87件中 51 - 60件表示
  • 移民の歌

    移民の歌から見た真壁刀義真壁刀義

    プロレスラーのブルーザー・ブロディがかつて入場のテーマ曲として「移民の歌」を使用しており、現在は真壁刀義が布袋寅泰バージョンを入場テーマ曲として使用している。移民の歌 フレッシュアイペディアより)

  • リック・フーラー

    リック・フーラーから見た真壁刀義真壁刀義

    同年7月5日、新日本プロレスに参戦。ツインメッセ静岡にて後藤洋央紀 & ジャイアント・バーナードと組み、真壁刀義 & 矢野通 & カール・アンダーソンのシックスマン・マッチでデビュー。参戦当初は中邑真輔がリーダーを務めるユニットであるRISEに加入し、ジャイアント・バーナードと外国人タッグで活動し、同月21日の月寒アルファコートドームにてIWGPタッグ王座を保持する真壁 & 矢野組に挑戦するも敗戦した。9月5日、後楽園ホールでのメインイベントの中邑 & 後藤 vs 真壁 & 矢野のタッグマッチにてバーナードと共に裏切り中邑と後藤を襲撃し、ヒールユニットであるGBHに加入。G1タッグリーグにバーナードと出場し、11月5日の後楽園ホールにて決勝トーナメント進出を決める試合で中邑 & 後藤組と対戦するが敗戦した。リック・フーラー フレッシュアイペディアより)

  • ROH世界ヘビー級王座

    ROH世界ヘビー級王座から見た真壁刀義真壁刀義

    新日本プロレス所属の真壁伸也が2004年に初挑戦して以降、日本人選手の挑戦は無かったが、2006年からは主に提携先のプロレスリング・ノア所属選手が積極的に本タイトルに挑戦している。これまで丸藤正道、SUWA、KENTA、森嶋猛、潮崎豪が本王座に挑戦し、森嶋が同王座を獲得している。ROH世界ヘビー級王座 フレッシュアイペディアより)

  • ハードコア・レスリング

    ハードコア・レスリングから見た真壁刀義真壁刀義

    真壁刀義 -  新日本プロレス所属だが、メジャー団体のレスラーにおいては珍しくデスマッチを得意とするレスラーで有名。若手時代にプエルトリコで多くのハードコアマッチを経験し、2006年には金村キンタローとの「ストリートファイト有刺鉄線バリケードマットチェーンデスマッチ」に勝利してWEWヘビー級王座を獲得。後に新日本のリングで田中将斗やチーム3D(ダッドリー・ボーイズ)とハードコアマッチで対戦。2012年にはDDT日本武道館大会で帝京大学時代の後輩・HARASHIMAと組んで、伊東竜二・石川修司と同じくハードコアマッチで対戦。ハードコア・レスリング フレッシュアイペディアより)

  • 本間朋晃

    本間朋晃から見た真壁刀義真壁刀義

    2009年4月5日、矢野通が真壁刀義を裏切り、他メンバーも寝返りG・B・Hを離脱するが、ただ1人G・B・H残留を選択。真壁と共に、中邑真輔、矢野ら旧G・B・Hメンバーが結成した新ユニットCHAOSと抗争を繰り広げる。本間朋晃 フレッシュアイペディアより)

  • 闘魂三銃士

    闘魂三銃士から見た真壁刀義真壁刀義

    21世紀に入り、新日本プロレスの棚橋弘至・中邑真輔・柴田勝頼の3人が会社側の意向で「新・闘魂三銃士」と呼ばれるようになったが、3人がそれぞれ互いに遺恨を持っており、柴田が新日本プロレスを退団したことにより立ち消えとなっており、後に柴田に代わって後藤洋央紀を加えた3人で一部では呼ばれるも定着はしていなかったが、後に真壁刀義を加えた4人で「新日本四天王」とも呼ばれるようになった。闘魂三銃士 フレッシュアイペディアより)

  • ミートボール吉野

    ミートボール吉野から見た真壁刀義真壁刀義

    帝京大学プロレス同好会出身で、スタン・ハンセン(たまに長州力も)をコピーしていた。プロレス同好会では、真壁刀義(新日本)が2年先輩で、HARASHIMA(DDT)が1年後輩。ミートボール吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田哲広

    黒田哲広から見た真壁刀義真壁刀義

    2006年9月24日、黒田は自ら所属するアパッチプロレス軍の3周年興行において(於・後楽園ホール)敵対するたかし軍団に所属の越中詩郎との一騎打ちに備え、20年前のジュニアヘビー級の名勝負の再戦だという名目で、越中の好敵手であった高田延彦(当時は高田伸彦)にあやかり、高田の入場テーマ曲「トレーニング・モンタージュ」(ただし新日本所属時代の“青春のエスペランサ”と呼ばれた時代の高田には「疾風のライダー」というタイトルのオリジナル曲が存在し、この「トレーニング・・」を高田がテーマにしたのは、越中との名勝負の新日本プロレス所属時でなく、後の1990年代のUWFインターナショナル時代の話である)とサイドにUWFと書かれたレガースを着用し、トレーニングにもUWFばりのキックを多様に取り入れ、すっかり高田延彦になりきり、越中に合い対峙をしたが、その甲斐も無く敗れてしまった。(ちなみに黒田と高田は直接の接点が無いが、ハッスルにおいて高田総統率いる高田モンスター軍と、黒田が所属のハッスル軍とで抗争中(現在はモンスター軍に加入してくれと、盟友であるキンターマンこと金村キンタローと共に、クロダーマンというキャラで、往年のパーマンに似たマスクを着用して素顔をひた隠しにし懇願中である)であり、同じ会場には居るわけである)。2007年1月8日WEWヘビー級選手権で王者真壁刀義に挑戦するも敗北。黒田哲広 フレッシュアイペディアより)

  • タイチ (プロレスラー)

    タイチ (プロレスラー)から見た真壁刀義真壁刀義

    12月よりTAKAみちのく、NOSAWA論外と共に新日本に戻った小島聡の下に集い、ユニット「小島軍(仮)」を結成する。セコンドとして度々試合に介入したり、インタビューで小島を絶賛する等、太鼓持ちとして活躍する。しかし、NEW JAPAN CUP以降、小島は真壁刀義とのシングルマッチの抗争を展開し始めたと同時に1対1の真剣勝負に執着するようになり、試合開始直前に小島にリングから追い出されるようなった事をきっかけに不審感を抱くようになった。タイチ (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • ライノ (プロレスラー)

    ライノ (プロレスラー)から見た真壁刀義真壁刀義

    2011年にTNAを離れてからは、ICPの主宰するJCWなどに出場。5月には新日本プロレスのアメリカ東部サーキットに同行し、最終戦15日のフィラデルフィアにおけるアサイラム・アリーナ(旧ECWアリーナ)での興行では、ハードコア・マッチで真壁刀義と対戦した。1月よりROHにスポット参戦していたが、8月より正式に所属となる。ライノ (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

87件中 51 - 60件表示

「真壁刀義」のニューストピックワード