44件中 11 - 20件表示
  • サンミュージックプロダクション

    サンミュージックプロダクションから見た岡田有希子

    1980年代 - 1980年に松田聖子のデビュー。その後、早見優・岡田有希子・酒井法子・田村英里子などの人気女性アイドルが輩出される。この頃から「サンミュージック=女性アイドル事務所」と評され、黄金時代を迎える。しかし、1986年4月8日に岡田有希子が当時事務所のあった四谷の大木戸ビル屋上から投身自殺をし、サンミュージックの評価が一時的に降下する。1980年代末頃には、かつての主力格である松田聖子や早見優が事務所から離脱。サンミュージックプロダクション フレッシュアイペディアより)

  • サンミュージックプロダクション

    サンミュージックプロダクションから見た野島伸司

    1990年代 - トレンディドラマ黄金時代となり、脚本家野島伸司の作品の多くは、この事務所所属のタレントたちが主演していた。サンミュージックプロダクション フレッシュアイペディアより)

  • サンミュージックプロダクション

    サンミュージックプロダクションから見たスギちゃん

    2000年以降のお笑いブームでは、ダンディ坂野、ヒロシ、小島よしお、スギちゃんといったピン芸人を数多く輩出している。しかし、これらのタレントは一発屋として終わることが非常に多く、小島自らも『一発屋生産工場』と事務所を揶揄したことがある。サンミュージックプロダクション フレッシュアイペディアより)

  • サンミュージックプロダクション

    サンミュージックプロダクションから見たカンニング (お笑いコンビ)

    2000年代 - それまで女性アイドル色が強かった事務所は2003年頃からお笑いタレントも多数所属するようになり、ダンディ坂野・カンニング・小島よしおなどを輩出する。サンミュージックプロダクション フレッシュアイペディアより)

  • サンミュージックプロダクション

    サンミュージックプロダクションから見たヒロシ

    2000年以降のお笑いブームでは、ダンディ坂野、ヒロシ、小島よしお、スギちゃんといったピン芸人を数多く輩出している。しかし、これらのタレントは一発屋として終わることが非常に多く、小島自らも『一発屋生産工場』と事務所を揶揄したことがある。サンミュージックプロダクション フレッシュアイペディアより)

  • サンミュージックプロダクション

    サンミュージックプロダクションから見た都はるみ

    1970年代 - 森田健作・桜田淳子・都はるみなどを輩出(都は移籍、のち復帰)サンミュージックプロダクション フレッシュアイペディアより)

  • サンミュージックプロダクション

    サンミュージックプロダクションから見た吉本興業

    1993年 - 12月にお笑い部門に進出することを発表。吉本興業の関東進出に対抗するためということで、相澤秀禎は「浅草の笑いよ再び」というつもりでお笑いに進出したと話している。この月に「東京☆お笑い通りスペシャル決戦大会」が行われ、約400組の応募の中から最優秀賞に選ばれた高校3年生女子のコンビ「ドクロキッズ」がお笑い部門所属タレント第1号となった。サンミュージックプロダクション フレッシュアイペディアより)

  • サンミュージックプロダクション

    サンミュージックプロダクションから見たさんみゅ〜

    2013年 - 中嶋美智代以来21年ぶりとなる女性アイドルのグループ「さんみゅ〜」がデビュー。5月23日、創始者である相澤秀禎が死去。サンミュージックプロダクション フレッシュアイペディアより)

  • サンミュージックプロダクション

    サンミュージックプロダクションから見た横須賀海軍施設

    横須賀キャンプを中心に活動するバンドマンであり、西郷輝彦をスカウトし、自らマネージメントを行った相澤秀禎が、「出来上がったスターを手がけるよりも、新人を育てたい」との思いから、1968年に設立した。サンミュージックプロダクション フレッシュアイペディアより)

  • サンミュージックプロダクション

    サンミュージックプロダクションから見たドーピング検査

    2009年10月1日 - 再発防止のため、所属するタレントの薬物検査の実施。事務所内の全面禁煙を導入(喫煙エリアの廃止)。サンミュージックプロダクション フレッシュアイペディアより)

44件中 11 - 20件表示

「相澤正久」のニューストピックワード