157件中 21 - 30件表示
  • 真弓明信

    真弓明信から見た西村憲

    2010年9月9日の試合で、延長10回裏にブラゼルの退場処分によって野手を使い切ったために交代する野手がいないという緊急事態が起こり、投手の西村憲を外野手として起用。なんとか引き分けに抑えた。他にも西村を2011年9月23日に代走で出場させたこともある。投手采配はすべて投手コーチの久保康生に任せていた。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た岡田彰布

    には岡田彰布の故障に伴って二塁手に転向し、打率.353で首位打者を獲得。二塁手のベストナインにも選出される。残り10試合になった際に、首位打者のタイトルのために安藤統男監督から欠場を勧められるが、これを断固拒否し試合に出場した。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見たジョシュ・ホワイトセル

    代打3打席連続本塁打 ※史上2人目(過去の達成者は1984年マーシャル・ブラント、後に1996年藤立次郎・2011年ジョシュ・ホワイトセルが記録)真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た梨田昌孝梨田 昌孝

    に大阪近鉄バファローズの打撃コーチに就任。背番号は75。当時、監督の梨田昌孝、投手コーチの小林繁とともに「男前首脳陣」として話題となり、地元関西の洋菓子メーカーモロゾフのバレンタインデーイメージキャラクターにも起用された。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た掛布雅之

    オートバックス(掛布雅之と共演、阪神選手時代)真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た藪恵壹

    2000試合出場:1994年7月31日、対横浜ベイスターズ18回戦(阪神甲子園球場)、4回裏に藪恵市の代打で出場 ※史上28人目真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た鳥谷敬

    就任1年目のに、盤石のリリーフ陣「JFK」の一角として活躍した久保田智之の先発転向、新井貴浩の一塁からのコンバート、今岡誠のファーストコンバート、新外国人ケビン・メンチの右翼手固定を行ったが、成績は上向かず、自身の誕生日でもある7月12日に自力優勝の可能性がなくなった。しかし、打線ではシーズン途中に入団したクレイグ・ブラゼルの活躍、鳥谷敬と新井の後半戦での復調、投手陣は入団以降伸び悩みが続いていた能見篤史をエースとして一本立ちさせた好材料もあり、8カード連続で勝ち越すなど順調に勝ち星を重ね、ヤクルトの失速もあり猛烈な3位争いを繰り広げた。しかし結局、10月9日の最終戦でヤクルトに敗れ4位となり、クライマックスシリーズ出場はならなかった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た尾花高夫

    1989年6月1日、対ヤクルトスワローズ7回戦(明治神宮野球場)、9回表に尾花高夫から2ラン真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た新庄剛志新庄 剛志

    以降は、新庄剛志・亀山努・久慈照嘉らの台頭で代打中心の出場となった。同年には、代打満塁本塁打を放つなど活躍し、チーム唯一のファン投票でのオールスター出場を果たす。また、通算3,000塁打も達成している。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た原辰徳

    熊本県玉名郡南関町生まれだが、小学3年生の時に福岡県大牟田市へ転居。小学6年生の時に、同じ社宅に暮らす原貢(後に読売ジャイアンツに入団する原辰徳の父)が監督を務める三池工業高校が夏の甲子園で優勝し、その優勝パレードに感動したことがきっかけで野球選手を志すようになった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

157件中 21 - 30件表示

「真弓明信」のニューストピックワード