、森内閣を「指導力なし・緊張感なし・責任感なしの“最低・最悪内閣”」と断じ、「KSD事件は自民党全体を覆う構造的な問題」「国民生活を破たんさせる経済政策」「機密費疑惑解明の消極姿勢」「えひめ丸事故への対応」などを“最低、最悪”と非難し、「森政権が続けば続くほど国益が損なわれる」と強調した。直嶋正行 フレッシュアイペディアより)

  • 直嶋正行

    直嶋正行から見た鳩山由紀夫

    2005年、前原誠司代表の下、党政策調査会長代理及び民主党次の内閣官房副長官(政策調査会長は松本剛明)に就任。2007年、小沢一郎代表で党政策調査会長に就任した。参議院議員で民主党政策調査会長に就任したのは直嶋が初めてである。2008年、戦時性的強制被害者問題解決促進法案を参議院に提出。2009年5月、鳩山由紀夫代表の下でも政調会長に再任された。2009年の第45回衆議院議員総選挙のマニフェスト作成の中心的役割を担った。直嶋正行 フレッシュアイペディアより)

  • 直嶋正行

    直嶋正行から見た松本剛明

    2005年、前原誠司代表の下、党政策調査会長代理及び民主党次の内閣官房副長官(政策調査会長は松本剛明)に就任。2007年、小沢一郎代表で党政策調査会長に就任した。参議院議員で民主党政策調査会長に就任したのは直嶋が初めてである。2008年、戦時性的強制被害者問題解決促進法案を参議院に提出。2009年5月、鳩山由紀夫代表の下でも政調会長に再任された。2009年の第45回衆議院議員総選挙のマニフェスト作成の中心的役割を担った。直嶋正行 フレッシュアイペディアより)

  • 直嶋正行

    直嶋正行から見た大畠章宏

    2010年6月、日本企業の国際競争力を高め、「強い経済」を実現するための案をとりまとめて策定した「産業構造ビジョン2010」(産業構造審議会産業競争力部会報告書)を経済産業大臣として発表した。同月に発足した菅内閣においても再任された。同年7月の第22回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し、4選。同年9月、菅第1次改造内閣発足に伴い、経済産業大臣を退任(後任は大畠章宏)。直嶋正行 フレッシュアイペディアより)

  • 直嶋正行

    直嶋正行から見た野田佳彦

    2012年9月民主党代表選挙では、現職の野田佳彦陣営の事務総長を務める。同年12月の第46回衆議院議員総選挙で民主党が大敗した直後、同月19日に実施された民主党両院議員総会において、野田の後任を選出する民主党代表選の延期を主張した参加議員に対し、「そんなことなら、私は(両院議員総会長を)辞任する」と反対した。直嶋正行 フレッシュアイペディアより)

  • 直嶋正行

    直嶋正行から見た前原誠司

    2005年、前原誠司代表の下、党政策調査会長代理及び民主党次の内閣官房副長官(政策調査会長は松本剛明)に就任。2007年、小沢一郎代表で党政策調査会長に就任した。参議院議員で民主党政策調査会長に就任したのは直嶋が初めてである。2008年、戦時性的強制被害者問題解決促進法案を参議院に提出。2009年5月、鳩山由紀夫代表の下でも政調会長に再任された。2009年の第45回衆議院議員総選挙のマニフェスト作成の中心的役割を担った。直嶋正行 フレッシュアイペディアより)

  • 直嶋正行

    直嶋正行から見たトヨタ自動車

    大阪府池田市生まれ。父親を早くに亡くし、大阪府立北野高等学校定時制課程から神戸大学経営学部に進学した。1971年に神戸大を卒業し、トヨタ自動車販売(現トヨタ自動車)に入社。1980年から全トヨタ労働組合連合会専従職員。1982年に全トヨタ労連組織局長、1991年に全日本自動車産業労働組合総連合会(自動車総連)副会長に就任した。直嶋正行 フレッシュアイペディアより)

  • 直嶋正行

    直嶋正行から見た鳩山由紀夫内閣

    参議院議員(4期)、経済産業大臣(第11・12代)、参議院懲罰委員長・運輸委員長、民進党エネルギー環境総合調査会長、民主党副代表・両院議員総会長・政策調査会長(第9代)・参議院幹事長・参議院政策審議会長・参議院国会対策委員長等を歴任した。直嶋正行 フレッシュアイペディアより)

  • 直嶋正行

    直嶋正行から見た2009年

    2005年、前原誠司代表の下、党政策調査会長代理及び民主党次の内閣官房副長官(政策調査会長は松本剛明)に就任。2007年、小沢一郎代表で党政策調査会長に就任した。参議院議員で民主党政策調査会長に就任したのは直嶋が初めてである。2008年、戦時性的強制被害者問題解決促進法案を参議院に提出。2009年5月、鳩山由紀夫代表の下でも政調会長に再任された。2009年の第45回衆議院議員総選挙のマニフェスト作成の中心的役割を担った。直嶋正行 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示