115件中 81 - 90件表示
  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た神奈川県

    真壁 刀義(まかべ とうぎ、1972年9月29日 - )は、日本の男性プロレスラー。本名及び旧リングネームは真壁 伸也(まかべ しんや)。神奈川県相模原市出身。新日本プロレス所属。血液型B型。神奈川県立城山高等学校→帝京大学出身。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た日本武道館

    2010年1月4日、プロレスリング・ノア対抗戦の先陣を切りモハメド・ヨネと対戦。キングコングニードロップで快勝した。9日に開催されたNOAHのグローバル・タッグ・リーグ戦では本間朋晃とのタッグで初出場。2月28日、日本武道館大会では杉浦貴の持つGHCヘビー級王座に挑戦したが敗れた。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た両国国技館

    前述のDDT・HARASHIMAとは、2010年3月14日DDT後楽園大会でシングルマッチで対戦し真壁の勝利。試合後、メインイベンターを務めた前年の新日本・DDTそれぞれの両国国技館大会を例に挙げ、「同じ穴のムジナ」と話した。その後、関本大介とのKO-D無差別級選手権試合を控えたHARASHIMAを新日本道場に招いて合同練習を行い、自らスパーリングパートナーを務めるなど、仮想・関本としてHARASHIMAのKO-D無差別級王座奪取に貢献している。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た足4の字固め

    変形の足4の字固め。マサ斉藤の代名詞的技として知られる。2008年のG1 CLIMAXで初披露し、それ以降、この技をフィニッシュホールドとして使うこともある。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たマイクパフォーマンス

    9月23日、G1 CLIMAX最終日にリング上に現れた桜庭和志、柴田勝頼組の試合終了後に乱入し「この俺が喧嘩を買ってやる」とマイクパフォーマンスを行う。同じく喧嘩を買って出た井上亘とのタッグで二度対戦するが、いずれも敗戦。さらに、試合を重ねるうちに柴田との因縁が激化し、シングルマッチを要求。2013年1月4日のレッスルキングダム7で柴田と対戦。後頭部へのキングコング・ニードロップを炸裂させ、勝利を収めた。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たSTAND UP!ヴァンガード

    STAND UP!ヴァンガード(2012年5月3日、テレビ東京)真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た島流し

    2000年に開催されたヤングライオン杯では準優勝の好成績をマークするものの、2001年にプエルトリコに島流しともいえる形で無期限海外遠征に出発。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たベスト・オブ・ザ・スーパージュニア

    その後、長州をパートナーにIWGPタッグ王座挑戦やBEST OF THE SUPER Jrに初出場、全日本プロレスのアジアタッグ王座を巡ったトーナメントに出場する機会を得るも、いずれも結果を残せず。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たサマーナイトフィーバー in 両国 WE ARE PRO-WRESTLING LOVE!

    7月1日、全日本プロレスとの共同興行サマーナイトフィーバー in 両国 WE ARE PRO-WRESTLING LOVE!におけるトリプルメインイベントのトリを飾り、棚橋の保持するIWGP王座に挑戦するも、ハイフライフローで敗北。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見たヒール (プロレス)

    海外遠征から帰国後の2002年、KAIENTAI-DOJOの藤田ミノルと結託しヒールへ転身。しかし今度は棚橋弘至や柴田勝頼等が頭角をあらわした為、トップ戦線で活躍する第三世代と新闘魂三銃士(棚橋、柴田、中邑真輔)の間に埋もれてしまう。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

115件中 81 - 90件表示

「真壁刀義」のニューストピックワード