87件中 21 - 30件表示
  • ニー

    ニーから見た真壁刀義真壁刀義

    主な使用者は、ブルーザー・ブロディ、ザ・プレデター、ブキャナン、真壁刀義、川田利明、大森隆男など。ブロディがキングコング・ニー・ドロップの名称でフィニッシュホールドとして使用し脚光を浴びた。現在も真壁やプレデターなどブロディと似たキャラクターの選手が同じ名称で使用している。ニー フレッシュアイペディアより)

  • 真壁伸也

    真壁伸也から見た真壁刀義真壁刀義

    真壁伸也 フレッシュアイペディアより)

  • 監獄固め

    監獄固めから見た真壁刀義真壁刀義

    開発者のマサ斎藤が主要な使い手であった。特殊な大技ではないが、これを用いる選手は多くない。マサ斎藤以外には、佐々木健介、蝶野正洋、谷津嘉章、真壁刀義らが知られる。特に佐々木健介が使用する場合、佐々木と斎藤との関係が密接である事から「マサ斎藤直伝の」と呼ばれる場合がある。監獄固め フレッシュアイペディアより)

  • コスモ☆ソルジャー

    コスモ☆ソルジャーから見た真壁刀義真壁刀義

    大学時代は学生プロレスに熱中する。大学は違うが、真壁刀義、HARASHIMA、サバイバル飛田らと同じ団体(サークル)であった。コスモ☆ソルジャー フレッシュアイペディアより)

  • MIYAWAKI (プロレスラー)

    MIYAWAKI (プロレスラー)から見た真壁刀義真壁刀義

    10月18日、プエルトリコ・ウマカオにおける対スペル・クレイジー戦でデビュー。IWAプエルトリコのリングで、真壁伸也、藤田ミノル、TAJIRIによる「カミカゼ・クラン」のメンバーとして活躍していた。帰国後はKAIENTAI-DOJOのリングを主戦場とし、F-wordsに所属していたがメンバーの相次ぐ離脱により1人となってしまう。MIYAWAKI (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • レジャーニューズ

    レジャーニューズから見た真壁刀義真壁刀義

    『ワーストヒール賞(最凶悪玉)』 真壁刀義(新日本)レジャーニューズ フレッシュアイペディアより)

  • プロレス四天王

    プロレス四天王から見た真壁刀義真壁刀義

    2000年代後半頃から新日本プロレスのタイトルマッチ常連選手である棚橋弘至、中邑真輔、真壁刀義、後藤洋央紀の四人。プロレス四天王 フレッシュアイペディアより)

  • BAD INTENTIONS

    BAD INTENTIONSから見た真壁刀義真壁刀義

    2009年4月、中邑真輔と真壁刀義との試合中に矢野通が乱入。当時、タッグ・パートナーであった真壁をイスで殴打し、中邑と旧G・B・Hメンバーと共に新ユニットCHAOSを結成。5月3日にIWGPタッグ王座の挑戦権を賭けて、天山広吉、小島聡組と対戦。これに勝利し、6月20日でブラザー・レイ、ブラザー・ディーボン組が所持するベルトの奪還に挑むも敗北を喫した。BAD INTENTIONS フレッシュアイペディアより)

  • ガッツ石島

    ガッツ石島から見た真壁刀義真壁刀義

    帝京大学在学中はプロレス研究会に所属し、学生プロレス「SWS」で活躍。当初のリングネームは「冬木尿道」だったが、後に現在も使用する「ガッツ石島」に改めた。プロレス研究会の先輩に真壁刀義、HARASHIMAがいる。ガッツ石島 フレッシュアイペディアより)

  • ジャーマン・スープレックス

    ジャーマン・スープレックスから見た真壁刀義真壁刀義

    セカンドロープ(もしくはトップロープ)に足を引っ掛けておいての雪崩式(この状態での投げ技をスパイダー式と呼ぶ)のジャーマン・スープレックス。投げた後はぶら下がった状態になるが、腹筋の力で起き上がって別な技に移行する者もいる。折原昌夫が初披露。他には菊地毅、真壁刀義が使い手。天龍源一郎も一時期使用していた。菊地毅はフロントスープレックスに応用している。ジャーマン・スープレックス フレッシュアイペディアより)

87件中 21 - 30件表示

「真壁刀義」のニューストピックワード