144件中 71 - 80件表示
  • バックスクリーン3連発

    バックスクリーン3連発から見た真弓明信真弓明信

    1985年のセントラル・リーグは4月13日に開幕し、阪神・巨人ともに開幕2連戦では初戦を落としたものの2戦目に勝利して1勝1敗とし、移動日を挟んで甲子園球場での阪神対巨人3連戦を迎えた。初戦(4月16日)は巨人が2点を先制するが、阪神は4回裏二死から掛布雅之が1号ソロ本塁打、さらに岡田彰布が四球で出塁後、佐野仙好の飛球を巨人の河埜和正遊撃手が落球(この間に岡田が得点)し同点に追い付き、動揺した巨人のこの試合の先発投手である加藤初から平田勝男が適時打で逆転、続く木戸克彦が1号2ラン本塁打(プロ初本塁打)、伊藤宏光が四球で出塁、加藤から交代した斎藤雅樹から真弓明信が3試合連続となる3号2ラン本塁打を打って一気に7点を挙げ、後の回の攻撃でもさらに3点を追加して10-2で勝利した。その翌日の2回戦(4月17日)がこの3連発の舞台であった。バックスクリーン3連発 フレッシュアイペディアより)

  • ミスタータイガース

    ミスタータイガースから見た真弓明信真弓明信

    ミスタータイガースと呼ばれることが多いのは、以上の三名ないし四名であるが、ファンによってはその他の選手をミスタータイガースと呼ぶこともある。まず、ミスタータイガースという言葉が存在しなかった藤村以前の選手としては、戦前のタイガースにおいて投打の中心選手であった景浦將を遡って「零代ミスタータイガース」と呼ぶことがある。また、吉田義男、江夏豊、ランディ・バースといった人気選手は、同時代に一般的に認知されたミスタータイガースが存在するものの、さらにミスタータイガースと呼ばれることがある。掛布以降は、真弓明信、岡田彰布、和田豊、亀山努、新庄剛志、桧山進次郎、今岡誠、藤川球児、赤星憲広、金本知憲、鳥谷敬といった選手が人気を得て、ミスタータイガース(あるいはミスタータイガース候補)と呼ばれたことがあるが、多数のファンが一致してミスタータイガースと呼ぶ選手は現れていないため、掛布引退以降はミスタータイガース不在であるとするのが多数派である。この他にも、実績の少ない若手選手に期待を込めてミスタータイガースの称号を与えるファンもいる。ミスタータイガース フレッシュアイペディアより)

  • 1996年の日本シリーズ

    1996年の日本シリーズから見た真弓明信真弓明信

    朝日放送(NRN) 解説:村山実、真弓明信1996年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南牟礼豊蔵

    南牟礼豊蔵から見た真弓明信真弓明信

    5月に川畑泰博との交換トレードで中日ドラゴンズへ移籍。オフに自由契約となり、阪神タイガースへ移籍。は、外野守備に不安のある石嶺和彦のサポート役として重用され、打撃でも勝負強さを発揮し真弓明信、長嶋清幸、米崎薫臣とともに代打四人衆として活躍した。南牟礼豊蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 消えたエース

    消えたエースから見た真弓明信真弓明信

    真岡(一番打者):真弓明信消えたエース フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た真弓明信真弓明信

    実況:清水次郎、解説:真弓明信、リポーター:椎野茂(TBS、巨人サイド)、小縣裕介(阪神サイド)2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ケン・モッカ

    ケン・モッカから見た真弓明信真弓明信

    に中日ドラゴンズに入団し、来日。中日在籍4年間は3番・三塁手として活躍。三塁守備は失策の多さと守備範囲の狭さから不安定だったものの、打撃では3割を超える打率を3回残し、円熟期の田尾安志・平野謙・谷沢健一・大島康徳・宇野勝・中尾孝義らとともに、強竜打線と呼ばれる打線の一員として活躍する。中日時代のヒッティング・マーチは「ミッキーマウス・マーチ」の替え歌だった。ちなみに真弓明信のヒッティング・マーチにも「ミッキーマウス・マーチ」が使用されていた。ケン・モッカ フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た真弓明信真弓明信

    1953年(昭和28年)度生まれのプロ野球選手(梨田昌孝、落合博満、真弓明信、吹石徳一など)による親睦会「プロ野球28会」(にっぱちかい)の会長を務めている。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 古沢憲司

    古沢憲司から見た真弓明信真弓明信

    に16歳で新居浜東高校を中退し、阪神タイガースへテスト入団。同年7月25日の対国鉄戦で公式戦初登板を果たす。この時、古沢は16歳117日で、プロ野球の公式戦出場記録では戦後最年少記録を打ち立てた。翌6月30日の大洋戦では17歳で完封勝利を収め、プロ初勝利を挙げる。その後の数年は伸び悩み、ウエスタン・リーグではに最高勝率を獲得。・は一軍登板無しに終わった。翌に自身初のシーズン2ケタ勝利となる12勝を挙げ、規定投球回にも到達、防御率2.05はセ・リーグ3位であった。には江夏豊を差し置いて開幕投手に抜擢されるも一軍では1勝にとどまり、ウエスタン・リーグで最優秀防御率を獲得。に再度規定投球回に到達(以降まで6シーズン連続)、には自己最多の15勝を挙げ、同年のオールスターゲームにも出場した。には自身2度目の開幕投手を務め、9月には月間MVPを受賞。しかし、1978年のオフに真弓明信・竹之内雅史・若菜嘉晴・竹田和史との交換トレードで田淵幸一とともに西武ライオンズへ移籍すると、にはシーズン途中に高橋直樹との交換トレードで大原徹也とともに広島東洋カープへ移籍。同年7月8日の阪神戦で投げようとした所、突然球場(岡山県野球場)が停電。試合が一時中断となった。この模様は当時サンテレビが中継していた。広島時代にはのリーグ優勝に貢献するが、は一軍登板なしに終わり、同年限りで現役を引退した。古沢憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た真弓明信真弓明信

    は、春季キャンプから二軍で過ごしたが、真弓明信が阪神選手時代のに達成した代打としてのセントラル・リーグ記録(一軍公式戦でのシーズン通算30打点)の更新を目標に、オープン戦の終盤から一軍に合流。一軍の公式戦では、開幕から2試合で代打に起用されたものの、安打を放てないまま4月5日に出場選手登録を抹消された。抹消後は、戦力の若返りを図るチーム方針の下で、「7月までに一軍へ戻れなければ現役を引退する」と決意。実際には8月29日に再び登録されると、一軍公式戦3試合に代打で起用されたが、いずれも無安打に終わった。9月4日に再び登録を抹消。9月16日には、このシーズン限りで現役を引退することなどが報じられた。9月18日に、引退を正式に発表。同日に臨んだ引退会見では、「シーズン前から引退を覚悟していたが、自分の実力がかなり落ちてきたことをシーズン中に感じたので、引退を決めてからは思い切って野球に臨めている」「甲子園は世界一の球場。阪神で17年間にわたって、自分ほど愛された選手はいないと思う。ファンに支えられながら、17年間(阪神でプレー)できたのは誇り」と涙ながらに語った。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

144件中 71 - 80件表示

「真弓明信」のニューストピックワード