前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
115件中 1 - 10件表示
  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た中邑真輔

    海外遠征から帰国後の2002年、KAIENTAI-DOJOの藤田ミノルと結託しヒールへ転身。しかし今度は棚橋弘至や柴田勝頼等が頭角をあらわした為、トップ戦線で活躍する第三世代と新闘魂三銃士(棚橋、柴田、中邑真輔)の間に埋もれてしまう。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た高山善廣

    そんな折、高山善廣とのタッグでプロレスリング・ノアの小橋建太、本田多聞が保持するGHCタッグ王座に挑戦。敗北を喫するも、奮闘を見せつけ自身の評価を上げる。その後は腰痛に苦しみ、なかなか結果を残せず。2004年8月、G1 CLIMAXに初出場を果たしたのを機にリングネームを真壁刀義に変更。10月に成瀬昌由と共に下剋上宣言を行い、トップ層との争いを目論むも頓挫。その後、成瀬がケガで欠場する間に蝶野正洋率いるブラック・ニュージャパンに加入。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た柴田勝頼

    海外遠征から帰国後の2002年、KAIENTAI-DOJOの藤田ミノルと結託しヒールへ転身。しかし今度は棚橋弘至や柴田勝頼等が頭角をあらわした為、トップ戦線で活躍する第三世代と新闘魂三銃士(棚橋、柴田、中邑真輔)の間に埋もれてしまう。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た小島聡

    7月、ZERO1-MAXの火祭りに初出場し、Aブロックを1位通過。決勝にコマを進めるが田中将斗に敗れ準優勝。日を間もなくして開催されたG1でも決勝で後藤洋央紀に敗れ去り準優勝で終わる。9月21日に全日本プロレスへ流出したIWGPヘビー級王座を所持する武藤敬司とのタイトル戦に臨むも敗戦。G1 TAG LEAGUEでは矢野とのIWGPタッグ王者として出場するも、天コジ(天山、小島聡組)に敗れ準優勝に終わった。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た天山広吉

    9月24日、アパッチプロレス軍が主催する興行のメインイベントに出場。ストリートファイト有刺鉄線バリケードマットチェーン・デスマッチルールで金村キンタローを破りWEWヘビー級王座を奪取。この一戦を皮切りに新日本、アパッチで怒涛のブレイクを果たし、「これが現実だ!」が決め台詞として定着。「インディーの至宝」とも呼べるWEWヘビー級王座を乗っ取ったことで、「悪の王者」としてインディーファンから多くのブーイングを受けた。その後、天山広吉の呼びかけに応じる形でG・B・Hのメンバーとして活動。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た杉浦貴

    8月のG1 CLIMAXでは2敗1分と苦戦を強いられるも、その後は勝利を積み重ねていき、勝ち点7点でAブロックを1位で通過。準決勝でプロレスリング・ノアの杉浦貴を破り、決勝で中邑と対戦。キングコングニードロップでピンフォール勝ちを収め初優勝を果たした。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    海外遠征から帰国後の2002年、KAIENTAI-DOJOの藤田ミノルと結託しヒールへ転身。しかし今度は棚橋弘至や柴田勝頼等が頭角をあらわした為、トップ戦線で活躍する第三世代と新闘魂三銃士(棚橋、柴田、中邑真輔)の間に埋もれてしまう。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た金村キンタロー

    9月24日、アパッチプロレス軍が主催する興行のメインイベントに出場。ストリートファイト有刺鉄線バリケードマットチェーン・デスマッチルールで金村キンタローを破りWEWヘビー級王座を奪取。この一戦を皮切りに新日本、アパッチで怒涛のブレイクを果たし、「これが現実だ!」が決め台詞として定着。「インディーの至宝」とも呼べるWEWヘビー級王座を乗っ取ったことで、「悪の王者」としてインディーファンから多くのブーイングを受けた。その後、天山広吉の呼びかけに応じる形でG・B・Hのメンバーとして活動。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た田中将斗

    7月、ZERO1-MAXの火祭りに初出場し、Aブロックを1位通過。決勝にコマを進めるが田中将斗に敗れ準優勝。日を間もなくして開催されたG1でも決勝で後藤洋央紀に敗れ去り準優勝で終わる。9月21日に全日本プロレスへ流出したIWGPヘビー級王座を所持する武藤敬司とのタイトル戦に臨むも敗戦。G1 TAG LEAGUEでは矢野とのIWGPタッグ王者として出場するも、天コジ(天山、小島聡組)に敗れ準優勝に終わった。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たHARASHIMA

    中学時代から柔道を経験し、帝京大学在学中に二段を習得。その後はプリン真壁のリングネームで学生プロレスで活躍(サークルの後輩にDDTのHARASHIMA、AV男優のミートボール吉野がいる)した。卒業後の1996年4月に新日本プロレス入団。同期入門者には藤田和之がいる。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
115件中 1 - 10件表示

「真壁刀義」のニューストピックワード