123件中 91 - 100件表示
  • 吉野家

    吉野家から見た真壁刀義真壁刀義

    新日本プロレスのスポンサーでもあり、コラボ企画として所属選手である真壁刀義や中邑真輔を起用した限定CMや、冠スポンサー大会となった「吉野家 Presents KIZUNA ROAD 2013」では新日本プロレスとのコラボどんぶりが制作され抽選でプレゼントされた。吉野家 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木貴

    佐々木貴から見た真壁刀義真壁刀義

    大日本プロレスの2006年1月2日の興行で、「アパッチも大日本も関係なしに、伊東と組んで一番を目指す。」と発言。これが金村キンタローら、アパッチメンバーの逆鱗に触れて抗争が勃発。佐々木も伊東、井上勝正、関本大介、MIYAWAKI、佐野直と対立派閥「たかし軍団」を結成。以来、新日本プロレスの真壁刀義ら、メジャー団体所属選手も巻き込み、ファンからのブーイングを浴びつつ、アパッチのメンバー達に牙を剥いている。佐々木貴 フレッシュアイペディアより)

  • ディーボン・ヒューズ

    ディーボン・ヒューズから見た真壁刀義真壁刀義

    2009年1月4日、レッスルキングダムIII IN 東京ドームでブラザー・レイとともに真壁刀義&矢野通からIWGPタッグ王座を奪取。2月15日、New Japan ISM両国国技館大会で真壁&矢野の挑戦を受けハードコアマッチを制し初防衛に成功した。ディーボン・ヒューズ フレッシュアイペディアより)

  • バスコレクション

    バスコレクションから見た真壁刀義真壁刀義

    新日本プロレス選手バスA/B - プロレス団体「新日本プロレス」が2016年9月に新車で2台購入した巡業用選手移動バスの単品製品。日野・セレガ。Aは新日本本隊所属選手(真壁刀義・棚橋弘至ら)が乗車する黄色いライオンマークの車両、Bは対抗ユニットに所属する選手(オカダ・カズチカ・内藤哲也ら)が乗車する赤いライオンマークの車両。バスコレクション フレッシュアイペディアより)

  • 白戸家

    白戸家から見た真壁刀義真壁刀義

    突然現れたアヤの結婚相手にお父さんはその見た目から長州力と勘違いするもアヤの「面倒だからそうして」の一言で「長州です。」と名乗ってしまい、お父さんの「結婚は仕事を見てから決める。」の一言で長州力としてリングに上がり真壁刀義と対戦する。得意技の"みんな家族チョップ"でカウント2まで追い込むも、真壁のブレーンバスター、キングコング・ニードロップからのコブラツイストでギブアップ負けしている。白戸家 フレッシュアイペディアより)

  • 獣神サンダー・ライガー

    獣神サンダー・ライガーから見た真壁刀義真壁刀義

    2012年よりタイガーマスクとタッグを組む機会が増え始め、ジュニアタッグ戦線に参入し始める。6月10日、BOSJ最終戦で組まれた6人タッグマッチに出場し、真壁刀義、タイガーとのタッグで鈴木軍(鈴木みのる&TAKAみちのく&タイチ)と対戦。この試合でタイチからマスクを引き裂かれ素顔を半分まで晒される被害に遭い、最後は鈴木からピンフォール負けを喫した。6月16日、DOMINION 6.16にて、タイガーとのタッグで出場し、空位となっていたIWGPジュニアタッグ王座を賭けた試合でTAKA&タイチ組と対戦。再びタイチよりマスクを破壊されてしまうが、その下からペイントが施された鬼神ライガーが姿を現し、タイチに対して毒霧、テーブルに向けてのパワーボムで報復。最後はタイガーがTAKAからピンフォール勝ちを収め、第32代王者組となった。7月22日、KIZUNA ROAD最終戦にて、フォーエバー・フーリガンズ(ロッキー・ロメロ&アレックス・コズロフ)を相手に初防衛戦に挑んだが、敗戦し王座から陥落した。獣神サンダー・ライガー フレッシュアイペディアより)

  • ROH世界王座

    ROH世界王座から見た真壁刀義真壁刀義

    新日本プロレス所属の真壁伸也が2004年に初挑戦して以降、日本人選手の挑戦は無かったが、2006年からは主に提携先のプロレスリング・ノア所属選手が積極的に本タイトルに挑戦している。これまで丸藤正道、SUWA、KENTA、森嶋猛、潮崎豪が本王座に挑戦し、森嶋が同王座を獲得している。2016年ふたたび小島聡が新日本プロレスで挑戦した。ROH世界王座 フレッシュアイペディアより)

  • 長州力

    長州力から見た真壁刀義真壁刀義

    長州の付き人を長年務めた真壁刀義はインタビューで、上記通り練習に励んでいる選手を重んじる方針に加え、練習生に理不尽な暴力を振るわない・使いっ走りにしない長州の人柄について語っている。長州力 フレッシュアイペディアより)

  • ジャーマン・スープレックス

    ジャーマン・スープレックスから見た真壁刀義真壁刀義

    折原昌夫のオリジナル・ムーブ。リングに背を向ける格好で相手をコーナー最上段に座らせて自身もコーナー最上段に登って相手の背後に腰を下ろして相手の腰を両手で抱え込み、自身の両手を相手の、へそのあたりでクラッチして胴体を抱え込み、自身の両足のつま先をセカンドロープに引っ掛けて、相手の体を投げっ放し式ジャーマン・スープレックスでコーナーからリングに放り投げて腹筋を使って宙吊り状態になった自身の体を引き起こす。主な使用者は天龍源一郎、真壁刀義、大和ヒロシ、日向あずみ。ジャーマン・スープレックス フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・ロビンソン

    ジョー・ロビンソンから見た真壁刀義真壁刀義

    9月4日、新日本デビューを飾り内藤哲也 & 飯伏幸太と組んでタイガーマスク & 柴田勝頼 & 真壁刀義と対戦したが味方であるはずの内藤がタッチを拒むなど試合のペースを上手く掴めず、最後はタイガーの飛びつき式回転十字架固めにより敗戦した。ジョー・ロビンソン フレッシュアイペディアより)

123件中 91 - 100件表示

「真壁刀義」のニューストピックワード