144件中 81 - 90件表示
  • プロ野球?殺人事件!

    プロ野球?殺人事件!から見た真弓明信真弓明信

    まるみ あきのぶ(真弓明信プロ野球?殺人事件! フレッシュアイペディアより)

  • 平野恵一

    平野恵一から見た真弓明信真弓明信

    真弓明信監督の指示で再び内野手登録となる。オールスターゲームに監督推薦で選出され、6年ぶりに遊撃手を務めた。シーズンでは二塁を中心に外野3ポジションも守る活躍を見せ、前年の自己最多を更新する139試合に出場して、青木宣親に次ぐリーグ2位の打率.350, 左打者ながら対左投手の打率は.399を記録した。球団新記録となる59犠打も挙げて二度目の最多犠打を記録。また、いずれも自身初となるベストナインとゴールデングラブ賞を二塁手部門で受賞した。平野恵一 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎慶一

    長崎慶一から見た真弓明信真弓明信

    1983年6月4日の阪神戦(横浜スタジアム)で、岡田彰布の左中間へのフライを追って中堅手の加藤博一と衝突。この時、長崎の顔面と加藤の顔面がぶつかったので、『プロ野球珍プレー好プレー大賞』では「空中キッス」と呼ばれ珍プレー大賞を受賞した。なお、受賞したのは加藤だけである。1985年、池内豊投手との交換トレードで阪神タイガース(以下、阪神)へ移籍。この年、阪神は21年ぶりにセ・リーグを制覇した。8月1日の中日戦には、前日の試合でランディ・バースが自打球を当て骨折したため、一塁手としてスタメン出場を果たす。しかし、8年振りの一塁守備にぎこちなさを感じた首脳陣は、翌日から真弓明信を一塁に回した。そして、同年の日本シリーズ(対西武ライオンズ)第6戦では勝利を決定付ける満塁本塁打を放ち、チーム初のシリーズ優勝に貢献している。長崎慶一 フレッシュアイペディアより)

  • 武末悉昌

    武末悉昌から見た真弓明信真弓明信

    その後、RKB毎日放送の野球解説者として活動。1962年に選手兼任監督になった中西太の招きで古巣・西鉄の投手コーチになり、翌1963年の優勝に貢献する。1969年、黒い霧事件の発覚で先発投手陣のほとんどが永久追放処分となり、西鉄は急速にチーム状況が悪化。同年のシーズンをもって中西監督が辞任・引退し、稲尾和久監督が就任。それに伴い1970年からは二軍監督を務める。コマ不足のチームにあっては二軍で新人を長期育成することもままならず、1971年に二軍監督を退任しその後スカウトに就任し真弓明信を担当した。武末悉昌 フレッシュアイペディアより)

  • 1978年の野球

    1978年の野球から見た真弓明信真弓明信

    12月6日 - 阪神と西武はさる11月に成立した田淵幸一・古沢憲司と真弓明信・若菜嘉晴・竹之内雅史・竹田和史の2対4のトレードを正式に発表。1978年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 堀江政生のほりナビ!!

    堀江政生のほりナビ!!から見た真弓明信真弓明信

    ナイターシーズン中の拡大放送の初回はプロ野球セ・パ交流戦の予備日に当たる5月16日(木曜日)で、ファーストシーズンの同曜日で堀江のアシスタントを務めた八塚が出演したほか、朝日放送野球解説者の真弓明信をゲストに迎えた。以後も、交流戦期間中の火-金曜で元から試合予定が組まれていない場合には、TBSラジオ(火曜-木曜)・ニッポン放送(金曜)からの予備番組の同時ネットではなく拡大版を放送している。堀江政生のほりナビ!! フレッシュアイペディアより)

  • 若菜嘉晴

    若菜嘉晴から見た真弓明信真弓明信

    柳川商業から1972年、ドラフト4位で西鉄ライオンズに入団。柳川商業から後述の阪神時代までチームメートだった真弓明信とは「ナッパ」「ジョー」と呼び合うほど親友として知られる。若菜嘉晴 フレッシュアイペディアより)

  • 基満男

    基満男から見た真弓明信真弓明信

    太平洋・クラウンで同僚だった真弓明信は「基さんには、守備から打撃から野球を教わったよ。特にダブルプレーは鍛えられた。基さんはとにかくトスが速い。ショートにとって、トスが速いのは本当に助かるんやね。捕ってからベースを踏んでもいいし、すでにベースに入っているときにはランナーもいないし。速いに越したことないから」と語っている。基満男 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田彰布

    岡田彰布から見た真弓明信真弓明信

    入団1年目の、監督のドン・ブレイザーは「岡田はまだ新人。じっくり鍛えた方がいい」という考えの下、岡田に二塁や外野の練習をさせていた。岡田はブレイザーとの初対面で通訳兼任コーチの市原稔を介して「いくら力のあるルーキーでも、メジャーリーグでは最初からいきなり試合起用することはない」と告げられ、「そんなん関係ないやん」という反骨心が芽生えたと後に著書に記している。当時は三塁に掛布雅之、遊撃手に真弓明信、二塁手に中村勝広、榊原良行、ヤクルトスワローズから獲得したデーブ・ヒルトンと、岡田の入る場所がなかった。しかも、ヒルトンはアリゾナキャンプの途中からチームに合流したため、二塁へのコンバート計画を聞いていた岡田は「なぜ二塁手のヒルトンを獲得するのか」と複雑な気持ちになり、まもなくブレイザーからは外野の練習をするように指示されたという。岡田彰布 フレッシュアイペディアより)

  • メークドラマ

    メークドラマから見た真弓明信真弓明信

    シーズン後、巨人に逆転優勝を許す「歴史的V逸」を喫した阪神監督・岡田彰布は責任を取って、球団や周囲の慰留を振り切り辞任した(後任は真弓明信)。また、金本は1996年に最大11.5ゲーム差を返されたメークドラマを広島選手として、2008年に最大13ゲーム差を返されたメークレジェンドを阪神選手として双方を体験した唯一の選手である。またこの年の阪神は7度優勝マジックを点灯し、その全てが消滅したが、これは2リーグ制以後最多で従来の最多記録である3度を大きく更新した。メークドラマ フレッシュアイペディアより)

144件中 81 - 90件表示

「真弓明信」のニューストピックワード