144件中 31 - 40件表示
  • 2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た真弓明信真弓明信

    実況:伊藤史隆、解説:真弓明信、リポーター:枝松順一(阪神サイド)、伊藤敦基(CBC、中日サイド)2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1979年の西武ライオンズ

    1979年の西武ライオンズから見た真弓明信真弓明信

    その後も、西武は積極的なチーム改編を進め、阪神から田淵幸一・古沢憲司(真弓・若菜・竹之内とトレード)、ロッテから野村克也(自由契約)・山崎裕之(倉持・古賀とトレード)を獲得した。さらに、ドラフト会議で4球団指名の森繁和の獲得に成功、江川事件によりドラフトに参加しなかった巨人がドラフト外での獲得を狙った松沼兄弟(博久・雅之)の獲得にも成功し、チーム編成を一新した。1979年の西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機恐怖症

    飛行機恐怖症から見た真弓明信真弓明信

    元プロ野球選手の真弓明信は国内での移動は長時間を要しても陸路で移動している。阪神監督時代も大阪から遠征先の新潟へ向かう際、空路移動のチームとは別に東海道新幹線と上越新幹線を乗り継いで5時間半かけて移動する程であった。真弓が大の飛行機嫌いになった原因として1985年8月12日に発生した日本航空123便墜落事故が挙げられ、真弓自身も同事故発生当日、墜落したJA8119号機に事故直前の便(福岡発東京行日本航空366便)で搭乗していた事や、身内である中埜肇球団社長が真弓たちと入れ替わる形で日本航空123便として運航された同機に搭乗して犠牲になった事が大きく影響している。飛行機恐怖症 フレッシュアイペディアより)

  • 天まであがれ!

    天まであがれ!から見た真弓明信真弓明信

    パート1とパート2とは、一部の出演者が同じである物のそれ以外の出演者が入れ替わっていることや世界観が全く異なる設定となっている。また、パート1の主題歌「男の勲章」が大ヒットするという快挙を成し遂げている。パート2では大半の登場人物の名前が原辰徳・掛布雅之・真弓明信・田淵幸一・江夏豊・広岡達郎など、当時のプロ野球のスター選手・監督がモデルになっていた。また、劇中音楽の一部は『家族ジャングル』で流用された。オープニングアニメは芝山努が制作。後半になると、周りの人達がメインの話として展開する回がある。天まであがれ! フレッシュアイペディアより)

  • 鬼頭政一

    鬼頭政一から見た真弓明信真弓明信

    引退後はアマチュア球界に転じて、日南高校、三菱化成、柳川商業高校で監督を歴任。日南高校では野球部を初の甲子園に導き、1963年の春の選抜へ出場。1回戦で準優勝校・北海と接戦を演じたが、無念の敗退を喫した。1968年に西鉄の一軍コーチとしてプロ球界に復帰し、1969年途中からは黒い霧事件の責任を取って引退・辞任した中西太の後を受けて代理監督を務めた(対戦成績14勝7敗)。その後は二軍監督(1970年 - 1971年)、ヘッドコーチ(1972年 - 1974年)を務めた。1976年、太平洋クラブライオンズの監督に就任。もともと、フロントはレオ・ドローチャーを招聘する予定が、種々の事情で来日しなくなり、急きょヘッドコーチだった鬼頭に要請され、引き受けることになった。球団名が「クラウンライターライオンズ」となった1977年に退任。2年連続最下位に終わったが、真弓明信・吉岡悟・鈴木治彦・若菜嘉晴・大田卓司・山村善則を積極的に起用。土井正博・白仁天・竹之内雅史・基満男らベテラン選手と対立しながらも、「走る野球」で若返りを断行していった。クラウン監督辞任後は、1年間球団役員として残留したが、西武グループへの売却・埼玉移転時に退団した。退団後は太宰府市に在住し、球界の表舞台に登場することは少なかったが、1979年から1985年まで九州朝日放送・NHK福岡放送局の解説者として活躍。2001年より長男の母校である九州大学のテクニカルアドバイザーを引き受け、地元の大学球界の発展にも尽力した。鬼頭政一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩原誠

    萩原誠から見た真弓明信真弓明信

    初出場:1993年8月20日、対ヤクルトスワローズ17回戦(明治神宮野球場)、9回表に真弓明信の代走として出場萩原誠 フレッシュアイペディアより)

  • 1978年のクラウンライターライオンズ

    1978年のクラウンライターライオンズから見た真弓明信真弓明信

    監督が鬼頭政一から根本陸夫に代わったが、ドラフト会議で指名した江川卓(法政大学)に入団を拒否され、更に春季キャンプ中に江田孝コーチが急逝と、次から次へと災難が起こる中のシーズン、真弓明信や立花義家といった若手や、中日から移籍したウィリー・デービスの活躍はあったものの、投手陣がエース東尾修以外は頼りにならず、結局1位上がっただけの5位となった。1978年のクラウンライターライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 上泉雄一のFANFANレディオ

    上泉雄一のFANFANレディオから見た真弓明信真弓明信

    バッファロー吾郎(12時台)、チュートリアル(15時前後)、たむらけんじ◎(16時前)が順次出演。佐々木と板東も、『MOWMOWテレフォン』に出演後、スタジオに登場した(佐々木は16時?17時台、板東は19時過ぎ)。21時台には、「MOWどうなるの?2009年大予言」として、門脇いくみ(東洋占星術師)が上泉や真弓明信(阪神タイガース監督)などに関する予言を披露した。エンディングには、パンチみつおが登場。自ら出演しているオウミ住宅のCMソングの替え歌で、中継からスタジオに戻ったばかりの大吉の労をねぎらった。上泉雄一のFANFANレディオ フレッシュアイペディアより)

  • 朝日オートセンター

    朝日オートセンターから見た真弓明信真弓明信

    真弓明信、小林繁(かつてCMに出演)朝日オートセンター フレッシュアイペディアより)

  • 竹田和史

    竹田和史から見た真弓明信真弓明信

    結局、竹田は松林茂とのトレードでクラウンに移籍。ここでは先発としても起用され、には初完投勝利を果たす。しかしチーム内で冷遇されたため、自らトレードを志願し、同年オフに球団が「西武ライオンズ」となり福岡県から埼玉県に移転した直後、田淵幸一・古沢憲司との交換トレードが成立し、真弓明信・竹之内雅史・若菜嘉晴と共に阪神タイガースへ移籍した。しかし、移籍後は故障から一軍のマウンドから遠ざかり、限りで現役を引退した。引退後は古巣である中日ドラゴンズへ戻り、スコアラーや打撃投手を務めた。竹田和史 フレッシュアイペディアより)

144件中 31 - 40件表示

「真弓明信」のニューストピックワード