200件中 71 - 80件表示
  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たマサ斉藤

    変形の足4の字固め。マサ斉藤の代名詞的技として知られる。2008年のG1 CLIMAXで初披露し、それ以降、真壁はこの技をフィニッシュホールドとして使うこともある。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た安斎肇

    『空耳アワー』のVTRに出演した際に、右手を怪我しており、わざわざタモリや安斎肇のために手紙を書いて、手を怪我していたことを謝罪していた。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たタイチ (プロレスラー)

    2011年1月4日、首の負傷が完治しない中でレッスルキングダムVのセミファイナルで田中と対決し勝利。その後は小島と抗争を繰り広げ、幾度となくシングルマッチで激突。5月3日のシングル戦で勝ち越しを収めた試合後、タイチ、TAKAみちのく、さらに突如現れた鈴木みのるの襲撃を受ける小島を救出に入り、握手を交わした。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た菱沼康介

    フジミ姫?あるゾンビ少女の災難? (2013年、菱沼康介監督)真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た潮崎豪

    5月3日、中邑の保持するIWGPヘビー級王座に挑戦し、立ち上がろうとした中邑の顔面にキングコング・ニードロップ投下させ、ピンフォール勝ちを収め同王座に初戴冠した。潮崎豪、中邑、田中を相手に3度の防衛に成功するも、同年に開催されたG1 CLIMAXで初の所属外選手として優勝を果たした小島に敗れ、王座から陥落した。その後、真壁は本間をパートナーにG1 TAG LEAGUEに出場するも、リーグ戦消化中に抗争を繰り広げていた田中のハードコア殺法を受けて首を負傷しリーグ戦も途中棄権となった。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たランス・ホイット

    28日の試合で6人タッグながら初めて小島とタッグを組み勝利し、試合後の小島の握手を答えたことで晴れて共同戦線を張った。ただし、タッグとしての共闘は互いの目的と利害が一致していただけであり、信頼関係でできたタッグでない暫定的なものである事を小島と共に主張している。6月18日、DOMINION 6.18にて、鈴木軍の鈴木 & ランス・アーチャー組と対戦するが、小島が鈴木にピンフォールを奪われ敗戦。9月19日にG1で黒星を喫しているランス戦でリベンジを果たすと、10月10日に鈴木と対戦。鈴木のゴッチ式パイルドライバーで敗北した後、鈴木のセコンドに付いていた高山にエベレストジャーマンで追い打ちを掛けられたことで高山との因縁が勃発した。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た飯塚高史

    9月27日、空位となったIWGPヘビー級王座を賭けた試合で中邑と再戦するも、ボマイェでピンフォールを奪われ戴冠はならなかった。さらに試合後のコメントブースで飯塚高史の襲撃を受け因縁が勃発していった。11月8日に飯塚とチェーン・デスマッチを敢行しK.O.勝ちを収めるも、次シリーズで幾度となく襲撃され、12月5日に再度同じルールで対戦。コーナーで逆さ吊り状態となった飯塚の首をチェーンで締め上げ、レフェリーストップとなり抗争に終止符を打つ。12月8日、東京スポーツプロレス大賞で敢闘賞を受賞した。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た越中詩郎

    「サンキューな」(2009年のG1初制覇時)が名セリフとして有名だが、これを最初に使ったのは越中詩郎である。当時G・B・Hで真壁と共闘していた越中が、2007年5月に永田裕志の持つIWGPヘビー級のシングルのベルトに挑戦して、惜しくも敗れた際に、試合後の記者の呼び掛けに対して、一言だけ、「サンキュー。サンキューな」と答えたものが元祖である。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た井上亘

    9月23日、DESTRUCTIONで、G1 CLIMAX最終日にリング上に現れた桜庭和志 & 柴田組の試合終了後に乱入し「この俺が喧嘩を買ってやる」とマイクパフォーマンスを行った。同じく喧嘩を買って出た井上亘とのタッグで二度対戦するが、いずれも敗戦。さらに試合を重ねるうちに柴田との因縁が激化し、シングルマッチを要求した。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たプリンス・デヴィット

    8月、G1 CLIMAXに出場。決勝進出に王手をかけた状態で最終日を迎え、公式リーグ戦の最後の相手であるプリンス・デヴィットと対戦。デヴィットのセコンドについていたバッドラック・ファレの介入を受けて、最後はピンフォール負けを喫し予選落ちとなってしまった。また、この一連の出来事をキッカケにデヴィット率いるBULLET CLUB(以下BC)との抗争に身を投じることとなり、9月29日、DESTRUCTIONでの棚橋 vs デヴィットによるランバージャック・デスマッチで、棚橋のセコンドにつき、試合に乱入してきたBCのメンバーを一掃し、棚橋を勝利に導いた。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

200件中 71 - 80件表示

「真壁刀義」のニューストピックワード