115件中 11 - 20件表示
  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た藤田和之

    中学時代から柔道を経験し、帝京大学在学中に二段を習得。その後はプリン真壁のリングネームで学生プロレスで活躍(サークルの後輩にDDTのHARASHIMA、AV男優のミートボール吉野がいる)した。卒業後の1996年4月に新日本プロレス入団。同期入門者には藤田和之がいる。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た桜庭和志

    9月23日、G1 CLIMAX最終日にリング上に現れた桜庭和志、柴田勝頼組の試合終了後に乱入し「この俺が喧嘩を買ってやる」とマイクパフォーマンスを行う。同じく喧嘩を買って出た井上亘とのタッグで二度対戦するが、いずれも敗戦。さらに、試合を重ねるうちに柴田との因縁が激化し、シングルマッチを要求。2013年1月4日のレッスルキングダム7で柴田と対戦。後頭部へのキングコング・ニードロップを炸裂させ、勝利を収めた。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た大谷晋二郎

    1997年2月15日、神奈川県いすゞ自動車大和体育館での大谷晋二郎戦で本名の真壁伸也としてデビューを果たす。しかし、藤田と比べ身体能力・技術に著しく劣る上に、地味な風貌と一言多い性格が災いし、藤田や鈴木健想ら同期・後輩が続々とブレイクする中、真壁だけは何年もの間、長州力の雑用係をつとめながら前座のリングに立ちつづける不本意な日々を強いられた。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たTAKAみちのく

    2011年1月4日、首の負傷が完治しない中でレッスルキングダムVのセミファイナルで田中と対決し勝利。その後は小島聡と抗争を繰り広げ、幾度となくシングルマッチで激突。5月3日のシングル戦で勝ち越しを収めた試合後、タイチ、TAKAみちのく、さらに突如現れた鈴木みのるの襲撃を受ける小島を救出に入り握手を交わした。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た武藤敬司武藤 敬司

    7月、ZERO1-MAXの火祭りに初出場し、Aブロックを1位通過。決勝にコマを進めるが田中将斗に敗れ準優勝。日を間もなくして開催されたG1でも決勝で後藤洋央紀に敗れ去り準優勝で終わる。9月21日に全日本プロレスへ流出したIWGPヘビー級王座を所持する武藤敬司とのタイトル戦に臨むも敗戦。G1 TAG LEAGUEでは矢野とのIWGPタッグ王者として出場するも、天コジ(天山、小島聡組)に敗れ準優勝に終わった。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た布袋寅泰

    Immigrant Song / 布袋寅泰(現在)※ブルーザー・ブロディが使用していた入場曲「移民の歌」を布袋がカバーした物。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た永田裕志

    2007年3月に開催されたNEW JAPAN CUPでは決勝で永田裕志に敗れ準優勝に終わる。7月6日には永田が持つIWGPヘビー級王座に初挑戦、G1 CLIMAXでは初の決勝トーナメントに進出を果たす。12月には同じくG・B・Hに所属する矢野通と共に東京スポーツプロレス大賞最優秀タッグチーム賞を受賞した。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た成瀬昌由

    そんな折、高山善廣とのタッグでプロレスリング・ノアの小橋建太、本田多聞が保持するGHCタッグ王座に挑戦。敗北を喫するも、奮闘を見せつけ自身の評価を上げる。その後は腰痛に苦しみ、なかなか結果を残せず。2004年8月、G1 CLIMAXに初出場を果たしたのを機にリングネームを真壁刀義に変更。10月に成瀬昌由と共に下剋上宣言を行い、トップ層との争いを目論むも頓挫。その後、成瀬がケガで欠場する間に蝶野正洋率いるブラック・ニュージャパンに加入。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た鈴木みのる

    2011年1月4日、首の負傷が完治しない中でレッスルキングダムVのセミファイナルで田中と対決し勝利。その後は小島聡と抗争を繰り広げ、幾度となくシングルマッチで激突。5月3日のシングル戦で勝ち越しを収めた試合後、タイチ、TAKAみちのく、さらに突如現れた鈴木みのるの襲撃を受ける小島を救出に入り握手を交わした。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た小橋建太

    そんな折、高山善廣とのタッグでプロレスリング・ノアの小橋建太、本田多聞が保持するGHCタッグ王座に挑戦。敗北を喫するも、奮闘を見せつけ自身の評価を上げる。その後は腰痛に苦しみ、なかなか結果を残せず。2004年8月、G1 CLIMAXに初出場を果たしたのを機にリングネームを真壁刀義に変更。10月に成瀬昌由と共に下剋上宣言を行い、トップ層との争いを目論むも頓挫。その後、成瀬がケガで欠場する間に蝶野正洋率いるブラック・ニュージャパンに加入。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

115件中 11 - 20件表示

「真壁刀義」のニューストピックワード