107件中 81 - 90件表示
  • サンテレビボックス席

    サンテレビボックス席から見た真弓明信真弓明信

    真弓明信(ABC解説兼任)サンテレビボックス席 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥谷敬

    鳥谷敬から見た真弓明信真弓明信

    北海道日本ハムファイターズの監督を務めたトレイ・ヒルマンは日本球界のベストショートに選んだほか、セイバーメトリクスの評論家からの評価も高い。また右肩の状態が思わしくない左翼手の金本知憲が現役だった頃はそれををカバーするなどの「ショフト(ショート+レフトを合わせた名称)」と称される献身的な動きは、阪神の監督を務めた真弓明信や阪神ファンとして知られるお笑いタレントの遠藤章造などから賞賛されていた。鳥谷敬 フレッシュアイペディアより)

  • 村山実

    村山実から見た真弓明信真弓明信

    在任中、ドラフト会議で立命館大学の古田敦也捕手(後のヤクルトスワローズ捕手)の獲得を球団に進言したが、眼鏡をかけているという理由で拒否されたことを、のちにテレビ番組で話している。また、主力選手であった真弓明信は故郷の福岡ダイエーホークスへのトレードが決まりかけていたが、自身の首を賭けて全力で阻止した。村山実 フレッシュアイペディアより)

  • 江夏豊

    江夏豊から見た真弓明信真弓明信

    1980年7月22日オールスター第3戦(後楽園球場)では、2-0とリードしたセ・リーグが9回裏に1点差に詰め寄られ、無死満塁のピンチに陥った野村収(大洋)をリリーフ。後続のレロン・リー、有藤通世(ともにロッテ)、山内新一(南海)を3者連続三振に打ち取り、先制打を打った真弓明信、ホームランを打った掛布雅之を抑えMVPを獲得。「9連続三振の再現」「江夏の21球の再現」と話題になった。江夏豊 フレッシュアイペディアより)

  • 1978年の野球

    1978年の野球から見た真弓明信真弓明信

    11月15日 - 阪神が未明に田淵幸一に西武へのトレードを通告。田淵・古沢憲司対真弓明信・若菜嘉晴・竹之内雅史・竹田和史の2対4の交換トレードとなる。1978年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 山本浩二

    山本浩二から見た真弓明信真弓明信

    サイクルヒットは達成の前にチャンスを作ること自体が難業であり、その試合は広島が大差でリードしており且つ試合も終盤であったため、山本浩二に三塁打を許しても流れは変わらないと判断した掛布が独断で「粋な配慮」を見せたと言われていたが、掛布はこれを「あのタイミングでは完全に間に合わなかった」と否定していた。しかし2008年7月6日放送の「中井正広のブラックバラエティ」において、掛布は山本浩二と同席のもと、わざとタッチをしなかったことを告白した。その際、この当たりでは3塁までこないだろうと思ったら走ってきたので焦ったこと、タッチを遅らせるためわざとベースから離れファウルゾーン側に下がったこと、それにも拘わらず真弓明信からの送球を捕球した段階で完全にアウトのタイミングであったこと、その様な状況が重なりかなりの葛藤があったことも語っている。山本浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た真弓明信真弓明信

    1978年、鬼頭監督に代わり根本陸夫が監督に就任。しかし、結果は前期4位・後期5位で総合5位に終わる。この年、真弓明信が主力に成長、ベストナインにも選出された。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • おはよう朝日です

    おはよう朝日ですから見た真弓明信真弓明信

    真弓明信(2009年 - 2011年阪神タイガース監督、一時期土曜版のコメンテーターも担当)おはよう朝日です フレッシュアイペディアより)

  • ベストナイン (日本プロ野球)

    ベストナイン (日本プロ野球)から見た真弓明信真弓明信

    真弓明信 3ポジション(遊撃手・二塁手・外野手としてそれぞれ各1回)ベストナイン (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • JFK (阪神タイガース)

    JFK (阪神タイガース)から見た真弓明信真弓明信

    真弓明信新監督の意向や本人の希望もあって久保田が再び先発に回り、リリーフトリオとしてのJFKを離脱。藤川は引き続きこの年も抑えとして投げ続け安定した成績を残したが、JFKの中では最年長でリーダー格だったウィリアムスは故障により成績が低迷、手術を受けるも治療に時間がかかるとしてオフに退団した。JFK (阪神タイガース) フレッシュアイペディアより)

107件中 81 - 90件表示

「真弓明信」のニューストピックワード