200件中 41 - 50件表示
  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たG・B・H (プロレス)

    9月24日、アパッチプロレス軍が主催する興行のメインイベントに出場、ストリートファイト有刺鉄線バリケードマットチェーン・デスマッチルールで金村キンタローを破りWEWヘビー級王座を奪取する。真壁はこの一戦を皮切りに新日本、アパッチで怒涛のブレイクを果たし、「これが現実だ!」が決め台詞として定着。インディーの至宝とも呼べるWEW王座を乗っ取ったことで、「悪の王者」としてインディーファンから多くのブーイングを受けた。新日本では、天山広吉の呼びかけに応じる形でヒールユニット、G・B・Hのメンバーの一員として活動。徹底的に嫌われるヒールを目指した姿勢が評価され、徐々に人気を上げて行く。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たピート・フィフィタ

    4月19日、Road to レスリングどんたく 2014にて、棚橋とのタッグでIWGPタッグ王者組のアンダーソン & ギャローズ組とノンタイトルマッチで対戦し、棚橋がアンダーソンからピンフォール勝ちを収めた。さらに5月3日のレスリングどんたく 2014にて行われたイリミネーションマッチにおいて、棚橋、内藤哲也、ライガーと組み、BC(アンダーソン & ギャローズ & ファレ & タマ・トンガ)と対戦し、最後は棚橋と共に生き残り勝利。試合後にマイクを握ると、棚橋とのタッグでIWGPタッグ王座に挑戦を表明したが、直後に後藤洋央紀 & 柴田勝頼がリング上に現れ、自分たちこそが次期挑戦者であると主張した。同月25日、BACK TO THE YOKOHAMA ARENAにて、棚橋とタッグを組み、IWGPタッグ王座ナンバーワン・コンテンダーマッチと銘打たれた試合で後藤 & 柴田組と対戦。試合終盤、後藤の放ったミドルキックが顎を直撃し出血するも、最後は後藤からキングコングニードロップでピンフォール勝ちを収めて挑戦権を獲得。しかし、試合後も出血が止まらない状態が続き診断の結果、下顎歯槽骨骨折を負っていたことが発表された。6月21日、DOMINION 6.21のセミファイナルにて復帰。棚橋とのタッグでIWGPタッグ王座を保持するアンダーソン & ギャローズ組に挑戦するも、終始負傷箇所である顎を攻め込まれ、最後はマジックキラーでピンフォール負けを喫し王座奪取とはならなかった。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たHARASHIMA

    中学時代から柔道を経験し、帝京大学在学中に二段を習得。また、プリン真壁のリングネームで学生プロレスで活躍(サークルの後輩にDDTのHARASHIMA、AV男優のミートボール吉野がいる)した。卒業後の1996年4月に新日本プロレス入団。同期入門者には藤田和之がいる。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た関本大介

    「LOCK UP」第1回興行でメインイベント後に乱入し、当日のメインイベントに出場していた金村キンタローに「真壁は呼んでないよ」と言われるも、空気を読まないギミックを貫いた。この金村の「真壁は呼んでいない」発言が真壁を覚醒させ、現在の“暴走コング”と呼ばれる地位を確立させたとも言われる。第2回興行ではリングから柔らかいコーナークッションを外し、蛍光灯などの凶器で血だるまになるほど殴られている関本大介をクッションで殴打するコミカルな一面を見せた。第3回興行でもコーナークッションを外すが、外すだけでその後は普通に試合を行った。しかし第5回興行ではマンモス佐々木との金網デスマッチでメインイベンターを務め、アパッチプロレス興行では前述の金村率いるアパッチ軍の強大な敵として存在を確立するなど、「単発興行との相性が悪い」というイメージを払拭した。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たブルーザー・ブロディ

    2006年1月に復帰、新日本の別ブランドWRESTLE LANDでUNCHAINED GORILLAのキャッチフレーズを付与され、これをキッカケにブルーザー・ブロディと同じ入場テーマ曲である移民の歌に変更、入場の際にも首から掛けた鎖をブロディと同様にトレードマークとして使用し始めた。また、この頃よりメインイベンターとなりつつあった棚橋弘至や中邑真輔に対し「キレイどころはまかせる、あいつらにはできないプロレスをやる」というスタンスを取りデスマッチ路線に進出開始。インディー団体への出撃も積極的に行うようになる。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た大河ドラマ

    2月21日、後楽園ホールにて真壁のデビュー20周年記念興行である 真壁刀義 20th anniversary を開催。メインイベントにてノンタイトルながら真壁 & 本間組対矢野 & 石井組戦を行い、最後は真壁が矢野からキングコング・ニードロップでピンフォール勝ちを収めた。試合後、再度のIWGPタッグ王座の矢野組への挑戦、および「新日本プロレスをさらなるランクアップさせるため、俺にしかできないことがある」との理由で3月からのNEW JAPAN CUPを出場辞退する意向を表明した。この「俺にしかできないこと」とは、NHKの大河ドラマ『おんな城主 直虎』への出演であり、撮影時期とNEW JAPAN CUPの開催時期が重なったための出場辞退であった。しかし3月3日の沖縄大会にて本間が負傷、中心性頸髄損傷により長期欠場となることから、IWGPタッグ王座への挑戦を辞退した。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た全日本プロレス

    その後、長州をパートナーにIWGPタッグ王座挑戦やBEST OF THE SUPER Jrに初出場、全日本プロレスのアジアタッグ王座を巡ったトーナメントに出場する機会を得るも、いずれも結果を残せなかった。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たDDTプロレスリング

    中学時代から柔道を経験し、帝京大学在学中に二段を習得。また、プリン真壁のリングネームで学生プロレスで活躍(サークルの後輩にDDTのHARASHIMA、AV男優のミートボール吉野がいる)した。卒業後の1996年4月に新日本プロレス入団。同期入門者には藤田和之がいる。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たプロレスリング・ノア

    そんな折、高山善廣とのタッグでプロレスリング・ノアの小橋建太、本田多聞が保持するGHCタッグ王座に挑戦。敗北を喫するも、奮闘を見せつけ自身の評価を上げる。2004年8月、G1 CLIMAXに初出場を果たしたのを機に、リングネームを真壁刀義に変更。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たNHK総合テレビジョン

    おんな城主 直虎(2017年、NHK総合) - 力也 役真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

200件中 41 - 50件表示

「真壁刀義」のニューストピックワード