真弓明信 ニュース&Wiki etc.

真弓 明信(まゆみ あきのぶ、1953年7月12日 - )は、福岡県大牟田市出身の元プロ野球選手(外野手、遊撃手、二塁手)、野球解説者。2009年から2011年まで阪神タイガース第31代監督を務めた。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「真弓明信」のつながり調べ

  • 弘田澄男

    弘田澄男から見た真弓明信

    に藤倉一雅との交換トレードで阪神タイガースに移籍し、主に二番打者として打率.313(セ・リーグ打撃ランキング第9位)を記録。のシーズン後半は北村照文、吉竹春樹に定位置を譲るが、21年ぶりのリーグ優勝に貢献、日本シリーズでも2リーグ制になってから初めての日本一に貢献した(弘田自身、両リーグで日本一を経験したことになる)。同年のシリーズから指名打者が採用され、同年に限り全試合指名打者制で行われた。監督の吉田義男はセ・リーグ球団初の指名打者に弘田を起用、全6試合「ニ番指名打者」として先発出場。成績は22打数3安打で打率.136と数字の上では結果は残せなかったが、3安打の全ては後続のクリーンナップへチャンスをつなげる役割を果たしており、特に第1戦の8回表には真弓明信の二塁打を足掛かりに弘田が送りバントから打球が一、二塁間を抜けるヒットへと作戦を変えるバスターで出塁して、三番打者のランディ・バースが試合を決める3ランホームランを演出した。に一軍外野守備走塁コーチ兼任となったが、選手としての支配下登録は事実上形式的なもので試合出場はなく、背番号も専任コーチ並みの73に変更していた。同年限りで正式に引退。(弘田澄男 フレッシュアイペディアより)

  • ドン・ブラッシンゲーム

    ドン・ブラッシンゲームから見た真弓明信

    からは選手兼任監督に就任した野村の要請もあり、南海のヘッドコーチに就任のリーグ優勝に貢献したが、に野村の解任に伴って退任。野村は「ブレイザーは私に考える野球を教えてくれた恩人」と著書で記している。野村によると、ブレイザーは最初のミーティングでそれまで南海の選手が見たことも聞いたこともなかった野球理論や知識を伝授し、シンキングベースボールの奥深さを教えた。緻密な野球を組み立て、日本球界に革命をもたらした。には古葉竹識監督の招聘で広島東洋カープ一軍守備兼ヘッドコーチを務め、家族を大阪に残して単身赴任という形でチームを指導。古葉は「ブレイザーの野球を見て本当に勉強になった」と述べた。には阪神タイガース監督に就任。「考える野球(シンキング・ベースボール)」の仕組を取り入れた采配が期待された。就任1年目の同年は最終的に4位に終わったが、前年のに比べれば持ち直し、夏のロード明けまで首位争いに加わり、前年より20勝も増やした。前年オフにブレイザーが敢行した西武ライオンズとの大型トレード(田淵幸一・古沢憲司ー真弓明信・若菜嘉晴らを交換した)や小林繁の獲得などで前年に比べて戦力がアップされたこともあったが、ブレイザーの手腕によるものも大きかった。当時遊撃手の真弓に「つま先は常にホーム方向へ」と指示し、遊撃の守備位置や動きで投手の球種を悟らせない「考える守備」を提唱した。は当時新人の岡田彰布の起用法を巡ってフロントと軋轢が生じた。岡田はブレイザーとの初対面で市原稔通訳兼任コーチを介して「いくら力のあるルーキーでも、メジャーリーグでは最初からいきなり試合起用することはない」と告げられ、「そんなの関係ないやろう」という反骨心が芽生えたと後に著書に記している。岡田自身は起用がないことについて表立ってコメントすることはなかったが、大物新人スラッガーをいち早く一軍で活躍させたい小津正次郎球団社長を中心とするフロント、ファンやマスコミが許さなかったためと言われる。ブレイザーがヤクルトスワローズから獲得したデーブ・ヒルトンを成績・特に打撃が不振にもかかわらず守備面を評価して起用し続けたこともそうした声に拍車をかけることになった。結局、ファンから自宅にカミソリ入りの手紙を送りつけられ、夫人が「こんな野蛮な国はイヤ」と帰国を懇請したこと、また球団フロントがヒルトンを退団(これについてはブレイザーも了承していたが)させた後、ブルース・ボウクレアを獲得したことを「フロントの現場への介入」と見たこともあって、シーズン途中の5月14日で退任。ブレイザー退任後は中西太一軍ヘッド兼打撃コーチが後任の監督となったが、5位に終わっている。阪神退団後は複数球団から誘われたが、に古巣・南海の監督に就任。一年目は5位、二年目は最下位と低迷。持病の心臓病に痛風が重なるなど健康上の問題もあって辞任。帰国後は南海の駐米スカウトを経て、カージナルス及びフィラデルフィア・フィリーズのコーチを務めた。フィリーズではアドバイザーも務めた。息子のケントは日本球界の情報に詳しく、しばしば父に情報を伝えていたが、岡田の監督就任については伝えなかったという(出典:読売新聞『追悼抄』)。(ドン・ブラッシンゲーム フレッシュアイペディアより)

「真弓明信」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「真弓明信」のニューストピックワード

  • 大磯frais−Tekka−(オオイソフレテッカ)

  • 初めての試みでしたが、不思議とやればできると確信していました

  • お中元を贈る際の意識・こだわりに関する調査