157件中 31 - 40件表示
  • 真弓明信

    真弓明信から見た中日ドラゴンズ

    移籍一年目のから、一番・遊撃手として定着。長打力のある一番打者として活躍し、同年5月20日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤ球場)ではサイクル安打を達成する。この試合では、自身2本目の初回先頭打者本塁打を放っている。同年は125試合に出場し、自身初の二桁本塁打となる13本塁打を放った。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見たオリックス・バファローズ

    5月5日の対日拓ホームフライヤーズ戦(平和台野球場)で、9回裏に遊撃手の守備固めとしてプロ初出場。守備機会はなかった。5月15日の対阪急ブレーブス戦でも9回裏から遊撃手の守備固めとして出場するも、2つのエラー(記録上は、1つは内野安打)を喫し、翌日二軍落ちする。同年7月よりおよそ3か月間、アメリカの1A・ローダイ・ライオンズに留学する。このアメリカ留学で、当時日本ではそれほど行われていなかったウエイトトレーニングを練習に加えるようになった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た朝日放送

    現役引退後は朝日放送・サンテレビの野球解説者、日刊スポーツ野球評論家を務めた。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見たオートバックス

    オートバックス(掛布雅之と共演、阪神選手時代)真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見たヤマトインターナショナル

    ヤマトインターナショナル「クロコダイルウェア」(当時の阪神主力選手たちと共演)真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見たモロゾフ

    に大阪近鉄バファローズの打撃コーチに就任。背番号は75。当時、監督の梨田昌孝、投手コーチの小林繁とともに「男前首脳陣」として話題となり、地元関西の洋菓子メーカーモロゾフのバレンタインデーイメージキャラクターにも起用された。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た青山商事

    に近鉄とオリックス・ブルーウェーブの合併に伴ってコーチを退任し、翌から前述の解説に復帰した。また、一時期洋服の青山のイメージキャラクターを務めており、降板後もチラシのモデルで登場している。朝日オートセンターのCMには長く出ていて、同社でイベントがあるときは、解説者時代にもゲストとして呼ばれることがあった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た欠端光則

    1500本安打:1988年4月27日、対横浜大洋ホエールズ5回戦(阪神甲子園球場)、9回裏に欠端光則から左前安打 ※史上56人目真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た読売ジャイアンツ

    熊本県玉名郡南関町生まれだが、小学3年生の時に福岡県大牟田市へ転居。小学6年生の時に、同じ社宅に暮らす原貢(後に読売ジャイアンツに入団する原辰徳の父)が監督を務める三池工業高校が夏の甲子園で優勝し、その優勝パレードに感動したことがきっかけで野球選手を志すようになった。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た埼玉西武ライオンズ

    若菜は高卒で地元の福岡に本拠地を置く西鉄ライオンズに入団し、真弓は社会人野球の電電九州に進んだ。電電九州では、正遊撃手およびその控え選手の故障で、1年目から遊撃手のスタメンを得ることとなり、第43回都市対抗野球大会でベスト8となり日本産業対抗野球大会にも出場した。それらの活躍もあり、1972年のドラフト会議で西鉄ライオンズに3位指名されプロ入りし、再び若菜とチームメイトになった。背番号は2。だが西鉄ライオンズは、その後すぐに経営権が移り、太平洋クラブライオンズに球団名が変更されている。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

157件中 31 - 40件表示

「真弓明信」のニューストピックワード