47件中 31 - 40件表示
  • 直嶋正行

    直嶋正行から見たクラブ (接待飲食店)

    秘書が会計担当者を務める政治団体「直嶋正行後援会」が政治資金を3店8件のクラブなどの店で使用していたことが判明した。直嶋事務所は新聞社の取材に対し「収支報告書の記載通りで間違いない」と答えた。直嶋正行 フレッシュアイペディアより)

  • 直嶋正行

    直嶋正行から見た第22回参議院議員通常選挙

    2010年6月に発足した菅内閣でも留任した。7月の第22回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し、4選。同年9月、菅改造内閣発足に伴い、経済産業大臣を退任(後任は大畠章宏)。直嶋正行 フレッシュアイペディアより)

  • 直嶋正行

    直嶋正行から見たKSD事件

    参議院国会対策委員長時代の2001年3月14日、森喜朗首相の問責決議案の趣旨説明を参議院本会議で行い、森内閣を「指導力なし・緊張感なし・責任感なしの“最低・最悪内閣”」と断じ、「KSD疑惑は自民党全体を覆う構造的な問題」「国民生活を破たんさせる経済政策」「機密費疑惑解明の消極姿勢」「えひめ丸事故への対応」などを“最低、最悪”と非難し、「森政権が続けば続くほど国益が損なわれる」と強調した。直嶋正行 フレッシュアイペディアより)

  • 直嶋正行

    直嶋正行から見た参議院

    経済産業大臣(第11・12代)、参議院運輸委員長、民主党政策調査会長(第9代)を歴任した。直嶋正行 フレッシュアイペディアより)

  • 直嶋正行

    直嶋正行から見た福島第一原子力発電所事故

    2010年4月9日の衆議院経済産業委員会において、原子力発電所の多重防護について吉井英勝(日本共産党)の「巨大地震時に多重防護の機器が壊れて動かない場合にどのような被害が及ぶかを調べるよう、各電力会社に指示すべきではないか」との質問に、直嶋正行経済産業大臣(当時)は「多重防護でしっかり事故を防いでいく、メルトダウンというようなことを起こさせない、このための様々な仕組みをつくっている」と答えた。また同5月26日の委員会において、原発の輸出について吉井の「事故が起こった時に、偏西風などに乗って放射性物質が日本へ飛んでくる影響をアセスメント(予測)した上でトップセールスをしたのか」との質問には「アセスメントは行っていない。一方で、各国が自ら安全の確保に万全を期することは大前提」と答えた。吉井は2011年3月11日の福島第一原子力発電所事故後、「原発トップセールスに走り、原発メーカーの営業マンになったような仕事は熱心にやっても、国民の安全への思いはほとんど感じられない」としている。直嶋正行 フレッシュアイペディアより)

  • 直嶋正行

    直嶋正行から見た第45回衆議院議員総選挙

    2005年、前原誠司代表の下、党政策調査会長代理及び民主党次の内閣官房副長官(政策調査会長は松本剛明)に就任。2007年、小沢一郎代表で党政策調査会長に就任した。参議院議員で民主党政策調査会長に就任したのは直嶋が初めてである。2008年、戦時性的強制被害者問題解決促進法案を参議院に提出。2009年5月、鳩山由紀夫代表の下でも政調会長に再任された。2009年の第45回衆議院議員総選挙のマニフェスト作成の中心的役割を担った。直嶋正行 フレッシュアイペディアより)

  • 直嶋正行

    直嶋正行から見た民主党 (日本 1998-)

    経済産業大臣(第11・12代)、参議院運輸委員長、民主党政策調査会長(第9代)を歴任した。直嶋正行 フレッシュアイペディアより)

  • 直嶋正行

    直嶋正行から見た新進党

    1992年、自動車総連の推薦を受け、民社党公認で第16回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し、初当選を果たす。その後民社党解党により新進党、新党友愛に所属した後、1998年からは民主党に所属しているが、一貫して自動車総連の後援を受ける、所謂労組の組織内候補の1人。直嶋正行 フレッシュアイペディアより)

  • 直嶋正行

    直嶋正行から見た幹事長

    1998年、所属していた新党友愛が旧民主党に合流し、民主党の結党に参加。その後、参議院政策審議会長、参議院国会対策委員長、参議院幹事長を歴任する。直嶋正行 フレッシュアイペディアより)

  • 直嶋正行

    直嶋正行から見た日本

    直嶋 正行(なおしま まさゆき、1945年10月23日 - )は、日本の政治家。民主党所属の参議院議員(4期)。民主党副代表。直嶋正行 フレッシュアイペディアより)

47件中 31 - 40件表示