前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
252件中 1 - 10件表示
  • 相田 翔子

    相田翔子から見たWink

    相田 翔子(あいだ しょうこ、1970年2月23日 - )は、日本の女優、歌手、タレント。Wink(現在活動停止中)の一員。相田翔子 フレッシュアイペディアより)

  • 相田 翔子

    相田翔子から見たつんく

    ナチュラル〜抱きしめてこのままで〜(作詞:まこと、つんく、作曲:根本要、編曲:光田健一) - 2000年5月17日 EPCE-5057相田翔子 フレッシュアイペディアより)

  • 相田 翔子

    相田翔子から見た飯田圭織飯田 圭織

    エーゲ海 相田翔子&飯田圭織DVD(2004年2月4日、アップフロントワークス / 地中海レーベル(ゼティマ)・EPBE-2001)相田翔子 フレッシュアイペディアより)

  • 相田 翔子

    相田翔子から見た東映

    スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇 第16話「リリアン棒危うし!由真の一番長い日」(1986年10月 - 1987年10月、東映・フジテレビ系) - 由真の子分 役 (鈴木敬子名義での出演)相田翔子 フレッシュアイペディアより)

  • 相田 翔子

    相田翔子から見た大竹しのぶ大竹 しのぶ

    大竹しのぶ『SIOBHÁN〜シボーン〜』に楽曲提供相田翔子 フレッシュアイペディアより)

  • 相田 翔子

    相田翔子から見たピンク・レディー

    幼少の頃から歌が好きで、よく1歳年上の姉とピンク・レディー等の歌を歌っていたという 中学2年(当時14歳)の時に、友人の応募でオーディションを受けたことを契機として、渋谷で芸能プロダクション所属のマネージャーにスカウトされたのち、芸能プロダクションに所属、歌手としてのレッスンを受け始める。高校2年(当時16歳)の時にはソロ歌手デビューの話があったものの、校則で禁止されていたのでデビューを断念している。1987年9月、ワニブックス社の雑誌『UP TO BOY』の第9代ミスアップ・グランプリを受賞する(第7代グランプリが後にデュオを組むことになる鈴木早智子)。相田翔子 フレッシュアイペディアより)

  • 相田 翔子

    相田翔子から見た司葉子司 葉子

    2008年7月31日に元衆院議員・相澤英之と女優・司葉子夫妻の三男で、医師の相澤宏光と婚姻届を提出した。その後、同年10月30日に東京・芝公園のザ・プリンスパークタワー東京で披露宴を開いた。2012年1月13日に第1子となる女児を出産。予定日より約2か月早く1866gの体重だった。相田翔子 フレッシュアイペディアより)

  • 相田 翔子

    相田翔子から見た平岡祐太

    P&G『ボールド』(2010年3月 - 平岡祐太と共演)相田翔子 フレッシュアイペディアより)

  • 相田 翔子

    相田翔子から見た門倉聡

    Believe Moon -instrumental version-(作曲:相田翔子、編曲:門倉聡相田翔子 フレッシュアイペディアより)

  • 相田 翔子

    相田翔子から見た藤沢周平

    また、舞台出演に関しては、2007年9月に大阪松竹座で公演された『蝉しぐれ』(藤沢周平原作)で、幼馴染である主人公への一途な想いを抱きつつ、藩主の側室となったお福役を演じるとともに、2008年1月には、日本モンゴル親善特別公演『ジンギスカン〜わが剣、熱砂を染めよ〜』に、主人公のライバルの許婚でありながら、互いに惹かれあう主人公とそのライバルとの対決に心を痛める女性として出演していた。相田翔子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
252件中 1 - 10件表示

「相田翔子」のニューストピックワード