2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
107件中 91 - 100件表示
  • 今岡誠

    今岡誠から見た真弓明信真弓明信

    は背水の陣で挑む覚悟と前年にコメントし、真弓明信監督も今岡の復活に期待をこめて新井を三塁手にコンバートし、一塁手で今岡を使えるように配慮した。しかし、結局不振から脱却できずに打率1割前半と低迷、出場の機会を失った。9月1日に複数のメディアが引退、もしくは来季の戦力構想外と報じた。同年10月に戦力外通告を受けて阪神を退団。11月11日に行われた12球団合同トライアウトに参加した。今岡誠 フレッシュアイペディアより)

  • 松中信彦

    松中信彦から見た真弓明信真弓明信

    2006年のワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出され、4番を任される。「長打は捨てる」と発言した通り本塁打はなかったものの全試合にスタメン出場、.433の高打率で日本チームの優勝に貢献。シーズンでは前半戦怪我の影響から指名打者どころか代打に回ることも多かったが、この年の交流戦以降はチーム事情として田上秀則を指名打者で起用する事が増えたため主に左翼手として出場した。6月に右臀部の膿瘍で試合を欠場。その後筋肉組織の感染症の一種であるガス壊疽と判明し手術を受け、オールスターを欠場することを余儀なくされた。シーズンでは2年ぶりの首位打者を獲得した(交流戦でも首位打者を獲得)ものの、本塁打と打点は前年と比較して激減した。1999年の規定打席到達後では初めて20本塁打を下回った。一方、自己最多の102四球で出塁率.453をマークした。プレーオフでは自身は18打数7安打7打点と活躍したが、第2ステージで北海道日本ハムファイターズに敗退した。4年連続5度目のベストナインに外野手として選出。一塁手で3回、指名打者で1回同賞を受賞しており、異なる3ポジションでの受賞は真弓明信、落合博満以来3人目。松中信彦 フレッシュアイペディアより)

  • 南関町

    南関町から見た真弓明信真弓明信

    真弓明信(元プロ野球選手,現阪神タイガース監督 福岡県大牟田市育ち)南関町 フレッシュアイペディアより)

  • 掛布雅之

    掛布雅之から見た真弓明信真弓明信

    広島東洋カープの山本浩二が4月30日の対阪神戦で、あとは三塁打さえ出ればサイクル安打達成という場面において第5打席に左中間に長打を放ったが、現役晩年の山本では三塁まで狙うのはかなり厳しい打球であった。それでも果敢に塁を狙い、三塁で掛布とのクロスプレーを制して、当時プロ野球最年長でのサイクル安打を達成した。しかしこの際、掛布のタッチの動作が非常にゆっくりとした追いタッチであった。山本は前の打席で中前打を放ち三塁まで進んできた時に「カケよ、次の打席で外野を抜いたらどんな打球でもココへ突っ込むから、よろしく頼むで」と言ってそれを実行した。試合はこの時点で広島が12-0と大きくリードしており、かつ終盤でもあったため、山本に三塁打を許しても流れは変わらないと判断した掛布が独断で「配慮」をしたのではないかといわれていた。掛布は当時「送球が逸れ、捕球時に前につんのめったためタッチが遅れた。八百長ではない」と説明していた(1983年5月1日・朝日新聞関西版より)。しかし2008年7月6日放送の「中井正広のブラックバラエティ」において、掛布は山本同席のもと、わざとタッチをしなかったことを告白した。その際、「この当たりでは三塁まで来ないだろうと思ったら走ってきたので焦った」、「タッチを遅らせるためわざとベースから離れファウルゾーン側に下がったが、それにもかかわらず真弓明信からの送球を捕球した段階で完全にアウトのタイミングであった」という状況が重なり、かなりの葛藤があったことも語っている。掛布雅之 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本シリーズ

    2003年の日本シリーズから見た真弓明信真弓明信

    実況:伊藤史隆 解説:吉田義男、中西清起 ゲスト解説:真弓明信(大阪近鉄ヘッドコーチ)、立浪和義2003年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 青山商事

    青山商事から見た真弓明信真弓明信

    阪神タイガースの選手・監督であった真弓明信も広告モデルとして起用されていた。青山商事 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤一彦

    遠藤一彦から見た真弓明信真弓明信

    1000奪三振:1985年5月16日、対阪神タイガース4回戦(阪神甲子園球場) 、4回裏に真弓明信から ※史上70人目遠藤一彦 フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・ボーグルソン

    ライアン・ボーグルソンから見た真弓明信真弓明信

    オフにはチームがFA宣言した三浦大輔の獲得に動いていたため、翌年の契約は戦力補強の結果と真弓明信新監督の意向次第となっていたが、先発投手としては長いイニングを投げられないことから戦力構想外となり、12月2日に自由契約公示された。ライアン・ボーグルソン フレッシュアイペディアより)

  • 岡田彰布

    岡田彰布から見た真弓明信真弓明信

    入団1年目の、監督のドン・ブレイザーは「岡田はまだ新人。じっくり鍛えた方がいい」という考えの下、岡田に二塁や外野の練習をさせていた。岡田はブレイザーとの初対面で通訳兼任コーチの市原稔を介して「いくら力のあるルーキーでも、メジャーリーグでは最初からいきなり試合起用することはない」と告げられ、「そんなの関係ないやろう」という反骨心が芽生えたと後に著書に記している。当時は三塁に掛布雅之、遊撃手に真弓明信、二塁手に中村勝広、榊原良行、ヤクルトスワローズから獲得したデイヴ・ヒルトンと、岡田の入る場所がなかった。しかも、ヒルトンはアリゾナキャンプの途中からチームに合流したため、二塁へのコンバート計画を聞いていた岡田は「なぜ二塁手のヒルトンを獲得するのか」と複雑な気持ちになり、まもなくブレイザーからは外野の練習をするように指示されたという。岡田彰布 フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ホワイトセル

    ジョシュ・ホワイトセルから見た真弓明信真弓明信

    代打3打席連続本塁打 ※史上4人目(過去の達成者は1984年のマーシャル・ブラント、1989年の真弓明信、1996年の藤立次郎)ジョシュ・ホワイトセル フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
107件中 91 - 100件表示

「真弓明信」のニューストピックワード