200件中 11 - 20件表示
  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た天山広吉

    9月24日、アパッチプロレス軍が主催する興行のメインイベントに出場、ストリートファイト有刺鉄線バリケードマットチェーン・デスマッチルールで金村キンタローを破りWEWヘビー級王座を奪取する。真壁はこの一戦を皮切りに新日本、アパッチで怒涛のブレイクを果たし、「これが現実だ!」が決め台詞として定着。インディーの至宝とも呼べるWEW王座を乗っ取ったことで、「悪の王者」としてインディーファンから多くのブーイングを受けた。新日本では、天山広吉の呼びかけに応じる形でヒールユニット、G・B・Hのメンバーの一員として活動。徹底的に嫌われるヒールを目指した姿勢が評価され、徐々に人気を上げて行く。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た武藤敬司

    7月、ZERO1-MAXの火祭りに初出場しAブロックを1位で通過。決勝にコマを進めるが田中将斗に敗れ準優勝に終わった。日を間もなくして開催されたG1 CLIMAXでも決勝で後藤洋央紀に敗れ去り準優勝に終わる。9月21日に全日本プロレスへ流出したIWGPヘビー級王座を所持する武藤敬司とのタイトル戦に臨むも敗戦。G1 TAG LEAGUEでは矢野とのIWGPタッグ王者として出場するも、テンコジ(天山 & 小島聡組)に敗れ準優勝に終わった。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た北野武

    監督・ばんざい! (2007年、北野武監督)真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た勝俣州和

    上記の通り首から金属製の鎖を掛けているが、首への負担が大きいため、長時間のテレビ収録の時にはプラスチック製に変えている。自身は金属アレルギーであり、使用している鎖にはコーティングが施されていることなどを2015年4月、ダウンタウンDXに出演した際プロレス好きの勝俣州和から暴露された。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た山本小鉄

    1997年2月15日、神奈川県いすゞ自動車大和体育館での大谷晋二郎戦で本名の真壁伸也としてデビューを果たす。 真壁が学生プロレスの出身だったことも災いし、当時は理不尽なまでのシゴキを受けていたが、山本小鉄にはトレーニングに取り組む様子を評価されていたという。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た飯伏幸太

    7月、G1 CLIMAXにNEVER王者として出場したが、最終日を待たずして予選落ちが確定してしまい、4勝5敗という成績で終わった。その中でも最終公式戦で対戦した飯伏幸太に敗北を喫したことから因縁が芽生え抗争に発展。9月23日、DESTRUCTION in OKAYAMAにて、NEVER王座の防衛戦として飯伏と対戦。最後は本邦初公開となったスパイダードラゴン・スープレックスからキングコング・ニードロップを炸裂させ、2度目の防衛に成功した。10月12日、KING OF PRO-WRESTLINGにて、NEVER王座3度目の防衛戦として石井と対戦したが敗戦し同王座から陥落した。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た高山善廣

    そんな折、高山善廣とのタッグでプロレスリング・ノアの小橋建太、本田多聞が保持するGHCタッグ王座に挑戦。敗北を喫するも、奮闘を見せつけ自身の評価を上げる。2004年8月、G1 CLIMAXに初出場を果たしたのを機に、リングネームを真壁刀義に変更。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た柴田勝頼

    4月19日、Road to レスリングどんたく 2014にて、棚橋とのタッグでIWGPタッグ王者組のアンダーソン & ギャローズ組とノンタイトルマッチで対戦し、棚橋がアンダーソンからピンフォール勝ちを収めた。さらに5月3日のレスリングどんたく 2014にて行われたイリミネーションマッチにおいて、棚橋、内藤哲也、ライガーと組み、BC(アンダーソン & ギャローズ & ファレ & タマ・トンガ)と対戦し、最後は棚橋と共に生き残り勝利。試合後にマイクを握ると、棚橋とのタッグでIWGPタッグ王座に挑戦を表明したが、直後に後藤洋央紀 & 柴田勝頼がリング上に現れ、自分たちこそが次期挑戦者であると主張した。同月25日、BACK TO THE YOKOHAMA ARENAにて、棚橋とタッグを組み、IWGPタッグ王座ナンバーワン・コンテンダーマッチと銘打たれた試合で後藤 & 柴田組と対戦。試合終盤、後藤の放ったミドルキックが顎を直撃し出血するも、最後は後藤からキングコングニードロップでピンフォール勝ちを収めて挑戦権を獲得。しかし、試合後も出血が止まらない状態が続き診断の結果、下顎歯槽骨骨折を負っていたことが発表された。6月21日、DOMINION 6.21のセミファイナルにて復帰。棚橋とのタッグでIWGPタッグ王座を保持するアンダーソン & ギャローズ組に挑戦するも、終始負傷箇所である顎を攻め込まれ、最後はマジックキラーでピンフォール負けを喫し王座奪取とはならなかった。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た桜庭和志

    9月23日、DESTRUCTIONで、G1 CLIMAX最終日にリング上に現れた桜庭和志 & 柴田組の試合終了後に乱入し「この俺が喧嘩を買ってやる」とマイクパフォーマンスを行った。同じく喧嘩を買って出た井上亘とのタッグで二度対戦するが、いずれも敗戦。さらに試合を重ねるうちに柴田との因縁が激化し、シングルマッチを要求した。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た大谷晋二郎

    1997年2月15日、神奈川県いすゞ自動車大和体育館での大谷晋二郎戦で本名の真壁伸也としてデビューを果たす。 真壁が学生プロレスの出身だったことも災いし、当時は理不尽なまでのシゴキを受けていたが、山本小鉄にはトレーニングに取り組む様子を評価されていたという。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

200件中 11 - 20件表示

「真壁刀義」のニューストピックワード