123件中 61 - 70件表示
  • 征矢学

    征矢学から見た真壁刀義真壁刀義

    2012年2月19日に開催されたALL TOGETHER第2回仙台大会において、真壁刀義とタッグを組み、杉浦貴&高橋裕二郎組と対戦。試合は征矢が杉浦からフォールを奪われ敗れたものの、試合後に真壁から「コイツ、パワー負けも何もしてねえ。しいて言えば、経験くれえだろ。これから経験つうのは埋まっていくんだよ。1年後が怖ええな!」と、高評価を受けた。征矢学 フレッシュアイペディアより)

  • 吉河順央

    吉河順央から見た真壁刀義真壁刀義

    10月20日、ヨドバシカメラマルチメディアakibaにて「『キング オブ プロレスリング』発売記念 真壁刀義&田口隆祐トークイベント」MC出演。吉河順央 フレッシュアイペディアより)

  • 山本小鉄

    山本小鉄から見た真壁刀義真壁刀義

    若手レスラーには「強ければ誰も文句を言わない」という趣旨の言葉を度々話しており、入団当時小柄だった鈴木みのるや先輩からの理不尽なシゴキに辛酸をなめていた真壁刀義はその言葉に励まされたと後年語っている。山本小鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 潮崎豪

    潮崎豪から見た真壁刀義真壁刀義

    6月19日、新日本プロレスの大阪府立体育会館大会で行われたIWGPヘビー級王座選手権で同王座初挑戦。王者の真壁刀義にキングコング・ニードロップで敗れ、王座奪取に失敗した。潮崎豪 フレッシュアイペディアより)

  • 金村キンタロー

    金村キンタローから見た真壁刀義真壁刀義

    2006年9月24日、冬木の創設したWEWヘビー級王座を懸けて真壁刀義と「ストリートファイト有刺鉄線バリケードマッドチェーンデスマッチ」で対戦するも敗北。11月18日に真壁に再挑戦するも完敗。金村キンタロー フレッシュアイペディアより)

  • ファイヤープロレスリングの登場レスラー

    ファイヤープロレスリングの登場レスラーから見た真壁刀義真壁刀義

    中瀬刃義(真壁刀義ファイヤープロレスリングの登場レスラー フレッシュアイペディアより)

  • 武藤敬司

    武藤敬司から見た真壁刀義真壁刀義

    2008年1月3日、タッグリーグ戦に優勝した勢いで世界タッグ王座を獲得した。4月27日、新日本・大阪大会で中邑を破り、1999年以来となるIWGPヘビー級王者になった。8月31日には、全日本のリングで初めてIWGPヘビー級選手権試合が行われて、G1 CLIMAX2008優勝者の後藤洋央紀を破って防衛に成功。その後、準優勝者の真壁刀義、リベンジに挑んだ中邑に勝利して、4度の防衛に成功。三冠王者になったムタの活躍も併せて評価されて、7年ぶりにプロレス大賞を受賞した。武藤敬司 フレッシュアイペディアより)

  • KUSHIDA

    KUSHIDAから見た真壁刀義真壁刀義

    4月3日、NEW DIMENSIONにて真壁刀義とタッグを組み、小島聡 & TAKAみちのく組を相手に新日本所属デビュー戦を行ったが、TAKAのみちのくドライバーIIに敗れた。8月14日、G1 CLIMAX最終日のセミファイナルで行われたIWGPジュニアタッグ戦終了後、IWGPジュニアヘビー級王者である飯伏幸太に同王座への挑戦を直訴し、飯伏がこれを承諾し対戦カードが決まる。しかし、飯伏が古傷の左肩を脱臼したために王座を返上。急遽、IWGPジュニア王座決定戦として、9月19日に前王者のデヴィットと対戦。序盤デヴィットを圧倒するも徐々に追い込まれ、最後はブラディサンデーに敗れた。11月12日のPOWER STRUGGLEでは、タイガーマスクと共にIWGPジュニアタッグ王座を保持するノー・リモーズ・コープス(デイビー・リチャーズ & ロッキー・ロメロ)と対戦したがコントラクトキラーに敗れた。KUSHIDA フレッシュアイペディアより)

  • 田中将斗

    田中将斗から見た真壁刀義真壁刀義

    2008年4月6日、中西学と世界ヘビー級選手権のタイトルマッチを行い、ベルトを防衛。この抗争の中で生まれた金本浩二との確執から金本の挑戦を受け勝利しベルト防衛、その後も真壁刀義に火祭り2008決勝で勝利し、永田裕志との抗争を開始し世界ヘビー級選手権を賭け対戦するも敗れ、2009年1月4日東京ドーム大会でリターンマッチを行なうも連敗した。その後、ZERO1としては初めての両国大会でリベンジを果たした。田中将斗 フレッシュアイペディアより)

  • カール・アンダーソン (プロレスラー)

    カール・アンダーソン (プロレスラー)から見た真壁刀義真壁刀義

    11月23日、BCの新メンバーとして加入したドク・ギャローズとタッグを結成し、WORLD TAG LEAGUEにエントリー。着実に勝利を積み重ねていき、決勝トーナメントに進出。12月8日愛知大会にて、準決勝でG・B・H(真壁刀義&本間朋晃組)を制し、決勝でテンコジ(天山広吉&小島聡組)と対戦。最後は天山からピンフォール勝ちを収め、前年度に続き同大会を優勝した。カール・アンダーソン (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

123件中 61 - 70件表示

「真壁刀義」のニューストピックワード