107件中 51 - 60件表示
  • 天まであがれ!

    天まであがれ!から見た真弓明信真弓明信

    パート1とパート2とは、一部の出演者が同じである物のそれ以外の出演者が入れ替わっていることや世界観が全く異なる設定となっている。また、パート1の主題歌「男の勲章」が大ヒットすると言う快挙を成し遂げている。パート2では大半の登場人物の名前が原辰徳・掛布雅之・真弓明信・田淵幸一・江夏豊・広岡達郎など、当時のプロ野球のスター選手・監督がモデルになっていた。また劇中音楽の一部は『家族ジャングル』で流用された。また、オープニングアニメを芝山努が作った。天まであがれ! フレッシュアイペディアより)

  • ドン・ブラッシンゲーム

    ドン・ブラッシンゲームから見た真弓明信真弓明信

    に阪神タイガースの監督に就任。アメリカから野球を頭脳プレーで展開する「考える野球(シンキング・ベースボール)」の仕組を取り入れた采配が期待された。就任1年目の同年は最終的に4位に終わったが、前年のの最下位に比べれば持ち直し、夏のロード明けまで首位争いに加わり、前年より20勝勝ち星を増やした。前年オフにブレイザーが敢行した西武ライオンズとの大型トレード(阪神の田淵幸一、古沢憲司と西武の真弓明信、若菜嘉晴らを交換した)、小林繁の獲得などで前年に比べて戦力がアップされたこともあったがブレイザーの手腕によるものも大きかった。ドン・ブラッシンゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 野球評論家

    野球評論家から見た真弓明信真弓明信

    真弓明信(1996 - '99、'05 - '08、'12 - )野球評論家 フレッシュアイペディアより)

  • 当たるトラ年! 今年も大躍進 必殺&タイガース

    当たるトラ年! 今年も大躍進 必殺&タイガースから見た真弓明信真弓明信

    放映時、当時の阪神の理想先発オーダーに合わせ、「歴代仕事人ベストオーダー」も発表されている。それによると、3番藤枝梅安、4番中村主水、5番念仏の鉄、トップバッターは秀だった。阪神オーダーは、トップ真弓、3番バース、4番掛布、5番岡田。他にも勇次、組紐屋の竜、鍛冶屋の政などがオーダーに名を連ねた。当たるトラ年! 今年も大躍進 必殺&タイガース フレッシュアイペディアより)

  • ハタケヤマ

    ハタケヤマから見た真弓明信真弓明信

    はじめてプロ選手からオーダーを受けたのは、阪神タイガースの真弓明信ハタケヤマ フレッシュアイペディアより)

  • 土山剛弘

    土山剛弘から見た真弓明信真弓明信

    7回裏、阪神3-2巨人、二死一・三塁の場面で、阪神・ブラゼルのセカンドフライを二塁手の脇谷亮太が捕球したとして一塁塁審を務めていた土山はアウトの判定を下し得点は認めらなかった。監督の真弓明信が脇谷がグラブに当てた後落球したとして抗議したが、球審を務めた杉永政信もこの判定を支持し、覆されなかった。直後の8回表には先頭打者の巨人・小笠原道大のショートゴロで一塁に送球された際どいプレーをセーフと判定、再び真弓がベンチを出て抗議した。なお、試合は巨人が5対4で逆転勝利した。土山剛弘 フレッシュアイペディアより)

  • 久保田智之

    久保田智之から見た真弓明信真弓明信

    は本人の希望と真弓明信新監督の意向もあり先発に転向する予定だったが、キャンプ中に肩の故障で離脱。7月16日の対中日ドラゴンズ戦で5年ぶりの先発となる一軍復帰登板も3回途中4失点で降板し、翌7月17日付で二軍に降格した後は一軍で登板することなくシーズンを終えた。久保田智之 フレッシュアイペディアより)

  • 平田勝男

    平田勝男から見た真弓明信真弓明信

    当時、阪神には好守の遊撃手として真弓明信がいたが、チーム事情もあって真弓を二塁(のちに外野)にまわす形で後半から正遊撃手に定着し、からまでダイヤモンドグラブ賞・ゴールデングラブ賞を獲得する名手として活躍した。同じく阪神の名遊撃手として活躍した吉田義男に付けられた「蝶が舞い蜂が刺す」を受け継ぐほどであった。 阪神が21年ぶりのセ・リーグ制覇、そして初の日本一に輝いたには打撃も好調で、一時的ながら打率トップにも躍り出て、最終的には7番打者ながら50打点以上をマークした。また、この年の10月10日に甲子園でのヤクルトスワローズ戦でプロ初・野球人生初の満塁ホームランを放っている。平田勝男 フレッシュアイペディアより)

  • 中埜肇

    中埜肇から見た真弓明信真弓明信

    中埜及び石田の事故機搭乗に大阪市の阪神電鉄本社、及び阪神球団関係者は大きな衝撃を受けた。選手達も例外ではなく、翌日の対巨人戦からタイガースは6連敗を喫して一時はセ・リーグ首位から陥落したが、「(亡くなった)社長のためにみんなで頑張ろうと、ナイン全員と首脳陣が誓い合った結果が再結束に繫がり、優勝に繋がった」と後に吉田義男(当時の監督)や掛布雅之、真弓明信、川藤幸三たちも語っている。中埜肇 フレッシュアイペディアより)

  • 脇谷亮太

    脇谷亮太から見た真弓明信真弓明信

    はプロ6年目で初の開幕スタメン(二番・セカンド)を勝ち取った。4月20日の阪神戦、7回裏二死1、3塁の場面で打者クレイグ・ブラゼルのセカンド後方へのフライを捕球したか否かの判定に関して、捕球したと判断した土山剛弘塁審はアウトの判定。誤審だとして阪神の真弓明信監督が激しく抗議したが判定は覆らなかった。(実際は、脇谷が1度捕球したとみられたが球がグラブからこぼれ自身が球を捕りに行った時に甲子園の天然芝の上に僅かにバウンドした球を捕球し、その捕球した、行為をフライアウトだと審判にアピールした。)試合後に脇谷は「捕りましたよ。自分の中ではスレスレのところでやってますから。VTR?テレビの映りが悪いんじゃないですか」と含み笑いで主張したという報道がなされた。5月には打撃不振のために二軍で再調整を強いられ、その間に藤村大介に二塁手のレギュラーを奪われた。7月5日のヤクルト戦で右翼に打球を放った直後に痛みを訴え、右手有鉤骨を骨折し、10月1日まで戦列を離れた。シーズン終了後の11月21日に球団側から自由契約通知がされた。同月24日には右ひじの靱帯再建手術を受けることになった。12月1日、巨人と育成選手として再契約したことが発表された。脇谷亮太 フレッシュアイペディアより)

107件中 51 - 60件表示

「真弓明信」のニューストピックワード