200件中 111 - 120件表示
  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たザ・ニュー・ビギニング (プロレス興行)

    その後、CHAOSの高橋裕二郎と抗争を開始。THE NEW BEGINNING、NJC一回戦での対戦を経て、5月3日、レスリングどんたくにて決着戦を行い、試合はキングコングニードロップで勝利を収め、抗争に終止符を打つ。同日行われたIWGPヘビー級選手権試合で防衛に成功したオカダ・カズチカに対して同王座への挑戦をアピールした。6月22日、DOMINION6.22にてオカダの保持するIWGPヘビー級王座に挑戦するも、レインメーカーでピンフォール負けを喫して王座奪取とはならなかった。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たレッスルキングダム (プロレス興行)

    2011年1月4日、首の負傷が完治しない中でレッスルキングダムVのセミファイナルで田中と対決し勝利。その後は小島と抗争を繰り広げ、幾度となくシングルマッチで激突。5月3日のシングル戦で勝ち越しを収めた試合後、タイチ、TAKAみちのく、さらに突如現れた鈴木みのるの襲撃を受ける小島を救出に入り、握手を交わした。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たデスマッチ

    2006年1月に復帰、新日本の別ブランドWRESTLE LANDでUNCHAINED GORILLAのキャッチフレーズを付与され、これをキッカケにブルーザー・ブロディと同じ入場テーマ曲である移民の歌に変更、入場の際にも首から掛けた鎖をブロディと同様にトレードマークとして使用し始めた。また、この頃よりメインイベンターとなりつつあった棚橋弘至や中邑真輔に対し「キレイどころはまかせる、あいつらにはできないプロレスをやる」というスタンスを取りデスマッチ路線に進出開始。インディー団体への出撃も積極的に行うようになる。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たディストラクション (プロレス興行)

    9月23日、DESTRUCTIONで、G1 CLIMAX最終日にリング上に現れた桜庭和志 & 柴田組の試合終了後に乱入し「この俺が喧嘩を買ってやる」とマイクパフォーマンスを行った。同じく喧嘩を買って出た井上亘とのタッグで二度対戦するが、いずれも敗戦。さらに試合を重ねるうちに柴田との因縁が激化し、シングルマッチを要求した。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たIWGPヘビー級王座

    2007年3月に開催されたNEW JAPAN CUP(略称 : NJC)では決勝で永田裕志に敗れ準優勝に終わった。7月6日には永田が持つIWGPヘビー級王座に初挑戦、G1 CLIMAXでは初の決勝トーナメントに進出を果たす。12月には同じくG・B・Hに所属する矢野通と共に東京スポーツプロレス大賞最優秀タッグチーム賞を受賞した。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たIWGPタッグ王座

    その後、長州をパートナーにIWGPタッグ王座挑戦やBEST OF THE SUPER Jrに初出場、全日本プロレスのアジアタッグ王座を巡ったトーナメントに出場する機会を得るも、いずれも結果を残せなかった。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たG1 CLIMAX

    そんな折、高山善廣とのタッグでプロレスリング・ノアの小橋建太、本田多聞が保持するGHCタッグ王座に挑戦。敗北を喫するも、奮闘を見せつけ自身の評価を上げる。2004年8月、G1 CLIMAXに初出場を果たしたのを機に、リングネームを真壁刀義に変更。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たおんな城主 直虎

    2月21日、後楽園ホールにて真壁のデビュー20周年記念興行である 真壁刀義 20th anniversary を開催。メインイベントにてノンタイトルながら真壁 & 本間組対矢野 & 石井組戦を行い、最後は真壁が矢野からキングコング・ニードロップでピンフォール勝ちを収めた。試合後、再度のIWGPタッグ王座の矢野組への挑戦、および「新日本プロレスをさらなるランクアップさせるため、俺にしかできないことがある」との理由で3月からのNEW JAPAN CUPを出場辞退する意向を表明した。この「俺にしかできないこと」とは、NHKの大河ドラマ『おんな城主 直虎』への出演であり、撮影時期とNEW JAPAN CUPの開催時期が重なったための出場辞退であった。しかし3月3日の沖縄大会にて本間が負傷、中心性頸髄損傷により長期欠場となることから、IWGPタッグ王座への挑戦を辞退した。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たWORLD TAG LEAGUE

    11月に開催されたWORLD TAG LEAGUEでは、本間とのタッグG・B・Hとして出場。リーグ戦を制し、準決勝でBCのカール・アンダーソン & ドク・ギャローズ組と対戦するも、試合中にファレによる襲撃を受けて身動きが取れなくなり、リング上で孤立した本間がピンフォール負けを喫した。試合後もファレの暴走は止まらず、自身が入場時に首からさげているチェーンで首を絞められ、失神状態に追い込まれてしまった。それから一夜が明けて、真壁はファレに対して「完全決着」ルールによるシングルマッチを要求した。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たG1 TAG LEAGUE

    7月、ZERO1-MAXの火祭りに初出場しAブロックを1位で通過。決勝にコマを進めるが田中将斗に敗れ準優勝に終わった。日を間もなくして開催されたG1 CLIMAXでも決勝で後藤洋央紀に敗れ去り準優勝に終わる。9月21日に全日本プロレスへ流出したIWGPヘビー級王座を所持する武藤敬司とのタイトル戦に臨むも敗戦。G1 TAG LEAGUEでは矢野とのIWGPタッグ王者として出場するも、テンコジ(天山 & 小島聡組)に敗れ準優勝に終わった。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

200件中 111 - 120件表示

「真壁刀義」のニューストピックワード