前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示
  • サンミュージックプロダクション

    サンミュージックプロダクションから見た酒井法子

    かつては、姓名判断やドラマの役名等から、「○田○子」(桜田淳子は本名)と言う芸名をつける事が多かったが、1986年に芸能界入りした酒井法子以後は、本名のままでデビューするケースも多い。サンミュージックプロダクション フレッシュアイペディアより)

  • サンミュージックプロダクション

    サンミュージックプロダクションから見た森田健作森田 健作

    相澤が、自らスカウトした森田健作(現千葉県知事)を第1号タレントとして、スタッフ2人と共に事業を始める。社名は、森田のイメージであった「太陽」(サン)と、音楽プロダクションとしての「音楽」(ミュージック)の英語に由来する。サンミュージックプロダクション フレッシュアイペディアより)

  • サンミュージックプロダクション

    サンミュージックプロダクションから見た桜田淳子

    桜田淳子、松田聖子、早見優などの人気歌手・タレントを輩出し、1980年代頃には大手芸能プロダクションに成長した。2004年、相澤は社長職を長男の相澤正久に譲り、会長に就任した。2007年に創業40周年パーティーが創業者の相澤会長の喜寿および芸能生活40周年記念も兼ねた上で盛大に催された。サンミュージックプロダクション フレッシュアイペディアより)

  • サンミュージックプロダクション

    サンミュージックプロダクションから見た早見優早見 優

    桜田淳子、松田聖子、早見優などの人気歌手・タレントを輩出し、1980年代頃には大手芸能プロダクションに成長した。2004年、相澤は社長職を長男の相澤正久に譲り、会長に就任した。2007年に創業40周年パーティーが創業者の相澤会長の喜寿および芸能生活40周年記念も兼ねた上で盛大に催された。サンミュージックプロダクション フレッシュアイペディアより)

  • サンミュージックプロダクション

    サンミュージックプロダクションから見た相澤秀禎

    横須賀キャンプを中心に活動するバンドマンであり、西郷輝彦をスカウトし、自らマネージメントを行った相澤秀禎が、「出来上がったスターを手がけるよりも、新人を育てたい」との思いから、1968年に設立した。サンミュージックプロダクション フレッシュアイペディアより)

  • サンミュージックプロダクション

    サンミュージックプロダクションから見た松田聖子松田 聖子

    桜田淳子、松田聖子、早見優などの人気歌手・タレントを輩出し、1980年代頃には大手芸能プロダクションに成長した。2004年、相澤は社長職を長男の相澤正久に譲り、会長に就任した。2007年に創業40周年パーティーが創業者の相澤会長の喜寿および芸能生活40周年記念も兼ねた上で盛大に催された。サンミュージックプロダクション フレッシュアイペディアより)

  • サンミュージックプロダクション

    サンミュージックプロダクションから見たダンディ坂野ダンディ坂野

    2000年以降のお笑いブームでは、ダンディ坂野、ヒロシ、小島よしお、スギちゃんといったピン芸人を数多く輩出している。しかし、これらのタレントは一発屋として終わることが非常に多く、小島自らも『一発屋生産工場』と事務所を揶揄したことがある。サンミュージックプロダクション フレッシュアイペディアより)

  • サンミュージックプロダクション

    サンミュージックプロダクションから見た小島よしお小島 よしお

    2000年以降のお笑いブームでは、ダンディ坂野、ヒロシ、小島よしお、スギちゃんといったピン芸人を数多く輩出している。しかし、これらのタレントは一発屋として終わることが非常に多く、小島自らも『一発屋生産工場』と事務所を揶揄したことがある。サンミュージックプロダクション フレッシュアイペディアより)

  • サンミュージックプロダクション

    サンミュージックプロダクションから見た西郷輝彦西郷 輝彦

    横須賀キャンプを中心に活動するバンドマンであり、西郷輝彦をスカウトし、自らマネージメントを行った相澤秀禎が、「出来上がったスターを手がけるよりも、新人を育てたい」との思いから、1968年に設立した。サンミュージックプロダクション フレッシュアイペディアより)

  • サンミュージックプロダクション

    サンミュージックプロダクションから見た岡田有希子

    1980年代 - 1980年に松田聖子のデビュー。その後、早見優・岡田有希子・酒井法子などの人気女性アイドルがデビューする。この頃から「サンミュージック=女性アイドル事務所」と呼ばれ、黄金時代を迎える。しかし、1986年4月8日に岡田有希子がサンミュージックの事務所があった大木戸ビルの屋上から投身自殺をし、サンミュージックの評価が一時的に降下する。1980年代末頃には、かつての主力格である松田聖子や早見優が事務所から離脱。サンミュージックプロダクション フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示

「相澤正久」のニューストピックワード