前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示
  • 鈴木軍

    鈴木軍から見た真壁刀義真壁刀義

    元々は2010年の7月に全日本プロレスを退団しフリーとなって新日本プロレスにUターン参戦してきた小島聡が、同年のG1クライマックス優勝と真壁刀義からIWGPヘビー級ベルトを奪取した後、新日本プロレスのタイチが小島をリーダーに担ぎ上げ、更にKAIENTAI-DOJOのTAKAみちのく、東京愚連隊のNOSAWA論外を勧誘し、外敵ユニット「小島軍(仮)」を結成する。鈴木軍 フレッシュアイペディアより)

  • レッスルキングダム (プロレス興行)

    レッスルキングダム (プロレス興行)から見た真壁刀義真壁刀義

    第8試合のIWGPタッグ選手権試合は当初、史上初の3wayマッチで行われる予定だった。しかし当日は天山広吉が網膜剥離で休場し、パートナーの全日本プロレス、小島聡も休場した。よって当日はカードの第8試合を変更。真壁・矢野組 対 チーム3D組によるハードコア方式のタイトル試合に変更された。今大会の問題点として出場選手が他団体も含めて多いためカード編成が難航したと思われる。比較的メインイベントは早い段階で決まっていたがその他のカードは決まっていないのが長い期間あり、また他団体と水面下の交渉も有ったと見られる。その為カード発表も遅れたり、追加カードの第0試合も急遽決定した。だが、観客動員数は公式発表40,000人(満員)となっており新日本プロレスの主催のドーム興行では久々の大入りを見せ、成功した大会だったと言える。レッスルキングダム (プロレス興行) フレッシュアイペディアより)

  • G・B・H (プロレス)

    G・B・H (プロレス)から見た真壁刀義真壁刀義

    2006年10月2日に、天山が真壁刀義、越中詩郎と結成し、同年10月14日に天山がユニット名をG・B・Hとする事を発表した。これを毒舌家の永田裕志は「ゴリラ(真壁のあだ名)・バッファロー(天山のあだ名)・ヒップ(越中の得意技)の頭文字だ」と発言した。G・B・H (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • ニュージャパン・カップ

    ニュージャパン・カップから見た真壁刀義真壁刀義

    最多準優勝 - 2回 : ジャイアント・バーナード(第4回、第5回)、真壁刀義(第3回、第6回)ニュージャパン・カップ フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た真壁刀義真壁刀義

    3度目の入門テストでようやく合格し、1999年、大学卒業後すぐに新日本プロレスに入門。入門後しばらく武藤敬司の付き人を務めた。同年10月10日、真壁伸也(現:真壁刀義)戦でデビュー。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 小島聡

    小島聡から見た真壁刀義真壁刀義

    2008年3月、チャンピオン・カーニバルでは予選落ちし、大会後には右肘負傷のため欠場していたが、7月8日、新日本の後楽園ホール大会でリングに登場した。翌日には2年ぶりにG1に出場することが決定し、20日には全日本の後楽園ホール大会で復帰した。8月3日石川・産業展示館3号館にて行われた6人タッグ戦終了後、TARUとの仲違いからVOODOO-MURDERSを離脱した。G1からコスチュームを変更したが、最終日の試合でTARUの乱入によって真壁刀義に破れ決勝進出を逃した。小島聡 フレッシュアイペディアより)

  • ニー・ドロップ

    ニー・ドロップから見た真壁刀義真壁刀義

    主な使用者は、ブルーザー・ブロディ、ザ・プレデター、ブキャナン、真壁刀義、川田利明、大森隆男など。ブロディがキングコング・ニー・ドロップの名称でフィニッシュホールドとして使用し脚光を浴びた。現在も真壁やプレデターなどブロディと似たキャラクターの選手が同じ名称で使用している。ニー・ドロップ フレッシュアイペディアより)

  • ディスオベイ

    ディスオベイから見た真壁刀義真壁刀義

    その後、ヘビー級に関しては2010年のグローバルタッグリーグ戦に参戦した真壁刀義にヒールキャラで株を奪われ、それに対抗するポジションとなった。またジュニアに於いても、三沢光晴の死をきっかけに金丸と鈴木両者はヒールスタイルから正統派スタイルに転換し、ヒールスタイルを貫いているのは平柳のみとなった。ディスオベイ フレッシュアイペディアより)

  • ニー・バット

    ニー・バットから見た真壁刀義真壁刀義

    ダイビング・ニー・バット、ダイビング・ニー・パッド、ダイビング・ニーとも。コーナーポスト最上段、もしくはセカンドロープからリング内に立っている相手に向かって大きくジャンプし、膝を打ち付ける技。ジャンボ鶴田・真壁刀義はコーナーポスト最上段からダイビングしてこの技を繰り出すこともあり、特に鶴田のは実況アナウンサー若林健治が「鶴の一声」と称すほどの説得力を持つ技として昇華した。ニー・バット フレッシュアイペディアより)

  • ラリアット

    ラリアットから見た真壁刀義真壁刀義

    草魂ラリアット、雑草ラリアット(真壁刀義ラリアット フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示

「真壁刀義」のニューストピックワード