144件中 91 - 100件表示
  • 今岡誠

    今岡誠から見た真弓明信真弓明信

    は背水の陣で挑む覚悟と前年にコメントし、真弓明信監督も今岡の復活に期待をこめて新井を三塁手にコンバートし、一塁手で今岡を使えるように配慮した。しかし、結局打率1割前半と低迷、出場の機会を失った。9月1日に複数のメディアが引退、もしくは来季の戦力構想外と報じた。この年は更に出場機会を減らし23試合にしか出場できなかった。同年10月に戦力外通告を受けて阪神を退団。11月11日に行われた12球団合同トライアウトに参加した。今岡誠 フレッシュアイペディアより)

  • 南関町

    南関町から見た真弓明信真弓明信

    真弓明信(元プロ野球選手・阪神タイガース監督 福岡県大牟田市育ち)南関町 フレッシュアイペディアより)

  • 竹之内雅史

    竹之内雅史から見た真弓明信真弓明信

    1979年、田淵幸一・古沢憲司とのトレードで真弓明信・若菜嘉晴らと共に阪神タイガースへ電撃移籍。1年目から4番に座り、オールスター前だけで17本塁打を打つ。主に外野を守った。翌1980年、5月27日の中日戦でサヨナラ満塁ホームランを放つ。その後は肋骨を折ってしまったが、復帰した7月5日の大洋戦でサヨナラヒットを放つ。しかし、1981年の5月10日のヤクルト戦で松岡弘から死球を右手に受けに骨折。それがもとで低迷、翌1982年5月19日の対ヤクルト戦後に引退表明し、この年限りで現役を引退。竹之内雅史 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤光四郎

    伊藤光四郎から見た真弓明信真弓明信

    引退後は西鉄・太平洋・クラウンの二軍打撃コーチ(1971年 - 1975年)、一軍打撃コーチ(1976年 - 1977年)を務め、吉岡悟・大田卓司・鈴木治彦・真弓明信を育てた。その後はラジオ関東→ラジオ日本・ラジオ関西解説者(1978年 - 1985年)を経て、1986年にロッテオリオンズの二軍打撃コーチとして現場復帰し、翌1987年からは球団のフロントに入る。1994年に退団した。伊藤光四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 和田博実

    和田博実から見た真弓明信真弓明信

    引退後は身売り後に球団との関係が生じていたアメリカのマイナーリーグ1A、ローダイ・ライオンズ(現:ランチョクカモンガ・クエークス)のコーチ(1973年)を経て、太平洋クラブ・クラウンライター・西武とライオンズ一筋に二軍監督(1974年 - 1977年, 1987年 - 1992年)、一軍打撃コーチ(1978年)、一軍作戦コーチ(1979年 - 1981年)、二軍バッテリーコーチ(1982年 - 1984年)、二軍打撃コーチ(1985年 - 1986年)を歴任。太平洋・クラウン二軍監督時代は若菜嘉晴、永射保、山村善則、真弓明信、鈴木治彦を育てた。西武コーチ時代はアメリカのマイナーリーグ「サンノゼ・ビーズ」などへの若手選手の野球留学を引率し、秋山幸二、工藤公康、大久保博元などの選手を育て上げた。大リーグ通としても知られ、タイラー・バン・バークレオなどの外国人選手を紹介した。選手にニックネームを付ける名人でもあり、デーブ大久保のニックネームは、和田が名付け親である。サンノゼ・ビーズでは、ライオンズの選手には「安部理(Sam Abe)」「相馬勝也(Bunny Soma)」のように英語名が付けられ、自身はHank Wadaと名乗った。西武退団後の1993年、阪神タイガースの編成部に招聘される。社長付渉外担当としてグレン・デービスを獲得。1995年からはヘッドコーチとなり、他球団のユニフォームに初めて袖を通す。その後は再びフロントとなったが、1997年には二軍監督として若手選手を指導。その年のウエスタン・リーグで優勝に導き、1998年まで務める。阪神退団後は西日本スポーツ評論家(1999年)、サンワード貿易助監督(2000年 - 2005年)、沖データコンピュータ教育学院シニアアドバイザーを務めた。和田博実 フレッシュアイペディアより)

  • ニュース・シグナル

    ニュース・シグナルから見た真弓明信真弓明信

    谷口の持ち味・得意分野を前面に出した「トラの巻」では、映像素材がなくても『サンテレビボックス席』で実況・ベンチリポートを担当する同局のスポーツアナウンサーなどの独自取材でタイガース情報を伝えられることがよく分かるコーナー。真弓明信が一軍監督として同球団へ復帰することが報じられた当日に、(たまたま同局のオフシーズン番組『熱血!タイガース党』への生出演を控えていた)真弓を当番組のスタジオに迎えるなど、他の在阪局や在京局の追随を許さない芸当を見せることもある。2011年4月からは、スポーツ担当ではない榎木麻衣(サンテレビアナウンサー、2010年中途採用)が、月曜日放送の「月曜トラの巻」を担当している。ニュース・シグナル フレッシュアイペディアより)

  • 金城致勲

    金城致勲から見た真弓明信真弓明信

    大阪・生野工高から1972年ドラフト10位で投手として太平洋クラブライオンズ入団。1975年から野手転向。1979年には真弓明信の阪神移籍に伴い広瀬宰、行沢久隆、大原徹也と遊撃手のポジションを争ったが、レギュラーの座は奪えなかった。1980年オフシーズンにロッテオリオンズに無償トレードで移籍。1982年現役引退。金城致勲 フレッシュアイペディアより)

  • 日野茂

    日野茂から見た真弓明信真弓明信

    ライオンズ時代には真弓明信・田邊徳雄、ベイスターズ時代には金城龍彦を育てた。日野茂 フレッシュアイペディアより)

  • 山内一弘

    山内一弘から見た真弓明信真弓明信

    一度教え出すと徹底的に指導することから、「かっぱえびせん」の異名をとった。気が付けば唾を飛ばして試合前の相手チームの選手にまで指導してしまう熱の入れようだった。巨人コーチ時代には報知新聞付録のプロ野球名鑑プロフィールの「趣味」欄に「コーチ」と書かれていたほどで、実際に本塁打を打ってベンチに戻った直後の呂明賜に指導する姿が、テレビに映し出されたこともある。掛布雅之、水谷実雄、高橋慶彦、田淵幸一、真弓明信、原辰徳といった選手達を指導し、その打撃理論で数々の名打者を育てた。また、阪神の助っ人選手として活躍したハル・ブリーデンやマイク・ラインバックなどには、「阪神が弱くなったのは山内コーチを辞めさせたせいだ」とまで絶賛されている。特に阪神入団当初に「タイガース史上最低の外国人選手」のレッテルを張られたラインバックは、熱心に自分の面倒を見てくれた山内に、強く感謝していた。山内一弘 フレッシュアイペディアより)

  • 当たるトラ年! 今年も大躍進 必殺&タイガース

    当たるトラ年! 今年も大躍進 必殺&タイガースから見た真弓明信真弓明信

    企画では、当時の阪神の理想先発オーダーに合わせ、「歴代仕事人ベストオーダー」も発表されている。それによると、3番藤枝梅安、4番中村主水、5番念仏の鉄、トップバッターは秀だった。阪神オーダーは、トップ真弓、3番バース、4番掛布、5番岡田。他にも勇次、組紐屋の竜、鍛冶屋の政などがオーダーに名を連ねた。当たるトラ年! 今年も大躍進 必殺&タイガース フレッシュアイペディアより)

144件中 91 - 100件表示

「真弓明信」のニューストピックワード